写真をいただきました

安渡第二に行くと毎回参加してくださるKさん、以前はコンパクトなデジカメで色んなものを撮影していたようですが、最近はものすごくゴツい一眼レフデジタルカメラを抱えていらっしゃいます。使いこなしているのすげえ!
「遅くなったけど、ずっと前に撮影した画像をプリントしたからさしあげますね」
と言って二枚ほどいただきましたよ。
20130724003331
ラインダンス踊ってますね‥。
20130724003330
決めポーズしてますね‥。
津波によって家を流された人々は、家にあった全ての思い出の品々も流され、永遠に失ってしまいました。被災地ボランティアの重要な任務の一つに、瓦礫や泥の中から見つかったアルバムや写真を復元する、というものもあったくらい、思い出を切り取った写真は被災した人々にとって非常に大事なものなのです。
仮設住宅で暮らしている彼らの今を、なるべく豊かで素晴らしいものにしてもらうため、私は楽しい音楽を用いて思い出作りの意味合いも込めて行なっているのですが、写真をとってさしあげることも意味深いことなのだと思います。
これからどんどん、全国から写真を撮影してあげますよ!っていう方。似顔絵を書いてあげますよ!っていう方がたくさん被災地に来てくれるといいなー。

コメントを残す