3月 18

山田町「大浦漁村センター」2018/12/12

午後13:30-14:30

震災前から通っていた山田町大浦でのサロンです。この事業は山田町地域包括支援センターからの依頼で、地域住民が自主的に集まって健康促進のための活動を行っているところへ出向いて音楽療法をするという趣旨です。

久々にお会いする皆さんの元気なお顔を見て、大変安堵しました。

IMG_5214

懐メロ歌唱、画像を見て思い出す回想法、などを終えて、皆さん椅子に座った状態の参加だったので手旗を両手に持っていただき、ダンス音楽に合わせてマーチやサイトタップ、もも上げなどの下肢筋トレを交えた有酸素運動を行いました。白と赤の旗をひらひらとさせるのがとても優雅できれいでした。

最後にアシスタントなすちゃんによるあてふり「骨まで愛して」を披露、大ウケでした!皆さんありがとうございました。

3月 17

宮古市田老「第29分団屯所」「第28分団屯所」2019/1/6

午前10:30- 第29分団屯所

2019年最初のサロンは宮古市田老のここで行いました。訪問するのは二回目ですが、前回より大幅人数増の6名の方がご参加くださいました。そして、すごくすごく驚いたのは、私が以前ボランティアで通っていた宮古市社会福祉協議会の高齢者デイサービスで良くご一緒していた社協職員さんがひょっこりと顔をだしてくれたことです。見知った方が場にいてくださって、とてもほっとしました。

IMG_5293

お正月すぐだったので唱歌「一月一日」を皮切りに、昭和の懐メロ歌手の画像を見ながらリクエスト曲を募り、声を合わせて歌いました。また、アシスタントなすちゃんによる嚥下についての説明および誤嚥予防体操の実践を行いました。

IMG_5304

「アンコ椿は恋の花」に合わせて華麗な舞を披露するなすちゃん。表情が良いですね!

私からは、歌を歌うことのメリットとして1)心肺機能が維持・強化される、2)懐かしい歌を歌うことで回想法的な効果が期待される、3)ストレス発散‥などお伝えしました。言葉で小難しく説明しなくても、皆さん十分歌の作用は実感されているようでした。

午後13:30- 第28分団屯所

午後はおなじみ、28分団屯所です。玄関を入ってとことこと階段を登り、二階のふすまを開けた広い和室がいつもの会場です。

IMG_5308

隣接する公営住宅の住民の皆様、そして近隣住民の皆様がお集まりくださいました。話を聞くと、寒さで肩まわり首まわりがこっている人が多かったので、ヨガで教わった姿勢の整え方と、肩甲骨&僧帽筋のほぐし方をお伝えしました。呼吸に合わせてゆっくりと行うのがコツですね。

IMG_5312

ところで、この時期私が使っているノートパソコンが不安定で、活動中に突然フリーズすることがありました。この日もなすちゃんが気持ちよく「恋の山田線」で踊りを踊っている最中、全く動かなくなってしまったので、急遽別の活動に切り替えた場面がありました。以前のように大きな模造紙に筆で歌詞を書いていたころは全てが手動だったので、こういうことは無かったんですけどね。ハイテク化のとんだ落とし穴でした。

3月 16

岩泉町「滝の上仮設」「日蔭第二仮設」2018/11/23

午前10:30- 滝の上仮設

久々の岩泉町です。紅葉も散り終わり、もう冬支度が始まった時期です。小川地区のはしっこに位置する、少し小高い仮設団地の集会所で準備をしながら参加者を待っていましたが、時間になってもどなたもあらわれず‥今日はナシかな?と思っていたら、15分後いっきに5名の方がおそろいになりました。一安心。

IMG_5028

冬の歌をいくつか歌ったあと、山間部に住む人々の手仕事を紹介した動画を閲覧。藁の代わりにみょうがの茎をほぐしたものが材料として使われていたり、マダの木の枝を細かく裂いて水にさらして‥と、昔の人の手間のかけかたがすごい!とため息がもれていました。

IMG_5035

また、味噌作りの場面では皆さんから

「昔はどこの家もこの味噌を食べていたのよ」

と教わりました。麹を入れないので、家それぞれのカビ菌が発酵の原動力になるのですが、お一人が

「梅雨時にはウジがわくのよね‥ぷちぷちして嫌だった」

と衝撃の発言。ぎゃー。最後はアシスタントなすちゃんのあてふり「好きになった人」でしめました。踊りが日に日に上手になってきます!

午後13:30- 日蔭第二仮設

安家地区にある日蔭仮設へは車移動でも相当時間がかかるので、お昼ご飯はコンビニでした。

IMG_5049

町の保健師さんが同席してくださって、住民のみなさんと和気あいあいと活動をすることができました。お休みの日なのにすいません!ありがとうございます。

IMG_5039

昭和の懐かしい女性歌手のスライドを見ながら、昭和30年代や40年代の思い出話に花が咲きました。この頃に学校を卒業して、金の卵として東京へ集団就職した話や、岩泉町に大雪が降った想い出、安家地区に流れる川には真珠を作る貝がいるというエピソードなど。

2016年秋の台風10号による河川氾濫の被害は、まだ目に見えるような形で残っていました。仮設住民の皆さんは2019年度には新しい住居へ引っ越しできる見通しですが、二年もの間ずっと不自由な仮設暮らしを強いられてきて大変な日々だったと思います。明るく歌って笑って集まれるような時間が、少しでも皆さんの気持ちが楽になるよう我々も頑張っていきたいと思います。

3月 15

宮古市「本町市営」「近内公営」2018/12/9

午前10:30- 本町公営

とても明るい本町の皆さん、到着するなり

「こないだ教わったあてふり、こうだったわよね」

とアシスタントなすちゃんに聞いてました。よっぽど気に入って下さったんですね。

IMG_5185

昭和34年のニュース映画を皆さんと見た後、この年に流行した懐メロ「南国土佐を後にして」「僕は泣いちっち」「黒い花びら」などを歌いました。守屋浩も水原弘も(あ、どっちもヒロシ)人気でした。

IMG_5192

あてふりが大変好評だったので、奮発してなすちゃんが2曲ほど踊りました。「リンゴ追分」「好きになった人」です。上の画像は「♪一人でいるわーーーー」の場面です。熱演ですね。

帰り際、お一人の方から壁の張り紙を指さされて

「うちね、公営じゃないの。市営なのよ。社協さんも毎回間違うんだけど」

と言われ、焦りました。今後、気をつけます!

午後13:30- 近内公営

7名の方にお集まりいただきました。皆さん、寒さに負けず元気に1時間お付き合いくださいました。

IMG_5194

内容は主に冬に関係する歌「寒い朝」「なごり雪」「北の宿から」「津軽海峡冬景色」、年越しに関係する歌「お正月」「一月一日」、懐メロ歌手女性「月がとっても青いから」「ここに幸あり」「ウナ・セラ・ディ東京」「コーヒールンバ」「東京のバスガール」などを歌い、むかしの暮らしに関する動画を鑑賞、あとはあてふりで体を動かしました。

IMG_5196

殆どの方は仮設時代にお会いしている方ですが、お一人だけどうしても我々とは初対面だと思いこんでおられる方がいて、実は2012年にご説明申し上げました。こちらとしてはとてもインパクトの強い出会いだったのでおぼえているのです。お暇な方は、過去のブログ記事で「近内」を探してみて下さい。

3月 14

宮古市「個人宅サロン」「上鼻公営」2018/12/2

午前10:30- 個人宅サロン

数週間前、別の場所でサロンの取材を受けた際に

「もしかしたら別の記者が別の特集でまた取材をお願いするかと思います」

とお話をいただいていましたが、この日このサロンにまた取材が入りました。個人宅なので家主には前もって許可はいただいておりましたが、果たして大丈夫かな?と少々心配しておりました。でもまあ、ベテランの皆さんですから(いろんな意味で)若い男性記者さんからのあれこれに関する質問もさらっとぺらっと卒なく応じておられましたよ。頼もしい。

IMG_5069

平成生まれの方が場にいるので、今回のテーマは当時のヒット曲や出来事を振り返る‥になりました。最初は1992年、次に1967年、最後に1985年です。君がいるだけで‥アンコ椿は恋の花‥六本木心中などを弾くたびに

「あー、この頃にはもう働いていたわー」

「引っ越しをして世帯をもった」

など、次々と当時の記憶が蘇ってきたようでした。私も何だか高校生の頃に戻ったような感覚で、どんどん歌を弾きまくっておりましたよ。

IMG_1574

毎回、家主さんがお昼ご飯を我々含めた参加者全員にふるまってくださるのですが、この日は絶品ラーメンでした。仮設にいた頃からの名物です。本当、いつかお店出してほしい!!ごちそうさまでした。結局、お昼休みまで含めて相当長居をしてしまいました。

午後13:30- 上鼻公営

取材は午後の上鼻にも入り、田鎖仮設からずっとご一緒していたSさん親子と、お一人の女性参加者さんと共に仮設の暮らしや公営に移ってからの変化などインタビューに答えました。

IMG_5074

Sさんの娘さんMちゃんは今中学生ですが、最近のK-Popもさることながら、昭和のニューミュージックやフォークソングも詳しいそうです。お母さんの影響かな?と聞くと

「いや、私知りませんよ」

とお母さん。学校で流行っているというわけでもないし、謎です。小田和正やXやら安全地帯やら、すごいなあ、と言ってもMちゃんは何も語らず微笑むのみ。長渕剛の巡恋歌やチューリップのサボテンの花、ユーミンの卒業写真なども歌いました。

若い世代の人が昔の曲を一緒に歌ってくれると嬉しいね、とお一人参加の女性もおっしゃってました。世代交流っていいですね、本当に。