4月 11

手芸の材料をいただきました 3

またまた!法人宛に手芸材料を送っていただきました。本当にありがたいです!さっそくご紹介いたします。
静岡県 K.Mさんから
Imgp6904
届いた時の第一印象は
「箱、デカ!!」
でした。どれくらいデカかったかというと、これくらい大きな段ボール箱だったら占い師に洗脳された某女芸人が家財道具と一緒に運び出してもらって、家賃滞納していたマンションから脱出できるんじゃないかって思える位の大きさでした。
(例えがひどい)
中をあけて、二度びっくりです。たくさんの種類の布と、たくさんの型紙が入っていました。それもかなり高度なレベルの洋裁ものです。うわー、これはどこの仮設に持って行けばよいでしょうか。私も少しは洋裁勉強しておけば良かったです‥家にあるクライムキの教則本で勉強しようかしら。
周囲の詳しい方々に相談して、しかるべきところに配分していきたいと思います。こんなに沢山、しかも型紙までありがとうございました。素晴らしいご趣味をお持ちのお母様にも、どうぞよろしくお伝えください。今後もどうぞよろしくお願い致します。
東京都 H.Nさんから
Imgp6905
カラフル!そして素敵な模様!
フェルトまでありがとうございます。
入っていた袋、日暮里で私がいつも行くあそこでした。
頭文字Tの、愛想は売らないよ!っていうとこ。
(そして私がどっかの劇団員から衣装担当の人に間違えられた思い出の場所)
100円コーナー、いいですよね。探せば掘り出し物があって。でも、あそこの店員(そしてオヤジ)は‥ねえ。ねえ、っていきなり言われてもお困りでしょうが。まあ、安いから行きますけど。
帰りに「りんご」寄って心の洗濯してから帰るようにしてます。
(あと「on travering」が好き)
いつか日暮里でお会いするかもしれませんね!素敵な布を本当にありがとうございました。
引き続き、皆様からのご支援をお待ちしております。ちょっとでも余った手芸用品、材料、道具がありましたら、郵便局の350円パックでもいいので是非お願いします。送付先は当法人のホームページをご参照ください。

4月 01

手芸の材料をいただきました 2

さっそくご紹介いたします。
Imgp6829
東京都のN・Sさんから。
お手紙も入っていて
「吉田戦車先生のツイートで知りました」
とのこと。わー!著名な方にリツイートしていただくと、こんな反響があるんですね!
(確かにその日のアクセス数はいつもの10倍)
関さんはこの他、手芸の材料に使って下さい‥とお金もくださいました。さっそく、昨日のブログに書いた大槌町吉里吉里第二のS姐さんに刺し子の布を買ってお届けします!
Imgp6831
東京のN・Hさんから。
糸、毛糸、布がたくさん入ってました!眺めているだけで楽しくなってきますね、素敵!これはミシンを使った活動をしている仮設にお届けしようと思います。あ、毛糸はもしかしたら「さをり織り」に使えると聞いたので、西が丘か浄土ヶ浜か藤原三丁目に行くかもしれません。日程とタイミングで変更する場合もありますが、どうぞご了承ください。
Imgp6833
埼玉のR・Dさんから。
色とりどりのフェルトと‥あと、何だかキラキラと透ける綺麗な布が入ってました。これは何だか心踊る品物です。「ライジング!」に出てきたライラがまとって踊りを踊りそうです。
(かなり古い少女漫画の話題ですいません)
本当にありがとうございます、これを使って仮設のおばちゃん達が何をこさえるか、今から楽しみです。もしかしたら手芸に使わず、踊りに使うかもしれませんが。
それはそれで画期的。
本当に、本当にありがとうございます!!
必ず被災地にお届けして、皆さんにご報告しますね。
※ところで前回は皆さんお会いしたことのある人や知人の知人だったりして実名で記事に掲載しましたが、今回はネット上で送って下さった方々なのでイニシャル表記にしました。本当は実名で感謝の気持ちを書き綴りたいのですが‥いかがなものでしょうか?
いつもツイッターやFaceBookで応援してくださる皆さんも、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。

3月 25

仮設住宅に支援物資をお願いします

今まで多くの皆さんから、真心のこもった支援物資を送っていただきました。本当に有難うございました。これからもどうぞよろしくお願いします。現地ではボランティアや支援が目に見えて減ってきていますが、仮設に住む皆さんはまだまだ以前のような生活には戻れていません。これからさらに、全国からの支援が必要な時期にさしかかっています。
では今、何が必要とされているのか?というと
【手芸】
・はぎれ
・毛糸
・さをり織り用の糸
・マスコット用のパンヤと目玉
・エコクラフト
・フェルト布
【園芸】
・花の種や球根
→かすみ草、ひまわり、グラジオラス
・家庭菜園用のプランター
・園芸用の土
Imgp6691
この他、仮設住宅で被災者の皆さんが集まって行うには、こんな手芸活動がいいんじゃない?というご提案、そして現地まで足を運んで皆さんに技能伝達をして下さる方を募集します。岩手県盛岡までいらしていただければ、我々が被災地に行く時に一緒に車で移動することができます。
(日程や時間に関しては制約がありますが)
どうぞ、お気軽に我々「一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト」までお問い合わせください。

3月 19

手芸の材料をいただきました

かつてTwitterやFaceBookなどWeb上で
「仮設住宅の談話室に集まって手芸活動している被災者の皆さんに、支援物資として材料を送って下さい」
と呼びかけて数名の方が援助してくださった
吉田戦車さん&伊藤理佐さんの似顔絵サイン会in宮古市で募った義捐金で手芸材料を揃えた
九州臨床音楽療法学会からいただいたお金で日暮里まで買い出しツアーに出た
沢山の方から心温まるご支援をいただいてきましたが、先週どさっと!あちこちから現物を送っていただきましたよ。
Photo
秋田県の黒川匡子(株式会社ゼロニウム)さんから。
Photo_2
高知県の西原恵さんから。
Photo_3
兵庫県の松倉津也子さんから。
そして画像は掲載できませんが、兵庫県の吉田千寿さんからは女性用の白ソックスとレギンスを大量に送っていただきました。
皆様、本当にありがとうございます。
いただいた材料は私が責任もって現地にお届けいたします。どこの仮設でどんな手芸活動を行っているか、把握している範囲で的確に分配してまいります。
引き続き、もし家に材料が余っている、とか支援したいから、という方がいらっしゃいましたら以下の材料を送っていただけると助かります。
・フェルト
・毛糸
・ビーズ
・はぎれ
・刺繍糸
・ヘンプ
・エコクラフト
・その他(綿や糸など)
送付先はえころんホームページをご覧ください。
(申し訳ありませんが、発送にかかる料金はご負担ください)

3月 07

菅田文子先生からの支援物資

岐阜県大垣市にある大垣女子短期大学は、国内ではいち早く音楽療法の専門コースを設置して、多くの学生を育成してきました。ここで長年指導教官として学生を教えているのが、菅田文子先生です。私は彼女が岐阜県立音楽療法研究所の研究員時代に初めて知り合い、それからずっと仲良しのセラピストとしてお付き合いさせてもらってました。
東日本大震災の被災地で活動を開始した時も、いち早く
「良かったら使て~(関西弁)」
と、自身の著作を送ってくれました。
弾き語りキーボード・セッション-1 音楽療法の必須100曲 高齢者編
弾き語りキーボード・セッション-1 音楽療法の必須100曲 子ども編
弾き語りキーボード・セッション-1 音楽療法の必須100曲 おとな編
孤独な戦いに身をおいていた私は、この心遣いにとても救われました。
そして先月、日本音楽療法学会東北支部の講習会に講師としていらした際も
「何かできることあったら言って~(関西弁)」
と気遣ってくれて、何と今回は大学でいらなくなったから‥とたくさんの楽器を送ってくれました。
見て下さい!!
Imgp6406
どーーーん!!
Imgp6409
どどーーーーん!!
タンバリンが6個。
トライアングルが3個。
鍵盤ハーモニカが14台。
しかも、吹き口は新品です。
(わざわざ新規購入してくれました)
被災地も3年目の春を迎えようとしている昨今、歌唱活動から一歩進んだ何か目新しいことを‥と思っていた矢先に、とても素晴らしい贈り物をいただいて、感謝にたえません。これ使ってみんなで何しようか、今から楽しみでしょうがないです。
本当にありがとうございました!!菅田文子先生。
そして大垣女子短期大学の皆さん。
ご期待に沿えるよう頑張ります。