9月 25

支援物資の仕分け続行中

今週は陸前高田市、大船渡市、宮古市、大槌町で物資のお届け予定なので、夜を徹しての仕分け作業を行っております。ちなみに今回は子供たちへの分配も予定しているので、文房具の袋詰もあるのですが、むき出しのペンが袋を突き破るので難儀してますよ‥どうしよう。
さて、これまで何箇所もの仮設で支援物資の配布を行ってきたわけですが、私もびっくりした意外な人気アイテムについて書いてみたいと思います。
1.一週間単位のピルケース
仮設で暮らす年配の方は、その多くが内服薬を毎日飲んでいます。しかし平坦な毎日で起伏が少なく、飲み忘れや重複が多くて困っているそうです。
偶然、物資に入っていたこのピルケースを持って行ったところ
「何て便利なもんがこの世にあるのか!」
とすごく!喜ばれました。
100円ショップので充分みたいです。
2.バスタオル
ハンドタオル、フェイスタオルなどはこれまでも支援物資として何度も配布されているのですが、バスタオルはなかなか手に入らないのだそうです。大は小を兼ねる!ですね。
3.太い編み棒
これまでたくさんの毛糸や、編み物関連の小物
をいただきました。編み棒もたくさん入っていましたが、とにかくどこへ行っても
「太いの、ある?」
と聞かれました。皆さん、大きな網目のざっくりとしたニットを、手早く作りたい!という意識があるんでしょうか。私、編み物しないのでよくわかりませんが。
4.手芸小物
ひも、レース、バイアステープ、ファスナー、接着芯は非常に人気でした。
袋物を作る方にも、洋裁で服を作る方も使うようです。
‥いかがでしょうか?
もちろん、多く寄せられた糸やはぎれ、靴下やノート類も、皆さん大喜びでした。
ただ、とても小さな切れ端や、ちょっとの毛糸などは
「これ、何に使えばいいのかしらねえ」
と困惑される場面も少なくありませんでした。
(使い差しのペンは、お渡し直後に書けなくなることも)
現在、当法人では手芸用品や材料など支援物資の募集は休止しておりますが、もしこれから他の団体に何か送ろうと思っていらっしゃる方がいれば、例えば毛糸ならば同じ種類をある程度の数を揃えて送るとか、布もまとまった面積で送ってさしあげると使う方の用途が広がってより喜んでいただけるのではないかと思います。

6月 28

被災地からのお届け物

一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト“えころん”のサイトにも掲載しましたが、当法人は一般財団法人高須克弥記念財団様から多額の寄付金をいただき、また有限会社とりあたま様からもいただきました。
このことを仮設で手芸活動をしている皆さんにお伝えしたところ
「いつも材料いただいているから、それで作った作品をさし上げると良いのでは」
と、一生懸命作った手芸作品をお預かりして、お二人に御礼として郵送いたしましたよ。
するとさっそく、高須先生がご自身のブログでご紹介下さいました。
Takasuandsaibara1
わーありがとうございます!!
正直、世界中を飛び回って日々テレビなどでご活躍している高須先生(しかもクレジットカードはブラック‥無限‥)に、言葉は悪いですが田舎のおばちゃん達が作った手芸作品を贈るのってどうなのかしら‥と躊躇もありましたが、電話でそのことを西原さんに伝えると
「高須先生はそういう真心のわかる人だから大丈夫」
と言っていただき、迷いも消えました。
仮設の皆さんが「苦労がなくなるように」「福が来ますように」と願いをこめて一針ひと針縫ったものです。プロの作るような美麗さは無いかもしれませんが、高須先生と西原さんには気持ちがちゃんと伝わって感激しました。
これが本当の「絆」だなあ、と思いました。
手芸材料を送って下さった皆さん全員に贈り物をお届けできれば一番良いのですが、諸事情で実現は難しそうです。せめて私からお葉書をおくらせていただきたいと思いますので、気長にお待ちくださいね!

6月 26

手芸王国☆三陸 4

今日は宮古市の仮設住宅の皆さんが普段行なっている手芸活動の成果をご披露したいと思います。全国からお寄せいただいた支援物資は、このような作品に生まれ変わって仮設にお住まいの皆様の暮らしを彩っていますよ。
Imgp7725_2
高浜仮設 ポプリ入りの卵の殻を貼りつけたタペストリー
Imgp7742
高浜仮設 ラミネート加工された押し花
Imgp7581
清寿荘 布バッグとボトルキャップ入り帽子型チャーム
Imgp6947
荷竹仮設 フェルトマスコット
Imgp6948
荷竹仮設 さるぼぼ(多分)
Imgp6095
児童相談所 エコクラフト
Imgp6093
児童相談所 雛人形
Imgp6183
藤畑仮設 ふくろう等
この他にも様々な活動、作品が生み出されています。またご紹介しますね!!

6月 25

報告とお詫び(そして朝市)

西原理恵子さんのブログで告知していただいて、全国の皆様から本当にたくさんの手芸材料&道具&その他支援物資を送っていただきました。数日後には事務所を置いている我が家が荷物で埋まってしまうほどでした。残念ながら、居住空間が占有されそうになったことで、募集を打ち切らざるを得ませんでしたが、用意してくださっていた方々には本当に悪いことをしました。
あれから毎日、梱包を解いて中身の仕分け作業にはげんでおりますが、数が数だけに一朝一夕には終わりません。つーか、本当にこれ今年中に終わるのかしら‥と顔に縦線が入っております。嬉しい悲鳴です。
そんな訳で、御礼のお葉書を送るのが遅くなっております。お名前と住所を書いていただいた皆様全員に送るつもりですが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。年を越したらすいません‥でもその可能性はあります。
それにしても‥仕分けしながら感心せざるを得ません。
全国にはかくも多くの手芸の達人がいるのですね!
私も精神科勤務歴が長いので、手芸は広く浅く経験しておりますが、良く吟味された材料を本当にセンス良く揃えていただいて、恐縮至極です。被災地の皆様にお届けするのが楽しみです。
ブログ記事、これだけではなんですので。
岩手県盛岡市にいらっしゃる予定の方にむけて、とても楽しい神子田(みこだ)朝市の楽しみ方をここに紹介いたしますね。
朝市は近隣の農家や各業者が朝5時から集まって様々な農産物や加工品を売り出す、昔ながらの懐かしい雰囲気をもった市場です。食事処もあって、名物みよちゃんラーメンや、お蕎麦屋さんなどあります。
お客さんも早朝に集まるので、寝ぼけ眼をこすりながらまずはコーヒーを飲む方が多いようです。
06image
ホットは一杯150円です。
私はコーヒーが飲めないので、朝食がわりにおかゆを買いに行きます。ごまや青のりたっぷりの、栄養満点なおかゆです。
02image
なんと!一杯100円の激安!
この他、甘酒や盛岡名物「うす焼き」などもあります。
もうちょっと小腹がすいている方には、これ。
04image
鴨のつくねや地鶏のもも焼きなど。
とても美味しいです!おすすめ。
駅前からはちょっと遠いですが、盛岡にお泊りの際は頑張って早起きをして、足を運んでみてください。
http://www.morioka.jp/mikoda/
01image

6月 20

手芸材料のお届け!

雨降る山田町で、幼児教室の前に馴染みの保健師さんと逢う機会に恵まれ、地域包括支援センターの会場へ全国の皆様から寄せられた手芸材料をお届けいたしました。ちょうど幼児用の布つみきが老朽化して、上から布をかぶせて縫いたい!と思っていた矢先だったそうで、大層歓迎されました。
(残念ながら撮影しておりませんが)
その後、山田町から宮古市へ向かう途中、3箇所の仮設団地に立ち寄って、手芸材料のお届けをしました。
まずは荷竹。
Imgp8068
いつもフェルト布をお届けしているこの仮設で、初めてまとまった布地を渡すことができました。洋裁得意な方がいらっしゃるんですよ、ここ。
そして近隣某所。残念ながら、どなたともおめもじかないませんでした‥ちゃんと予告すれば良かったんでしょうけど、でもしょうがないですね。談話室の入り口につばめが巣をつくり、雛たちが餌を待っていました。
Imgp8071_2
最後に高浜。達人のSさんがちょうど談話室にいらしたので、車の後部座席に積んでいたありったけの布をお渡しいたしました。Sさん、大喜び!
Imgp8077
Sさんが作品のバッグを持ってきて
「良かったらお嫁さんにさし上げて」
と譲ってくださいました。私は残念ながらお嫁さんいませんので‥これは今回の立役者であるあの方に郵送したいと思います。喜んでくださるかしら。
昨日はこの後、宮古市社会福祉協議会高齢者デイサービスセンターにお邪魔してセッションを行いましたが、さらに帰り道には別のもうひとつの仮設に立ち寄り、ピンポイントで差し上げたかった方とお会いすることができました。
Imgp8111
どうですか?このクオリティ!!
前回お渡しをした布で、こんなに素敵なバッグを作って下さいました。
子育ての忙しい合間に縫ってくださって、ありがたいです。
またお届けしますね!!