宮古市「山王地区自治会研修センター」「鍬ケ崎公民館」2017/8/19

午前10:30- 山王地区自治会研修センター

今年2017年4月9日から巡回スケジュールに宮古市田老地区(旧:田老町)が入り、これまで3回訪問しましたが、会場となっていたグリーンピア田老グランド仮設に居住している方々が転居などで参加困難となり、会場が新しく造成された山王地区という団地にある公共の施設になりました。

IMG_1026

これまでも山王地区からわざわざ車でお越しいただいていた方もいて、今回は多数の参加者で賑わいましたよ!嬉しいです。

IMG_1044

お馴染みの方から、初めまして!の方まで懐かしい歌やリズム体操、脳トレのゲームなどに参加していただきました。あっという間の一時間でした。いつまでも元気で生き生きと暮らしていける身体作りと、懐かしい歌を歌って昔のことを思い出す回想法、ご近所のみなさんと集団で楽しく交流するゲーム、そして認知症予防の脳トレで、これからも隔月でお邪魔いたしますね。

活動後、我々(私とアシスタントなすちゃん)はお蕎麦屋さんで昼食をいただきましたが、会計時にレジ横で見つけたそばかりんとうを購入、とてもおいしかったです。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

ぽつりぽつりと雨が降ってきて、車両から建物への機材搬入(プロジェクター、スクリーン、キーボード)を大急ぎで行いました。開始前、館長の中島さんに美味しいコーヒーをごちそうになり、田老のかりんとうとゆべしをご一緒しました。

IMG_1046

2011年からずっと歌と体操のサロンを行っていますが、避難所→仮設住宅→公民館と場所が変わり、被災した皆さんの暮らしも変化してきている中で、6年目の今も新たな出会いがあるということがとてもうれしく、不思議に思います。この日も一時間の活動を終えた帰り際に

「サロン面白いから一緒に行こうって、誘われたんですよ。楽しかったです」

と初参加の方に感想をいただきました。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

IMG_1050

IMG_1054

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す