8月 09

宮古市「実田」「高浜地区活動センター」2018/7/15

午前10:30- 実田

2011年11月26日以来、通い続けてきた宮古市実田仮設。ちょうど訪問30回目の節目となったこの日が、いよいよサロン最終回となりました。すでに敷地内の半分は更地になって、残りの建物もほぼ空き家となっていた実田仮設。春になれば桜の花が咲き、とても目の保養になりました。最後なので、いつもより多くの皆さんが集まってくださったのが、とてもうれしかったです。

IMG_4044

内容は岩手県内の昭和ニュース映像、脳トレそして発音練習などを経て懐メロ歌唱。男性参加者も複数名いらしたので、三橋美智也や春日八郎などを選曲したところ

「俺の青春だね」

と言っていただけました。

IMG_7627

あっという間の一時間、最後はお名残り惜しかったのですが記念撮影などをしてみました。こうやってまたお会いできる日は来るのでしょうか?同窓会のようにまた集まってみたいものです。今まで本当にありがとうございました。どうぞお元気で!

午後13:30- 高浜地区活動センター

午後は高浜です。仮設の閉鎖から割とすぐに、こちらの活動センターで皆さんと再会できました。新たにお会いした方々も多く、とても理想的な継続サロンとなっております。

IMG_4060

炎天下、ご自宅から徒歩でセンターまでいらした皆さんは汗だく!ご苦労をおかけしました。窓から入る涼しい風が気持ち良い!あと、若者が運転する暴走バイクの騒音もついでに入ってきました。

IMG_4068

実はこの日、高校野球の岩手県大会でちょうど宮古市の高校が試合をしていて、我々のサロンの間は皆さんも気をもみながら

「勝ったべか、負けたべか」

と言いつつ体操などしていただいたのですが、結果は残念ながら‥ゴニョゴニョ。もしかしたら皆さんがずっと中継を見ていたらパワーで勝てたのかしら?なんて。でも、本当に夏に負けず皆さんすごい元気で驚きました。最後はお兄さんの踊りと共に、全身をくまなく動かして終了。

次回は涼しい時期の‥はず。ぜひまた元気にお会いしたいですね!

8月 08

大槌町「安渡第二」「吉里吉里中」「吉里吉里第二」2018/7/14

午前10:30- 安渡第二

早朝に盛岡を出発して、大槌町に到着したのが10時過ぎ。安渡を含め、どんどん大槌町の街並みが変化していくのが分かります。旧役場の解体を公約に掲げて当選した現町長による強いリーダーシップでいったんは解体工事が始まったものの、アスベスト問題やら何やら問題が噴出した例の建物も、新しいピカピカの施設に挟まれて何だか居心地がわるそうです。辛い思い出を早く忘れたいという解体推進派と、震災以降として保存をするべきという慎重派とのきちんとした話し合いが実現して、なるべく多くの人が納得する形を模索してもらいたいものだなあ、と盛岡市民としては思います。心の問題の解決は決して急いではいけない気がします。

IMG_4024

安渡第二にお邪魔すると、大槌町社協さんが既にいらしていて、この日のサロンには職員さんが同席してくださるとうかがいました。我々の行っているサロンの実態を見ていただくのはとてもありがたい機会です。取り計らって下さった社協さんには心より感謝申し上げます。

IMG_4031

前の週に宮古市田老で買った駄菓子をお茶うけに、皆さんでお茶会をしながら昔の大槌町の思い出についてうかがいました。YouTubeで拾ったドライブレコーダーの録画に、津波前の大槌町内の映像があり、皆さんとても懐かしそうでした。また、参加者のお一人から

「数年前、この集会所で孫と一緒の場面を写真にとってもらったけど、あれを引き延ばしたものが欲しい」

と言われました。津波で全ての家財道具を失った方は、思い出のアルバムも写真も手元に残っていません。仮設住宅での暮らしも、あとで大事な思い出となります。我々の活動中の記録写真が、皆さんの大事な記憶となるのであれば、とてもうれしいことです。

午後13:00- 吉里吉里中

こちらの会場にも社協さんが入って下さいました。残念ながら、住人の方のご参加はお一人のみでしたが、ブロマイドを頼りに昔の流行歌を思い出していただきつつ、多くの歌を歌いました。

IMG_4037

かつて大槌町にあった洲崎海岸という浜辺の潮干狩り映像を見ながら、おいしい貝と料理方法についてたくさんの知識を披露していただきました。ありがとうございます!

15:00- 吉里吉里第二

お馴染み、吉里吉里第二(浪板)仮設です。すっかり住民もいなくなった団地で、ひっそりと数名でサロンを行いました。社協さんはここの方々とツーカーなので、やり取りが親密で面白かったです。

IMG_4041

ニュース映像で釜石市内の昔の光景などを映したのですが、隣町なのでとても馴染みが深かったようです。特に橋上市場は私もおぼろげな記憶しか無いので、皆さんのエピソードは興味深くうかがいました。

IMG_7591

最後はお兄さんの楽しい体操「恋の山田線」を皆さんと踊りました。

8月 07

宮古市「三王自治会活動センター」「第28分団屯所」2018/7/8

午前10:30- 三王自治会活動センター

爽やかな初夏の陽気‥と言うには少々厳しめの気温の中、田老町に到着しました。野球場では相変わらずアマチュアチームの試合が行われております。道の駅で休憩をとった後、小高い丘の上にある新しい造成地の活動センターへお邪魔しました。時間前だったのでタンタンの散歩をしたのですが、階段や公園を通って上の住宅まで抜ける道があったり、喫茶店ができていたりと、人の営みが実感できる街並みになってきましたね。

IMG_3978

「夏は来ぬ」を歌った後、発声練習や発音練習を行いました。その後、デュアルタスクという活動の説明を行って、皆さんにふたつのことを同時にこなして脳トレになる、とお伝えしました。スライドに映した文字を読みながら体を動かすのですが、正中線(身体の真ん中の線)をまたいで手を動かすと、程よい緊張感が生まれて効果が上がります。

IMG_3981

その後は懐かしい昭和の流行歌を大声で歌い、お兄さんのあてふりで大笑いしました。

午後13:30- 第28分団屯所

午後は消防団の敷地内にある公共スペースでサロンを開催しました。細長い会場なので、先にいらした方からどんどん奥へ。椅子の数が限られているので、そこは皆さん譲り合いで素晴らしいです。

IMG_3988

公営住宅の方とずっと地元に住んでいる方が一緒に取り組んでいるので、本当に心温まる光景です。ぽんぽんと出る軽口もまた、親睦を深めていますね。体操は午前と同じように、簡単なフラの動きをしました。手話のように意味のある動きを使って、一つのストーリーを紡いでいきます。

帰り際、初参加の男性からアルミニウムを切って加工したトンボの置物をいただきました。とてもバランスよくできていて、手の上に乗せるとちょうどよく止まります。お礼を言って盛岡へと戻る道すがら、はっと気づいて荷物を確かめたのですが‥トンボを会場に忘れてきてしましました!大急ぎで社共さんに連絡をして、見つかったら確保してもらえるようにお願いしました。後日、無事に戻ってきました。とても肝が冷えた出来事でした‥これから気を付けます。

7月 13

宮古市「愛宕サロン(個人宅)」「近内公営」2018/6/17

午前10:30- 愛宕サロン(個人宅)

個人宅?とこの記事を目にした皆さんは不思議に思ったのではないでしょうか。これまで、仮設でのサロンでご一緒した方が転居して、そこのお宅にお邪魔して音楽療法を実施したことはありました。このケースはご病気で自宅から出られずに我々の訪問を希望した方へ、えころん単独での活動として行いました。しかし今回は、愛宕小学校仮設の常連さんが宮古市社会福祉協議会と話し合って、リーダーのKさんが

「自宅を開放するから、これまで通りのサロンをお願いしたい」

と決断したことで実現した社協のコーディネートによるサロンです。

IMG_3845

個人宅でのサロン、画期的だと思いました。ご自宅を開放して仲間を集めて下さったKさんには心から感謝の気持ちです。駐車場やメンバー構成の課題などもありますが、今後末永く継続できると良いなと思います。

ニュース映画を見たり仮設時代の思い出を語り合ったりと、お馴染みメンバーならではのいち時間を過ごしました。活動終了後には、Kさんお手製の昼食(麻婆ナス丼)をご馳走になり、お昼時間いっぱいのんびりとさせていただきました。ありがとうございました。

午後13:30- 近内公営

近内公営にお邪魔しました、またもや多くの皆さんがご参加下さってありがたやー!

IMG_3851

この日は転倒予防や腰痛防止のために、ハムストリングス(もも裏筋肉)のストレッチやふくらはぎのセルフマッサージなどを指導しました。皆さんの柔軟性、びっくりです!もしかしたら我々よりずっと柔らかいのかも?頑張らねば!

IMG_3856

ところでこの日、初参加の女性がお一人いらしたのですが‥あれ?何だかちょっとみおぼえが。脳みそにある遠い記憶を遡ってみたのですが、6年半ほど前に近内仮設で一度だけ遊びにいらした近所の方でした。なぜおぼえていたかというと、この方の強烈なインパクトある発言‥そして踊りです。ご本人は多分お忘れのご様子でしたが、とても懐かしかったです。長く続けていると、こういう嬉しいサプライズにも遭遇するのですねえ。アシスタントなすちゃんもはりきって「ハブ」のポーズを決めています。

7月 09

大槌町「安渡第二」「大槌(柾内)仮設」「小槌第八」2018/6/16

午前10:30- 安渡第二

毎月楽しみにしている安渡第二にお邪魔しました、早朝の出発も何のその!何とこの日は初めての方と数年ぶりの方が来てくださいました。

IMG_3787

「面白いから一緒に行ってみよう」と常連さんがお声かけくださったそうです、ありがたや。そして右端の方は小槌第五仮設で長年サロンに参加してくださっていたMさん。元々の家があった安渡地区に家を再建して戻ってこられたそうです。我々を忘れずにいてくださったことに心から感謝の気持ちです!

IMG_3782

数か月前に安渡公民館で開催された虎舞の映像を見ながら、皆さんに安渡の思い出をうかがいました。海辺の皆さんは本当に地元愛が強いのだなあ、と痛感。勇壮な舞も見ごたえがありました。

午後13:00- 大槌(柾内)仮設

さて、午後からは初めてうかがう場所が二カ所続きます。まずはいつも泊っている民宿「六大工」の川向うを山に向かって進んだ場所。「まさない」という土地です。

IMG_3805

初めて入った集会所なのに、何だか懐かしいような雰囲気でした。たくさんのサロンやイベントがここで開催されたのだなあ、とわかります。開始時間になっても訪問する人がいなかったため、参加ゼロかな‥と諦めていたところへ、ふらりと男性が一人。とても話好きな方で、この仮設の様子や最近の動向について細かく丁寧に教えて下さいました。

「わらびを煮ている途中に来た」

というこの方はフォークソングがお好きだとおっしゃってました。大丈夫、その年代も練習しております!といくつか洋楽も交えて弾いていると、どんどん人が集まってきました。やれ、嬉しい!実は半分以上の方が新居から車でいらしているとのことでした。

IMG_3817

歌や体操、クイズなどのレクリエーションと盛りだくさんの内容をお届けしましたが、大半はこの仮設の経緯や思い出などを皆さんから教えていただく時間でした。わらびを煮ていた男性は、我々が予定している次回の訪問前には転居されるとのことで、別の場所でいつか再会出来たらなあと思います。

15:00- 小槌第八

午後の二カ所目は三枚堂という地域のそばにありました。この三枚堂は小槌第十七や小槌第四のサロンで何年もご一緒していた住民の皆さんが移り住んだ災害公営が近くにあります。終了した仮設の皆さんとすでにお会いする機会を失ってしまったので、いつかどうにかして再結集サロンができるといいなあ、と遠目に公営住宅を見ながら感じました。

IMG_3831

何だか見覚えのある室内と調度品‥と思いつつ、セッティングをしていると、さっそく時間前に数名の方が遊びにいらっしゃいました。

「部屋、匂いがしますね」

と言うと、午前中に調理のイベントがあったことを教えていただきました。お昼ご飯を食べたのに、ちょっとだけおなかすいてきました。

IMG_3840

そろそろ震災から8回目の夏が来る、というこのタイミングで初めて仮設住宅に来てイベント?と怪訝に思われないか不安もありましたが、さらっと自然に受け入れていただき、アシスタントなすちゃんもいきいきと「あんこ椿は恋の花」のあてふりを披露できました。見てください、この笑顔!参加者の方々から万雷の拍手をいただきましたよ。ありがとうございました、またお邪魔します!