9月 07

宮古市「鍬ケ崎公民館」2018/8/12

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

半日のみのサロン開催でした。というのも、当初予定されていた場所(宮古市社会福祉協議会による巡回予定)から連絡があり、お盆が近いから中止してほしいという要請があったとのこと。まあ、そうですね。

ぽっかり空いた時間、浄土ヶ浜の遊覧船にでも乗ろうかなと早めに大槌町の民宿を出たのですが、早朝にも関わらず周辺の駐車場はすでに満杯!夏休み、家族連れの観光客で溢れかえっていました。そこで、急遽気になっていた水産科学館と縄文博物館に行って社会見学をしたのですが、今まで来なかったのが悔やまれるほど楽しかったです。特に水産科学館はびっくりするほど盛りだくさんの展示で、半日では足りないくらいでした。

IMG_4232

昼食後、鍬ケ崎公民館に到着すると、館長のNさんが出ていらして

「午前中、こちらの皆さんにお世話になってました」

と紹介を受けたのが、ウクレレサポート協会の皆さんでした。代表の方は数年前、宮古市内の仮設でお会いして以来の再会でした。お互い、ずっと継続して仮設の皆さんと共に活動してきた同志なので、とても感慨深かったです。お会いできてよかった。

IMG_4236

お盆前にも関わらず、サロンには大勢の方がご参加くださいました。基本に立ち返って、誤嚥予防の体操や発音練習、柔軟体操なども取り入れて懐メロを多く歌い、一時間楽しむことができました。

9月 06

大槌町「安渡第二」「大槌仮設」「小槌第8」2018/8/11

午前10:30- 安渡第二

前回の安渡第二サロンで、参加者の一人から

「ずっと前に孫と一緒に来た時、写真とってたでしょ?あの写真欲しいんですけど」

と相談されました。大槌町の活動が軌道に乗り始めた6年前、この方とお孫さん(男の子)がよく一緒にいらしていたのですが、津波でお父さんを亡くしたせいかずっとアシスタントなすちゃんにべったりくっついていたのが記憶にありました。早速、パソコンからデータを取り出して盛岡市のキタムラでプリントアウト、額装しました。お渡ししたらとても喜んでいただけて、良かったです。

IMG_4211

この日の主な話題は潮干狩りでした。大槌町の隣の集落、片岸の出身の方から当時の潮干狩りでゲットできた珍しい貝の種類についていろいろと教えてもらい、とても興味深かったです。

IMG_4214

隣接する安渡公民館ではイベント準備などで賑やかでしたが、他にも地元の床屋さんが音頭を取って夏祭りを企画しているとのことで、どんどん活気が出てきた安渡でした。

13:00- 大槌仮設

現地に到着して驚いたのは、この日ここの担当をしてくれる社協の支援員さんが懐かしい小槌第17の担当さんだったことです。お元気そうで良かった!積もる話もあったのですが、時間になっても住民さんどなたもいらっしゃらなかったことで、勧誘に回っていただきました。

IMG_4222

1時半近くになってやっと、数名の方が集会所へ顔を出してくださいました。最初に訪れたお一人とは数分ほど楽しくお話ができたのですが、すぐ昼寝に戻ってしまい‥入れ替わりで元住民さんが歌を歌いにいらしたので、珍しくフォークソングなどを何曲か演奏しました。

IMG_4225

いつもサロンでは昭和初期から30年代あたりが中心なのですが、村下孝蔵や松山千春あたりを弾くのがとても新鮮に感じられました。震災から8年も経過しているから、どんどん年齢層も変わってきているのかもしれませんね。

15:00- 小槌第8

こちらも午後の社協チームがあちこち勧誘に回ってくれました。もともと、小槌地区を長年担当していたというお二人なので、住民の方々とも意思疎通バッチリでした。頼もしい!!

IMG_4226

前回の訪問をおぼえていてくださった方が、アシスタントなすちゃんに

「こないだ面白かったからまた踊って!」

とリクエストをする場面があり、前回とつながったなあとしみじみ思いました。こうやって一回一回が積み重なって、この場所でのサロンが皆さんと我々にとっての馴染みの空間になっていくのだと思います。ほかの場所もそうやって長年積み重ねてきました。

IMG_4228

しかし他の場所と大きく違うのは、そろそろ仮設団地自体が解消される時期がそこまで近づいているということです。あまりサロンを開催する時間が残されていないのです。仮設解消のあと、うまく皆さんとまたつながることができるのかどうか、不安は尽きませんが、次回も頑張って楽しんでいただこうと思います。

8月 30

宮古市「津軽石公営」「実田公営」2018/8/5

午前10:30-11:30 津軽石公営

夏真っ盛りのこの日、スペシャルゲストをお迎えして宮古市の公営住宅へ向かいました。そのゲストとは

IMG_8231

スペインはバルセロナ在住のバイオリニスト、籠島弥生さんです。昨年も仮設住宅巡回でご一緒したのですが、遠い異国の地から足を運んで下さって、住民の皆様へ素晴らしい演奏をプレゼントして下さいました。ありがたいことに、今年もいらしていただけることになり、大雨でしたが一路宮古市へ向かいました。

(バイオリンが雨で濡れて台無しにならないかしら、とハラハラドキドキしました)

IMG_4176

午前中は津軽石公営です。まずは通常の歌と体操のサロンを行い、後半で籠島さんに生演奏をお願いしました。曲目はいつも悩むのですが、誰でも知っていそうなクラシックということで荒川静香さんの滑っている時のアレや、テレビなどで耳にするアレなど(伏字ですいません)だったので、聞いている皆さんからも反応が良かったです。

IMG_4183

そして籠島さんが持参したお土産(スペインのクッキー)をつまみながら、皆さんとお茶っこタイムを楽しみました。私も一枚いただいてみましたが、甘さひかえめ(意外)でおいしかったです。やはり食べ物が出ると盛り上がりますね。

午後13:30- 14:30

お昼ご飯(カツカレー)を食べてから、実田公営へお邪魔しました。駐車場が満杯で入れない!というトラブルはありましたが、実田仮設の懐かしい皆さんが集まってくださって会場は結構な盛り上がり。

IMG_4188

午後はさらにクラシックへの期待が高まっております。籠島さんはいつでも笑顔。

IMG_4197

私は‥何だか間抜けな感じで動画撮影をしておりますが、一応何曲かは伴奏をさせていただきましたよ。割と間違えましたが。

宮古市までの行き帰り、車中でバルセロナでの生活についてたくさんの面白い話をして下さいました。一度遊びに行きたいな!とお伝えしたら、ぜひどうぞ!と言っていただけたので今度はこちらからお邪魔したいと思います。籠島さん、今回は本当にありがとうございました。

8月 09

宮古市「実田」「高浜地区活動センター」2018/7/15

午前10:30- 実田

2011年11月26日以来、通い続けてきた宮古市実田仮設。ちょうど訪問30回目の節目となったこの日が、いよいよサロン最終回となりました。すでに敷地内の半分は更地になって、残りの建物もほぼ空き家となっていた実田仮設。春になれば桜の花が咲き、とても目の保養になりました。最後なので、いつもより多くの皆さんが集まってくださったのが、とてもうれしかったです。

IMG_4044

内容は岩手県内の昭和ニュース映像、脳トレそして発音練習などを経て懐メロ歌唱。男性参加者も複数名いらしたので、三橋美智也や春日八郎などを選曲したところ

「俺の青春だね」

と言っていただけました。

IMG_7627

あっという間の一時間、最後はお名残り惜しかったのですが記念撮影などをしてみました。こうやってまたお会いできる日は来るのでしょうか?同窓会のようにまた集まってみたいものです。今まで本当にありがとうございました。どうぞお元気で!

午後13:30- 高浜地区活動センター

午後は高浜です。仮設の閉鎖から割とすぐに、こちらの活動センターで皆さんと再会できました。新たにお会いした方々も多く、とても理想的な継続サロンとなっております。

IMG_4060

炎天下、ご自宅から徒歩でセンターまでいらした皆さんは汗だく!ご苦労をおかけしました。窓から入る涼しい風が気持ち良い!あと、若者が運転する暴走バイクの騒音もついでに入ってきました。

IMG_4068

実はこの日、高校野球の岩手県大会でちょうど宮古市の高校が試合をしていて、我々のサロンの間は皆さんも気をもみながら

「勝ったべか、負けたべか」

と言いつつ体操などしていただいたのですが、結果は残念ながら‥ゴニョゴニョ。もしかしたら皆さんがずっと中継を見ていたらパワーで勝てたのかしら?なんて。でも、本当に夏に負けず皆さんすごい元気で驚きました。最後はお兄さんの踊りと共に、全身をくまなく動かして終了。

次回は涼しい時期の‥はず。ぜひまた元気にお会いしたいですね!

8月 08

大槌町「安渡第二」「吉里吉里中」「吉里吉里第二」2018/7/14

午前10:30- 安渡第二

早朝に盛岡を出発して、大槌町に到着したのが10時過ぎ。安渡を含め、どんどん大槌町の街並みが変化していくのが分かります。旧役場の解体を公約に掲げて当選した現町長による強いリーダーシップでいったんは解体工事が始まったものの、アスベスト問題やら何やら問題が噴出した例の建物も、新しいピカピカの施設に挟まれて何だか居心地がわるそうです。辛い思い出を早く忘れたいという解体推進派と、震災以降として保存をするべきという慎重派とのきちんとした話し合いが実現して、なるべく多くの人が納得する形を模索してもらいたいものだなあ、と盛岡市民としては思います。心の問題の解決は決して急いではいけない気がします。

IMG_4024

安渡第二にお邪魔すると、大槌町社協さんが既にいらしていて、この日のサロンには職員さんが同席してくださるとうかがいました。我々の行っているサロンの実態を見ていただくのはとてもありがたい機会です。取り計らって下さった社協さんには心より感謝申し上げます。

IMG_4031

前の週に宮古市田老で買った駄菓子をお茶うけに、皆さんでお茶会をしながら昔の大槌町の思い出についてうかがいました。YouTubeで拾ったドライブレコーダーの録画に、津波前の大槌町内の映像があり、皆さんとても懐かしそうでした。また、参加者のお一人から

「数年前、この集会所で孫と一緒の場面を写真にとってもらったけど、あれを引き延ばしたものが欲しい」

と言われました。津波で全ての家財道具を失った方は、思い出のアルバムも写真も手元に残っていません。仮設住宅での暮らしも、あとで大事な思い出となります。我々の活動中の記録写真が、皆さんの大事な記憶となるのであれば、とてもうれしいことです。

午後13:00- 吉里吉里中

こちらの会場にも社協さんが入って下さいました。残念ながら、住人の方のご参加はお一人のみでしたが、ブロマイドを頼りに昔の流行歌を思い出していただきつつ、多くの歌を歌いました。

IMG_4037

かつて大槌町にあった洲崎海岸という浜辺の潮干狩り映像を見ながら、おいしい貝と料理方法についてたくさんの知識を披露していただきました。ありがとうございます!

15:00- 吉里吉里第二

お馴染み、吉里吉里第二(浪板)仮設です。すっかり住民もいなくなった団地で、ひっそりと数名でサロンを行いました。社協さんはここの方々とツーカーなので、やり取りが親密で面白かったです。

IMG_4041

ニュース映像で釜石市内の昔の光景などを映したのですが、隣町なのでとても馴染みが深かったようです。特に橋上市場は私もおぼろげな記憶しか無いので、皆さんのエピソードは興味深くうかがいました。

IMG_7591

最後はお兄さんの楽しい体操「恋の山田線」を皆さんと踊りました。