大船渡市「盛保育園」陸前高田市「すてっぷ」2018/3/16

午前10:00- 盛保育園

2017年度最後の盛保育園、前回1月はこちらの都合(病気)でお休みをいただいたので、4か月ぶりの音楽療法となりました。しばらく会わないと、びっくりするほど大きくなっていますね子供たち。

IMG_3192

年長さん(ばら組)たちの卒園式を間近に控えて、ホールは紅白の横断幕で飾られていました。一緒に遊ぶ子たちは年中さんなので関係ないのですが、追いかけっこやストップゴーの遊びも段々と集中できるようになって一年の成長ぶりがうかがえます。まだ気分の切り替えが難しい子もいますが、あと一年の保育園生活できっと大きく変化するでしょう。

さて、これまでは同じメンバーを二年間ずっと担当する形をとってきましたが、一緒に音楽療法を受け持っている立花さん(大船渡市在住)を交えて園の先生方と話し合った結果、次年度からは私が年中組、立花さんが年長を受け持つこととなりました。新年度が楽しみです!

午後16:00- すてっぷ

立花さんとお昼ご飯を食べてから、私とアシスタントなすちゃんは震災後初めて末崎にある椿館へ行きました。ちょうど、世界の椿展を開催中だったので楽しかったです。碁石海岸から眺める海もダイナミック。

夕方からはすてっぷにお邪魔して元気な男子たちとクイズ大会で楽しみました。ここも久々にお邪魔しましたが、ちゃんと我々の訪問日をわかってくれていたようで、到着した途端に

「タンタンは?」

と聞いてきました。たまには車に入れっぱなしで待機させる予定でしたが、結局いつも通り玄関の前につなぐことに。音楽療法のセッション開始時間前に帰ってしまう子は、タンタンと遊ぶのをとても楽しみにしてくれていたようです。残った男の子たちも一通り宿題→音楽療法が終わってから、外へ飛び出していきました。

「春から何年生になるの?」

と聞くと誇らしげに答えてくれる顔がかわいかったです。みんな、いつもタンタンをかわいがってくれてありがとう!!

This entry was posted in 大船渡市, 陸前高田市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す