宮古市「津軽石公営住宅」「近内公営住宅」2018/3/17

午前10:30- 津軽石公営住宅

現地に向かう途中、金浜のコンビニエンスストア裏にある出来立ての堤防にタンタンと一緒にのぼってみたのですが、震災後の堤防は本当に‥すごくゴツいです。てっぺんにいると、海風でいっきに手足が冷えます。三陸の光景はこれがスタンダードになるんですね。

IMG_3215

寒暖差の激しい毎日が続いていましたが、この日はやや寒い気温でした。集会所に入った途端、私は清寿荘仮設からのお馴染みさんに声をかけられて

「先生、ごど味噌が手に入りましたよ!」

と言われました。ごど味噌、それは昭和初期まで津軽石の味噌屋さんが作っていた調味料で、宮古市を始め三陸の皆さんにとっては幻の味です。原料となる大豆を大鍋で煮上げた後、残ったお湯に麦のふすまと塩を大量に入れて発酵させたもの、だと聞いていますが‥いったいどなたが再現なさったのでしょう?

「Kさんという知り合いが、昔ながらの作り方を自分なりにアレンジしてみたそうですよ。元々は入っていないクルミも、ほら」

と見せて下さったのですが、マーマイトのような液体に確かにクルミのつぶつぶが。瓶まるごと、下さいました。これは帰ってから食べてみないと!ありがとうございます。

IMG_3205

懐かしい唱歌などを歌ったあと、久々におにいさん(アシスタント澤瀬)によるフラを披露しました。たどたどしい感じが皆さん大喜びでした。初参加の男性がお一人いらしたのですが、元漁師さんだったそうで、魚のことを色々と教えてくださいました。

午後13:30- 近内公営住宅

西が丘のスーパーマーケットでお弁当を買って朝食を済ませ、午後の近内公営へと到着。ここは市内の公営住宅で唯一ペット飼育が可能な団地なので、散歩中の光景が見られます。車内でそれをうかがっているタンタンも、ちょっと落ち着かない様子。

IMG_3224

何と!なかよし公園でずっとご一緒していた方、ここ一年半ほどお会いできなかったのですが、久々にサロンに参加してくださいました。とても元気そうで安堵いたしました。さらに、新規で男性参加者もお一人いらして、何だか賑やかな雰囲気。

IMG_3221

ここに集った方々は、西が丘、藤原三丁目、なかよし公園という違う仮設で出会った皆さんです。こうやって一堂に会しているのを拝見して、ちょっと胸が熱くなりました。月日の流れ、感じますね。歌や体操をして、あっという間の一時間を過ごしました。またお会いしましょう!

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す