12月 13

東日本大震災被災地域の医療・福祉従事者向け音楽療法セミナーin宮古市 2015/12/13

岩手県福祉基金の助成を受けて開催した講習会の第五弾は、ポプラ社「ラスト・ソング」の著者として全国的に活躍中の音楽療法士、佐藤由美子さんを講師としてお迎えしました。私自身も、これまでメールやSNSなどで何度もやり取りしてきましたが、実際にお会いするのは初めてでした。想像通りの、非常にきさくで素敵な方でしたよ!

講習会は午後からの予定でしたが、由美子さんのご希望で宮古市内の仮設住宅談話室にお邪魔しました。偶然、住民の皆さんがお集まりだったので、短い間でしたがお話をして、仮設での暮らしについての皆さんの考えや感想を聞くことができました。

IMG_4141

近々、皆さんは忘年会を催して、そこでウクレレを弾きながら歌を披露する予定があり、その練習をするための集まりだったそうです。

IMG_4143

そして!なんと!我々全員(由美子さん、私、アシスタントなすちゃん、法人理事の三井さん)にお手製のラーメンを振る舞っていただきました。これがプロ級の美味しさで、びっくり!ごちそうさまでした。

IMG_4155

午後1時半から宮古市総合福祉センター二階で、30名の参加者が集まり、いよいよ講習会が開始となりました。遠くは山形県、青森県からも足を運んでいただき、大勢の方とご一緒できたのは非常に幸せなことでした。本当にありがとうございました。由美子さんが奏でる美しいギターの音色、歌声、全員で取り組んだワーク、ペインティングなどであっという間の1時間半でした。参加者からはとても素晴らしい学びが得られたと好意的な感想を多くいただきました。年齢も十代から八十代まで幅広く、実際に医療施設や福祉施設で音楽を取り入れている方もいて、皆さん本当に熱心でした。

IMG_4157

帰り道、川井道の駅で黒豆ソフトを堪能された由美子さんと三井さん。遠路はるばる、岩手県宮古市まで来てくださった由美子さんには心から感謝の気持ちをお伝えします。ありがとうございました!どうかまたいらしてくださいね。

10月 23

【告知】東日本大震災被災地域の医療・福祉従事者向け音楽療法セミナー:講師「ラスト・ソング」著者の佐藤由美子さん

2015年12月13日(日)13:30-15:00 宮古市総合福祉センター地域活動室にて、医療・福祉従事者の皆さんを対象に音楽療法セミナーを開催いたします。今回の講師は何と!

yumikosato

「ラスト・ソング 人生の最期に聞く音楽」(ポプラ社)の著者である、佐藤由美子さんです。ここからは、佐藤さんの個人ブログにあるプロフィールを転載いたします。

ホスピス緩和ケアの音楽療法を専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州’シンシナティの Music Therapy Services  に属し、ホスピスで10年間音楽療法を実践する。

オンラインジャーナル Voices, A World Forum for Music Therapy にて 音楽療法に関する様々な記事を発表。研究書 Musical Life Review in Hospice (ホスピスにおける音楽回想法) が米国音楽療法学会誌 Music Therapy Perspectives に掲載される。

発表された研究に加えて、アメリカ国内での学会で講義を行うとともに、地域ではドラムサークル、グリーフケア、ホスピス緩和ケア音楽療法など、様々なトピックに関するワークショップを行ってきた。

2013年に帰国し、現在音楽療法普及のため、執筆活動や講演を行っている。

ホスピス緩和ケア音楽療法やグリーフなどに関するブログ「佐藤由美子の音楽療法日記」は、現在ハフィントンポスト日本版 とイギリス版に掲載中。また、日本の文化に関するブログ Discover Japan はハフィントンポストのイギリス版に掲載されている。

セッションでは主にピアノ、ギター、ハープ、ネイティブアメリカンフルート、ウクレレ、ボイスを使用。現在、青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。

佐藤由美子先生ちらし

ちらしを作成しました!どなたでも無料でお聞きいただけます。ただし、事前申し込みが必要です。なぜなら会場にお入りいただける人数に限りがあるからです。あらかじめご了承くださいね。

今からとても楽しみです!!皆様、お誘い合わせの上ご来場くださいませ!!

10月 21

東日本大震災被災地域の医療・福祉従事者向け音楽療法セミナーin山田町 2015/10/18

岩手県福祉基金の助成により開催している2015年度一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト被災地講習会のシリーズ第四弾は、山田町コミュニティセンター集会所にて、広島大学の岩永誠先生をお迎えして実施いたしました。

IMGP9439

岩永先生には遠方からわざわざお越しいただき、東日本大震災から四年半以上も経過してなお大変な状況の中で高齢者や障がいを持つ人々を支えている支援者に向けて、ワークストレスに関する貴重なお話をしていただくことができました。運営の不手際で告知が遅れ、参加人数は非常に少なかったのですが、熱心に耳を傾ける参加者の皆さんからは、とても切迫した現場の実情なども聞き、復興には程遠い今の被災地が抱える多種多様な問題が浮き彫りになった時間でした。

IMGP9445

仕事をしていてストレスを感じない人間はいません、どうやって上手にストレスと付き合って仕事を回していくのか、個人的にも身につまされるお話がたくさんあり、開催して本当に良かったと思います。

講習会が終了した後も、参加者からは岩永先生に対して具体的な現場の悩みや、相談事が寄せられました。それらに対して、一つひとつ丁寧に、親身になって答えてくださった岩永先生。本当に長時間、ありがとうございました。これから先も先生のお力が必要だと痛感しました、どうぞまたお越しいただけたらと思います。

10月 14

被災した人たちへ、楽しい思い出を写真集にして配布したい

この度、READYFORというクラウドファンディングにご協力願い、これまでの被災地支援活動で記録用に撮影してきた画像を写真集として出版し、参加して下さった被災地の皆さんや協力してくださった関係各位へ無料配布する‥というプロジェクトを開始いたしました。以下はその説明です。長文ですが、是非ご一読いただければと思います。

手芸の光景 (2)

こんにちは。私は岩手県在住の音楽療法士で、一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト代表の智田邦徳(ちだくにのり)といいます。東日本大震災の被災地となった三陸沿岸の人々を対象に、2011年から音楽による心と体のケアを行っております。活動を開始して今年で四年と数ヶ月、ほぼ毎週末、被災地へ通い続け、のべ1000人以上の人と共に音楽療法「歌と体操のサロン」でたくさんの歌を歌い、踊りを踊って笑顔で過ごしてきました。
 
しかし、音楽を通した楽しい時間は記憶に残りますが、形として手元に残りません。家やふるさとを津波によって失った皆さんに向けて、新たな体験の積み重ねの証を、形に残る写真集として配り、お届けしたいと考えるようになりました。
 
写真集という手元に残る思い出は、喪失体験によって傷ついた彼らにとって貴重な財産になり「心の復興」へと繋がります。「歌と体操のサロン」参加者やご家族、ご協力いただいた団体へまんべんなく写真集を配布するためには、制作費として610,000円必要です。皆さんのご支援をお願いいたします。
 
私は2011年3月11日に発生した東日本大震災の発生直後から、三陸沿岸で被災した方々の心と体をケアするため、音楽を活用した治療、音楽療法を続けてきました。震災一カ月後から数か月間は毎週末、避難所10か所をめぐって音楽に合わせた体操や発散を目的とした歌唱活動などを通して避難している人たちの健康維持に努めてきました。
 
その活動も今年で5年目です。活動当初は単独での活動でしたが、2013年には、被災地に近い人間が継続的に活動していく環境づくりの必要性を感じたため、同じ志を持った仲間たちと一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト、愛称「えころん」を設立しました。現在は彼らと共に、宮古、大槌、大船渡の3市町、38カ所の仮設住宅を定期的に回っています。
 
仮設住宅の巡回ボランティアを続けて4年数ヶ月が経過しましたが、被災者の皆さんと共に過ごす時間は得難い体験の連続です。仮設住宅の空き部屋や公民館にあつまって数人~多くて2、30人で実施します。一時間いっぱい何曲も続けて歌うこともありますが、日によっては歌わずに、参加した方の被災体験や津波前の街の様子に関する思い出話に耳を傾けるだけで終わることもあります。
 
訪問回数を重ねるごとに、参加者の皆さんが徐々に思いを話すようになったのは、我々との信頼関係が徐々に構築されてきたからではないかと感じています。中には津波による被災体験は三回目だ、という方もいました。「歌と体操のサロン」の活動を終えて帰り支度をしていると、皆さんから「また来てね」「(仮設の部屋では)声が出せないから、ここで大声で歌うことが出来てよかった」などの感想をいただきます。とても励まされます。
 
東日本大震災の発生以来、ほぼ毎週末被災地を巡回して仮設住宅などをで活動してきましたが、被災者自身のみならず、彼らを取り巻く行政や周囲の住民も仮設住宅を「仮の住まい」として捉えています。そして仮設に住む日々はあまり肯定的に捉えられていません。「いずれ出るのだから」とか「ここで死にたくはないから早く出たい」などの言葉も聞かれます。
 
しかし、仮設に住んだ数年間は彼らにとって「仮の時間」ではなく、実体を伴った大切な時間だったはずです。そして「仮設住宅」で暮らした数年間にも心からの笑顔や人々との出会い・ふれあいなどの素敵な瞬間の積み重ねがあった、という肯定的なメッセージを何かの機会に伝えたいと思っていました。
 
そんな事を考えていたところ、参加者に配布していたニュースに書かれている「今月の巡回予定」を見た方々から「他の仮設はどんな様子なの?ここ(自分の仮設)以外は行ったこと無いから‥」という感想をいただきました。試しに集会所のモニターで他の仮設の活動光景を上映したところ、思いがけず良い反応が得られました。自分たちだけではなく、同じ被災地で暮らす他の皆さんの姿にも、強く励まされるということを知りました。そこで音楽療法の時間中に見せてもらった皆さんの笑顔が満載の写真集を贈りたいと思いました。
 
東日本大震災の被災者は主に津波によって家を流され、思い出の品も故郷も全て喪失しました。音楽療法は音楽によって、被災した人々に新たな楽しい体験を積み重ねていただくのが目的ですが、残念ながら音楽と共に過ごした時間は形に残りません。写真集という手元に残る思い出は、喪失体験によって傷ついた彼らにとって貴重な財産になるのではないか、と思っています。
 
 
被災者と共にこれからも歩んでいくために、ご支援をお願いいたします!
 
我々、一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトが記録用に撮影したデジカメ画像を今年中に一冊の写真集にまとめて、これまで音楽療法に参加した仮設住民の皆さんに来年(2016年)中に無料配布をいたします。
 
カラーの画像を厚手の紙に印刷して製本するのは、編集や色校正、デザインなど大変お金がかかります。また、音楽療法の参加者やそのご家族、協力団体など皆さんにまんべんなく行き渡るための数を揃えるには、多額の印刷費がかかります。当法人は寄付金と助成のみで被災地支援を行っているため、製本費用として皆様からのご支援を賜りたいと思います。なにとぞよろしくお願い申し上げます!

↓   ↓   ↓   ↓

READYFOR

(クリックしてくださいね!)

10月 07

10月18日 介護・福祉事業従事者向けワークストレス講習会

2015年度岩手県福祉基金助成事業

一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト 主催

clip_image003

内 容 

東日本大震災の被災地となった地域で、被災者や高齢者、障がいを持った方々の援助を行う職場で業務を行っている方々へ向けた講習会です。震災発生から四年半が経過しましたが、徐々に心身の疲れが溜まり、業務のみならず日々の生活に支障を来している方も多い現状です。今回の講習会では広島大学からワークストレスの研究者である岩永誠教授をお迎えして、上手にストレスと付き合っていく方法などについてお話をいただきます。どなたでも無料でご参加いただけます!

日 時

2015年10月18日(日)13:30-15:00

場 所 

山田町コミュニティセンター 2階集会所

講 師

岩永誠 氏(広島大学大学院総合科学研究科教授)

参加費 

無料(事前申し込みが必要です)

申込先

〒020-0824 岩手県盛岡市東安庭1-8-1 一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト事務局

電話・FAX 019-656-7365 E-mail contacts@ekollon.jp

※10月16日(金)までに「お名前」「所属」「連絡先」を上記連絡先まで電子メールもしくはFAXにてお申し込み下さい