1月 20

岩手弁スケッチ

以前、このブログで被災地を巡回している間に聞きおぼえた宮古弁を絵つきでご紹介しました。
宮古弁スケッチ
宮古弁スケッチ2
実は被災地支援を開始する前は、内陸を中心に聞きおぼえた方言を、同じようにスケッチブックネタとして描きためていました。
今日はそれをご紹介します。
まずは体の部位から。
Photo
あぐど→かかと
Photo_2
このげ→まゆげ
Photo_3
ひじゃかぶ→ひざ
Photo_4
おどげ→あご
(あぎと、と言うところもあります)
Photo_5
でんび→ひたい
次に、人物をあらわす言葉。
Photo_6
あっぱ→お母さん
(がが、と言うところもあり)
Photo_7
おどさん→お父さん
(ちゃ、だだ、あや、と言うところもあり)
Photo_8
わらす→こども
ちなみに、複数形になると
Photo_9
わらしゃんど、になります。
わらす child
わらしゃんど dhildren
わらす関連で言えば
Photo_10
わらしかで→子守り
おばあちゃんがみる場合は
「孫かで」になります。
そして
不細工だけどどことなく憎めない子供は
Photo_11
めぐさめんこ、と呼ばれます。

1月 09

ごあいさつ

スケッチブックを使った活動はこれまでにも「宮古弁」「回文」などご紹介してきましたが、それより前から「ごあいさつ」を世界各国の言葉で行っておりました。普段は「こんにちは」ですが、今日はせっかくなので年頭のあいさつをしてみたいと思います。
(歌う前の発声練習で使ってます)
まずは日本語。
「あけましておめでとうございます」
Photo
次に英語。
「Happy New Year」
Photo_2
そしてフランス語。
「Bonne année」
Photo_3
次にドイツ語。
「Glückliches neues Jahr」
Photo_4
今度はイタリア語。
「Buon anno」
Photo_5
スペイン語でもどうぞ。
「Feliz Año Nuevo」
Photo_6
ギリシャ語でも。
「Ευτυχισμένο το Νέο Έτος」
Photo_7
最後はロシア語です。
「С Новым годом」
Photo_8
今年もよろしくお願いします!
また色々ネタ帳をご紹介しますね。

9月 29

回文 3

さて、回文シリーズもいよいよ最後です。
今日の回文は昨日、一昨日の回文より文字が多いです。
一定のテンポの中で発音するので、より早口になります。
皆さんも、早口でこれらを発音してみてくださいね。
「あ、サンダルダンサー」
Photo
「壊滅ハゲ発明家」
Photo_2
「良い仲ずっと続かないよ」
Photo_3
「痛いお腹なお痛い」
Photo_4
「よすんだ下品ヒゲダンスよ」
Photo_5
「飼いならしたブタ知らないか」
Photo_6
「住まいは田舎、家内はいます」
Photo_7
「とーさん小鳥とコンサート」
Photo_8
「利子つけるケツは尻」
Photo_9
「冷めたのね?金のためさ」
Photo_10
これでおしまいです。
お粗末さまでした!

9月 28

回文2

昨日に引き続き、スケッチブックのネタから「回文」を御紹介いたしますね。
「素直なお茄子」
Img099
「イカした歯科医」
Img098
「ゴンタのタンゴ」
Photo
「お疲れカツオ」
Img101
「間近な中島」
Photo_2
「丸出しダルマ」
Photo_3
「飛びこめ小人」
Photo_4
「くどくど口説く」
Photo_5
「シイタケ大使」
Photo_6
「留守に何する」
Photo_7
「痴漢トンカチ」
Photo_8
「傷あるアズキ」
Photo_9
よかったら声に出して読んでみてくださいね。
ところで私は齢45にして今夜初めて「ドラゴンクエスト」なるモノをはじめております。
ああ‥。
(つげ義春風ためいき)

9月 27

回文

私は音楽療法のセッションで、歌唱や身体運動の他に
「雰囲気がまろやかになるため」
とか
「笑って欲しい」
という狙いがある際は、ネタとして持ち歩いているスケッチブックを用いております。
これまで数々のスケッチブックを作成しましたが、使用頻度が高いもののひとつに
「回文」
があります。
あちこちで見聞きした回文をイラスト化したものです。
歌を歌う前に、これを使うと声が良くでるようです。
というのも、絵を用いると文字だけの時よりイメージが把握しやすく、瞬発力があって笑いにつながりやすいのではないか?と思われます。
狭く近隣に音が漏れやすい環境にある仮設住宅にお住まいの方にとって、思いきり声を出すという行為はとても特別なものらしく、体験した皆さんは口を揃えて
「久しぶりで、とても気持ち良かった!」
とおっしゃいます。思いきり歌を歌うための発声練習は、皆さんが気持ち良くうっぷんを晴らすための、とても重要なプロセスと言えます。
では皆さんも、是非声に出して読んでみて下さい。
「色白い」
Photo
「色黒い」
Photo_2
「居間せまい」
Img091
「多分、ブタ?」
Img093
「いもキモい」
Img094
「トマトとトマト」
Img097
「メカ・ワカメ」
Img095
「指圧待つ足」
Photo_3
「気のいい猪木」
Img102
「おさまれ正男」
Photo_4
「富良野の裸婦」
Img096
「チンピラ、ピンチ」
Img100