6月 04

大槌町「安渡第二」「吉里吉里中」「吉里吉里第二」2018/5/12

午前10:30- 安渡第二

いつもは早朝に盛岡市の自宅を出て、大急ぎで大槌町を目指すので慌ただしいのですが、たまたま前日に山田町の仕事が入ったのでついでと言っては何ですが民宿をもう一泊だけ予約してのんびりと出かけました。余裕を持って仮設に向かうことができると、気持ちもゆったりしていいですね!

IMG_3560

安渡第二のサロンにはいつもの皆さんが足を運んでくださいました。最高齢のTさんはまたまた来客のため不参加で残念でしたが、Sさんの娘さんが県北から大槌町に里帰りしていたので、ご同席いただきました。歌の合間には、近頃住民がいっきに増えた安渡の住宅地の話や、町全体の話で盛り上がりました。6月にオープンする、図書館もある複合施設「おしゃっち」も楽しみにしているようでした。どんどん素敵な街づくりが加速するといいですね。

午後13:00- 吉里吉里中

残念ながら参加者はゼロでしたが、空き時間に中学校の運動会を見学したり、タンタンの散歩をしたりとのんびり過ごしました。この仮設も今年度中には住民がいなくなる見通しとのこと。

IMG_3569

15:00- 吉里吉里第二

いつも待っていてくださるS姉さんが集会所前で出迎えてくれました。さっそくタンタンを散歩に連れ出してくれます、ありがたい!開始時間にはお母さんと娘さんの親子一組が初参加!

IMG_3575

娘さんは町内の高齢者施設でお仕事をされているので、お若いのに古い歌を大変良くご存じでした。びっくりするほどです!お母さまからは、娘さんの子育ての苦労話などもあり(その間は娘さんは外にいたタンタンを可愛がってくださいました)楽しい一時間となりました。

5月 17

岩泉町「岩泉中野」「日蔭第二」2018/4/30

午前10:30- 岩泉中野

岩泉町、二日目です。宿泊しなかったので、朝早く自宅を出発しました。午前中にお邪魔するのは、岩泉駅の近隣、屋内スポーツ施設そばの中野仮設です。

IMG_3370

敷地内をプラプラと歩いていたら、部屋から出てきて手すりに布団をかけている住人の方と行き会い、ご挨拶いたしました。イベント?と聞かれたので、サロンの説明をしたのですがこれから客人が来るからごめんねと言われました。連休ですから、仕方がないですね。

IMG_3414

集会所には最初の30分にお一人が、終わる寸前にもうお一人いらっしゃいました。何かリクエストがありましたら伴奏して歌いますよ、と申し上げましたが、すべてお任せで!とのことでしたので、季節の歌をいくつか歌いました。昔のニュース映像で岩泉町の大雪の話題があったので、上映したところ

「記憶には無いけど、確かに昔は今と比べ物にならないくらい積もった」

と懐かしそうにおっしゃいました。この日はやや気温が高かったので、ちょっとだけ空気の流れを良くしようと窓を開けたのですが、さっきの住民の方(来客中)と再び目が合い

「うるさかったら言ってくださいね」

と謝ったところ

「いいのいいの、さっきから良い歌声が聞こえているから出てきたのよ。続けて」

と言われました。初めての仮設住宅で一番神経質になるのが、騒音の問題なので、この言葉にはだいぶホッとしました。ご参加のお二人からはまた来てね、と言っていただけたのもうれしかったです。

午後13:30- 日蔭第二

台風10号の傷跡が生々しく残る岩泉町の奥地、安家地区にある日蔭第二へ向かいました。移動に時間がかかるので、昼飯はコンビニで買った菓子パンです(おいしいお店がある岩泉で‥痛恨事)。

IMG_E4988

飼い犬タンタンを空き地で散歩させてから、活動中どこに繋いでおこうかなと物色していたら、遠巻きに眺めている少女たちが目に入りました。おばあちゃんらしきご家族と一緒のようです。

「犬は好き?良かったらおやつをあげてみてね」

と声を掛けたら、姉妹たちはおっかなびっくりでなかなか近づいてきません。一番かわいがってくれたのは、おばあちゃんでした。お水もたくさん飲ませてもらって、良かったねタンタン!!

IMG_3440

地区の保健師さんが同席してくださったので、とても心強くありがたかったです。参加人数も、今回最多でした。体操は「東京音頭」を踊りましたが、私のしなしな具合が大いにウケたようで良かったです。

二日間、計4カ所の仮設を巡回しました。久々に、2011年当時のピリッとした感覚が蘇ってきて、初心に帰ったような気持ちです。これからできれば定期的な訪問を継続していけたらな、と思います。

5月 16

岩泉町「滝の上」「稲荷」2018/4/29

午前10:30- 滝の上

2016年8月末に発生して岩手県岩泉町を中心に甚大な被害をもたらした台風10号。一年半が経過した今でも岩泉町では自宅を流出した方々が仮設住宅での生活を余儀なくされています。我々えころんスタッフはこの日初めて岩泉町の仮設を訪問して、歌と体操のサロンを開催。音楽療法を実施して仮設住民の方々に参加していただきました。

IMG_4841

大型連休の初日、まだちらほらと桜の花が咲いている山間部にある滝の上仮設団地。盛岡から岩泉へ向かう一番手前の集落にあります。数年前、東日本大震災の被災地で初めて仮設住宅を訪問した日の緊張感を久々に思い出しました。果たしてだれかきてくれるんでしょうか?

IMG_4854

何と5名の方が参加して下さいました。まずは我々の自己紹介。それからサロンの目的や内容についてあらかじめ説明をした後に発声練習と歌唱。そして体操をしました。活動後、仮設生活で気になった体の変化について質問があり、自分でできるストレッチや体操の伝授もしました。

IMG_4855

片づけをしていたら、お一人の方が

「せっかく岩泉に来たんだから食べて」

と岩泉ヨーグルト(高価!!)を差し入れてくださいました。なんとありがたい!ごちそうさまでした。

午後13:30- 稲荷

小川地区の食堂でおいしいランチをいただいた後、少々離れた場所にある稲荷仮設へと向かいました。国道沿いにある、比較的若い住民が多いのかな?という雰囲気の団地です。

IMG_3359

しばらく待っていると、三名の方が時間過ぎに遊びにいらして下さいました。ここでも初対面の挨拶として我々の自己紹介、そしてサロンの説明を行いました。アシスタントなすちゃんの元気な体操を見て、皆さんも何だか笑顔がほころんできたのでひと安心。

皆さん、もともとはどちらに住んでいたんですか?とお聞きした際に、お一人の方が

「すぐ上流の集落だったけど、身内がその時に流されて亡くなったの‥今でも思い出すと悲しい」

とおっしゃいました。色々とお話をなさりたい雰囲気だったのですが我々も去り際だったので、すぐに次の訪問を決めてまたお会いしたいと思います。心の内を吐露してくださって、ありがとうございました。

IMG_4874

あ!!仮設の歌姫、奥野ひかるちゃんのポスターを発見!遠くから被災地三陸を応援して、仮設に泊まり込んだり凄い人なのですが、台風10号の被害にあった岩泉町にもいらしてくださっていたんですね、本当にありがたいです。紅白歌合戦に出場できますように!!

本当はこの日は岩泉町に宿泊したかったのですが、連休ということでどこも満杯。翌日に疲れを残さないように、自宅に戻ってしっかり休みました。

5月 15

宮古市「実田」「高浜地区活動センター」2018/4/15

午前10:30- 実田

「もしかしたら、この日の実田仮設は最後の訪問になるかもしれません」

と事前に宮古市社会福祉協議会さんから言われていました。ここの仮設も、閉鎖が決まったとのことでした。震災の被災者だった住民がいなくなったと同時に、おととし秋の台風10号被災者が入居してきたのですが、彼らも転居のめどが立ってここの役割は終わったという判断なのでしょうね。

IMG_3292

ほうぼうからお集まりいただいたメンバーは、実田仮設だったりきれまち仮設だったり、あちこちの仮設に住んでいた皆さん、そして近隣の方です。あらたなサロンが形成されたのですが、場所が無くなるということはサロンもいったん終わりということになるのでしょうね。ちょっと寂しいです。

昭和36年に田老町で発生した、フェーン現象による大規模な山火事のニュース映像を見て、そのあと36年に流行した「銀座の恋の物語」「上を向いて歩こう」「王将」「スーダラ節」を歌いました。また、岩手県が取り上げられた昔の映像として葛巻町や久慈市のニュースも見ました。皆さんが小さかったころ、若かったころの雰囲気が映像から感じられて、どんどん当時の記憶が戻ってきているようでした。

最後に春に関する唱歌をいくつか歌い、皆さんと再会を約束してお別れをしました。きっと、またお会いできますよね!楽しみにしています。

午後13:30- 高浜地区センター

初めてお邪魔する公民館でしたので、ちょっとだけ場所がわからず何度か通り過ぎたのを、すでに集まっていた皆さんが窓から見ていたようで、道路まで迎えに出て下さった方がいました。恐縮です。

IMG_3293

さて、この日は懐かしい高浜仮設の皆さんが大勢きてくださいました。変わらずに元気な姿、声で我々を出迎えてくださったので、感慨深かったです。仮設閉鎖のあと、こうやって再びご縁がつながることもあるんですねえ。

IMG_3301

シルバー川柳による発声練習から始まって、定番の人気曲を歌い、いくつか有名な古い映画のダイジェストを上映しました。回想法アプローチです。そのあと、アシスタントなすちゃんお得意の体操と、筋肉の説明などで日ごろの運動の大切さをお伝えしました。

「相変わらず、おにいさん(なすちゃん)は体がやわらかくていいねえ」

とお馴染みさんからおほめの言葉をいただき、二人とも安堵しました。初めての方も、長年ご一緒した方も、みなさん一丸となって同じ活動を楽しめた一時間でした。どうぞこれからも末永くよろしくお願いいたします。

5月 07

宮古市「三王自治活動センター」「第28分団屯所」2018/4/8

午前10:30- 三王自治活動センター

二か月ぶりの田老です。桜のつぼみは膨らんではいませんが、そろそろ春の訪れを感じさせる風のあたたかさでした。野球場にはたくさんの小学生球児の姿と、保護者グループの姿が。

IMG_3267

三王団地の皆さん、丘の上にある住宅街なので坂をえっちらおっちら登って会場まで来てくださいます。ここに来るまでが一苦労ですが、足腰が鍛えられますね。

IMG_3270

駐車場でぽつんと縁石に座っている男性がいて、散歩の途中かな?と思ったら

「あのお父さん、耳が遠いから近くに行って声をかけると喜んで参加してくれると思うわ」

と皆さんから教えていただき、さっそく勧誘に。快く会場へといらしてくださいました。ただ、お耳が遠いので歌や体操は難しそうです。かわりにスライドで上映した昔のニュースや歌詞を見ていただいて、一時間楽しんでもらいました。

午後13:30- 第28分団屯所

今年度から新たに追加された巡回先は、何だか仰々しい名称の会場ですが、館が森の公営住宅裏に完成した宮古市広域消防団の屯所です。午前の三王自治活動センターもそうですが、三王が30分団。こちらは28分団です。玄関を入って階段をあがり、ふすまをあけると下図のように広い和室になっていました。

IMG_3281

「こちらから半分は地区住民、こちらから半分は公営住宅の住民。一緒に参加します」

と代表の方に教えていただき、交流促進の効果があれば‥と様々な趣向を凝らして活動を進めてみました。二つのグループにきっちりと分かれて座っているのですが、時々それぞれのグループから良くしゃべる代表二人が大声でやりとりするので、見ていて面白かったです。

IMG_4222

ノリの良い女性が、踊っているなすちゃんの隣にすごいスピードで移動してきて、一緒に踊っている様子です。かけられる声援もすごかったですよ!田老の皆さん、本当に明るくて元気で素晴らしい。これからもどうぞよろしくお願いいたします。