5月 01

「歌と体操のサロン」へのお誘い

ブログ「歌うどんぐり。」をご覧の皆様、いつもご愛読ありがとうございます。また、日頃より多くのご支援やご声援を賜り、心より御礼申し上げます。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地となった三陸沿岸の地を訪れ、音楽療法士として被災した人々の心と身体の健康を見守り、コミュニティの再生を支える活動を開始して6年が経過しました。致し方のないことですが、昨今はゆっくりと確実に震災の記憶は風化し、現地へと足を運ぶ支援者も減り続ける一方です。しかし、忘れ去られようとしている三陸には、未だに癒えない傷を負い暮らしを取り戻せずにいる人が少なからず存在しております。我々はこの事実をできるだけ多くの人に知って欲しいと思っています。

今、三陸はどれくらい復興が進んでいるのか。被災した人々の暮らしはどうなっているのか。当時と変わらずに心を寄せてくださっている皆様へ、一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト“えころん”から「歌と体操のサロン」へ一度ご参加くださるようお誘い申し上げます。そして三陸の人々との交流を通して、色んなことを感じていってほしいと願っています。

IMG_0897

1.いつ開催されるのか?

2017年度(4月から2018年3月まで)のうち、実施済の4月分を除いた年間スケジュールは以下の通りです。

2017年5月

7日(日)    am宮古市「清寿荘隣接」 pm宮古市「高浜」
14日(日)    am宮古市「鍬ヶ崎小」 pm宮古市「浄土ヶ浜第三駐車場」
20日(土)    am宮古市「愛宕小」 pm宮古市「中里」
21日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第二十」「吉里吉里第二」

2017年6月

4日(日)    am宮古市「なかよし公園」 pm宮古市「西ヶ丘」
17日(土)    am宮古市「グリーンピア田老グラウンド」 pm宮古市「鍬ヶ崎公民館」
18日(日)   am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第十七」「小鎚第四」
24日(土)    am宮古市「実田」 pm宮古市「児童相談所隣接」

2017年7月

2日(日)    am宮古市「清寿荘隣接」pm宮古市「高浜」
9日(日)    am宮古市「鍬ヶ崎小」 pm宮古市「浄土ヶ浜第三駐車場」
15日(土)    am宮古市「愛宕小」pm宮古市「中里」
16日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第五」「吉里吉里第二」

2017年8月

6日(日)    am宮古市「なかよし公園」 pm宮古市「西ヶ丘」
19日(土)    am宮古市「グリーンピア田老グラウンド」 pm宮古市「鍬ヶ崎公民館」
20日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第十七」「小鎚第四」   
27日(日)    am宮古市「実田」 pm宮古市「児童相談所隣接」

2017年9月

3日(日)    am宮古市「清寿荘隣接」 pm宮古市「高浜」
10日(日)    am宮古市「鍬ヶ崎小」 pm宮古市「浄土ヶ浜第三駐車場」
16日(土)    am宮古市「愛宕小」 pm宮古市「中里」
17日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第二十」「吉里吉里第二」

2017年10月

1日(日)    am宮古市「なかよし公園」 pm宮古市「西ヶ丘」
7日(土)    am宮古市「グリーンピア田老グラウンド」 pm宮古市「鍬ヶ崎公民館」
8日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第十七」「小鎚第四」   
15日(日)    am宮古市「実田」 pm宮古市「児童相談所隣接」

2017年11月

5日(日)    am宮古市「清寿荘隣接」 pm宮古市「高浜」
12日(日)    am宮古市「鍬ヶ崎小」 pm宮古市「浄土ヶ浜第三駐車場」
18日(土)    am宮古市「愛宕小」 pm宮古市「中里」
19日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第五」「吉里吉里第二」

2017年12月

3日(日)    am宮古市「なかよし公園」 pm宮古市「西ヶ丘」
10日(日)    am宮古市「実田」 pm宮古市「児童相談所隣接」
16日(土)    am宮古市「グリーンピア田老グラウンド」 pm宮古市「鍬ヶ崎公民館」
17日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第十七」「小鎚第四」

2018年1月

7日(日)    am宮古市「清寿荘隣接」 pm宮古市「高浜」
14日(日)    am宮古市「鍬ヶ崎小」 pm宮古市「浄土ヶ浜第三駐車場」
20日(土)    am宮古市「愛宕小」 pm宮古市「中里」
21日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第二十」「吉里吉里第二」

2018年2月

4日(日)    am宮古市「なかよし公園」 pm宮古市「西ヶ丘」
10日(土)    am宮古市「グリーンピア田老グラウンド」 pm宮古市「鍬ヶ崎公民館」
11日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第十七」「小鎚第四」  
18日(日)    am宮古市「実田」 pm宮古市「児童相談所隣接」

2018年3月

4日(日)    am宮古市「清寿荘隣接」 pm宮古市「高浜」
11日(日)    am宮古市「鍬ヶ崎小」 pm宮古市「浄土ヶ浜第三駐車場」
17日(土)    am宮古市「愛宕小」 pm宮古市「中里」
18日(日)    am大槌町「安渡第二」 pm大槌町「小鎚第五」「吉里吉里第二」

VWCY3769

2.現地まではどうやって行けばいいのか?

お一人様までなら、我々の車両に同乗していただき、現地までご案内することが出来ます。出発地点である盛岡市から現地までは無料送迎可能です。2人以上の場合は、レンタカーもしくは公共交通機関(JR線、路線バスなど)をご利用いただきます。

宮古市のみの日程では盛岡市を朝8時に出発、同日の夕方6時前には盛岡に到着します。遠方からいらしていただく場合は盛岡市に前泊(場合によってはもう一泊)していただく必要があります。

宮古市と大槌町を土日二日間で巡回する日程が月に一度あります。この場合は、宮古市、山田町、大槌町、釜石市のいずれかの宿泊施設に泊まります。ご希望があれば、こちらで宿泊予約の代行をいたします。

3.申込方法

当法人の事務局Eメールアドレス contactsアットマークekollon.jpまでお知らせ下さい。できるだけ、ご希望の日程一ヶ月前までにお知らせいただければ、円滑にご案内のプランを立てることが出来ます。参加費はもちろん無料です!

皆様のお越しを心からお待ち申しあげております!三陸の素敵な皆さんに、是非会いにいらしてください。

IMG_1634

10月 13

新聞掲載および講習会のお知らせ

先日、弟から

「新聞に載っていたらしいよ」

とLINEで画像が送られてきたのですが、掲載されていた新聞は弟嫁の実家がある京都のローカル新聞でした。あ、これ先日共同通信社の記者さんが撮影してくれた写真だ!と思って、遠い京都の皆さんに思いをはせておりましたら、今度は地元の岩手日報にも載りました。もしかしたら全国ネットワークなのね‥と感心していたら、今度は東京新聞にも載っていたと知人からメッセージが。

新聞記事2016.9.27_edited-1-1

ありがとうございます。取材して下さった若い女性の記者さんは、とても熱心で親身に話を聞いていただけたのですが、昼休みに車がエンストして午後の取材が中止になったのも良い思い出です。

そして、しつこく告知。2016年11月12日の土曜日12時から、大塚にある東邦音楽大学エクステンションセンターにて、私が担当する講座が開催されます。テーマは児童を対象とした音楽療法、なのですが、東日本大震災で被災した三陸で出会った子どもたちとのエピソードや実践例なども多く取り上げる予定です。ご都合のよろしい方、興味関心をお持ちの方は是非この機会にご参加ください。

東邦音楽大学エクステンション2016

受講申し込み、およびお問い合わせはこちらから!どうぞよろしくお願いいたします。

8月 24

桜楓カウンセリング研修会 2016/5/29

いつも御世話になっている桜楓カウンセリング研修会にお招き頂き、まる一日かけて参加者の皆さんに被災地での活動や、音楽療法についてのお話をさせていただきました。場所は日本女子大学の敷地内にある、桜楓会館の一室です。この日は当法人事務局の澤瀬(ブログではアシスタントなすちゃんでお馴染みですね)も同行いたしました。

IMGP2651

内容は下記の通りです。

1.東日本大震災についての説明と、被災地の歩み

2.「歌と体操のサロン」(体験)その1

(1)発声練習「上の句、下の句」「三陸の方言」

(2)簡単なリズムの叩き方「イパネマの娘」

(3)映画音楽の説明

3.好きなものは何?(ペアワーク)

皆さんにシール(様々な形や色、大きさのもの)と台紙(木、猫、人など)を配布して、二人一組になって質問(好きな動物、旅行先、本など)に答えたら、相手の台紙に好きなようにシールを貼ることができる。出来上がった作品を見て物語を作り出し、絵本の読み聞かせのように発表をするといった内容。

IMGP2666

4.「歌と体操のサロン」(体験)その2

(1)間違い探しクイズ(漢字)

(2)回想法(銀幕のスター、昭和の流行歌手など)

(3)日本レコード大賞の歴史を見ながら、曲のリクエスト

5.ドレミの成り立ち(虹の彼方に)

(1)クリシェ進行について

(2)コード進行について

6.風船わっしょい

最後に余ったシールをそれぞれ風船に貼り付けて、全員で布を持ち、おみこしのように飛ばす

IMGP2684

丸一日、あっという間に時間が過ぎていきました。私はずっと人前で音楽療法を話す際は、あまり準備せずに即興的に組み立てていくことが多かったのですが、以前から御世話になっている桜楓カウンセリング研修会の皆さんには、きちんと準備したものを用意して臨みたい‥と思い、かなり用意周到にしてでかけました。ちゃんと話そう!と気負ったせいで少々ちぐはぐなこともあり、何だか反省しきりです。

2011年からずっと継続している被災地での活動は、今でも現在進行形なので、なかなかまとめる時間が取れずに放置されがちでしたが、こうやって機会をいただいて人前で説明するために自分でまとめることが出来て、とても良かったです。各方面でご活躍中の皆さんの前でお話が出来て、大変光栄でした。戸田先生を始め、皆さまにあらためて心より感謝申し上げます。

5月 21

川崎市で仕事します! 2016/5/28

音楽療法

久しぶりに遠方からお声がかかりました、どなたでもご参加いただけるようなので是非わたしとアシスタントなすちゃんに会いにいらしてください。今回は児童向け音楽療法のワークショップです。

IMGP8430

今回、お声掛け下さったのは2013年に宮古市の仮設住宅まではるばるお越しくださって、一緒に布で作られたあゆでアートセラピーをしてくださった小林さんです。

IMGP8433

どうぞ、遊びにいらしてくださいね!

日 時

2016年5月28日(土)10:00-12:00

会 場

にこぷら新地 〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子2-6-47 東急田園都市線二子新地駅(西口)徒歩2分
参加費

1,000円(お子様連れ1,500円)

申し込み

 http://ssl.form-mailer.jp/fms/a5e0ed72431227
メールでのお申し込み info@dt08.org

主 催

大山街道アクションフォーラム1000匹の「あゆ」プロジェクト

共 催

NPO法人DT08
044-712-5440

4月 06

取引先の皆さまへ大事なお知らせ

一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト“えころん”代表理事の智田邦徳です。平素は大変お世話になっております。

前回のブログ記事にも書きましたが、当法人では新たに山崎尚子(日本音楽療法学会認定音楽療法士)を迎えて、新体制で2016年度の業務を行ってまいります。この件に関しての問い合せがありましたので、改めてこの場をお借りしてご説明とお願いを申し上げます。

当法人は非営利型の一般社団法人ですが、被災地支援以外の音楽療法業務は収益事業として位置づけております。自治体や施設、病院など外部からの音楽療法委託が主です。新年度からは法人事務局のある盛岡市から離れた場所での業務を山崎尚子がメインで行うことになりました。理由は下記の通りです。

(1)健康上の理由

私(智田)は2011年の東日本大震災発生から継続的して被災地支援の音楽療法「歌と体操のサロン」を毎週末行ってきましたが、通常の業務も休みなく行っていたため、昨年2015年に体調を崩しました。自己管理を怠っていた結果のていたらくなので大変お恥ずかしいのですが、同じペースで仕事をこなしていくのが困難な状況になりました。しばらくの間は無理をせずに仕事を山崎に託して行こうと思います。

(現在は体調も戻り、普通に生活しております。ご心配をおかけして申しわけありませんでした)

(2)経済的な理由

仕事を分担するために新たな社員を迎えたことで、アシスタントなすちゃんこと澤瀬と山崎尚子の二人分の給料を支払うことになりました。これまでは東日本大震災関連の助成金などで公益事業(被災地支援)の際の日当や交通費、宿泊費を充当することが出来ましたが、申請できる助成金が激減している昨今、収益事業から出た利益から捻出して公益事業を継続していかなければならない状況になっております。前回の記事にも書きましたが、年間で150万円ほど経費がかかり、今年度はこれがそのまま赤字に転じる見通しです。

私が音楽療法を行う際の日当の目安は3万円~(半日では1万5千円~)と設定しております。これは法人運営をする上でギリギリの線です。これまで取引の合った委託先から、予算削減で新年度は単価を下げてもらいたいというお話がありましたが、その場合は申し訳ありませんが上記の理由により私より単価が低い山崎尚子(日当1万5千円~、半日で1万円~)を派遣させていただきます。なにとぞご了承いただけますようお願い申し上げます。申し送りなどの都合で、今年度に限り澤瀬が補助につきますので、内容についてはご安心いただけると思います。

(3)音楽療法の普及

「他の音楽療法士ではなく、是非とも智田さんに来てもらいたいのですが」

という、大変ありがたいお言葉もいただきました。長いお付き合いの中で、深い信頼関係を築いていただけたことに心から感謝申し上げます。ただ、これは別の側面から見れば少々困ったことでもあります。他の音楽療法士の仕事内容にもきちんと同じように満足して、信頼していただけるような努力を私が怠ってきたせいかもしれません。山崎尚子は6年以上、私が間近でノウハウや技術、心構えを教えてきた愛弟子です。とても素晴らしいセッションをする感受性と才能の豊かな音楽療法士です。なるべく多くの場で、たくさんの皆さんに音楽療法を体験していただくためにも、どうぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

IMGP1972