10月 02

大船渡市「盛保育園」陸前高田市「すてっぷ」2016/9/29

午前10:00- 盛保育園

いつも同行するアシスタントなすちゃんが、なんと単独で二戸市の仕事へと行ったので(お弟子Yこと山崎が急病のため)、この日は自分で運転して一人でセッションをこなしました。前の晩、なすちゃん用に急ごしらえのマニュアル(台本ともいう)を作成して、あまり眠れなかった私は一日ずっと眠気と戦うはめになりましたが、何とか三つの仕事をやり遂げることが出来ましたよ‥安心。

というわけで、ひとつめの仕事は盛保育園のばら組さんたち!

IMG_8107

ずっとダンス音楽を流しながら、集団であっち走ったりこっち跳ねたりと、運動強度の高い時間となりました。受け持って2年目、子どもの成長は本当に思った以上のスピードで、以前では考えられないくらいに全員が自分なりの表現方法を持っていました。楽しそうに私のあれこれを触ろうとするところは相変わらずですが(鉄の防御)、一緒に遊ぶほかの子をおもんばかりながら、手を差し伸べる姿に心が熱くなりました。

IMG_8119

いやー、活動時間中のケンカや号泣がぐっと減りましたよ。すごいすごい。アシスタントなすちゃんの不在がとても不評だったので、次回は必ず連れてくるよ、と約束しました。すまなかった。

昼を挟んで午後一番の仕事はいきいき岩手県支援財団(岩手県高齢者総合支援センター)が主催する介護予防教室で、陸前高田市にお邪魔しました。

午後16:00- すてっぷ

そして最後の仕事は、陸前高田市にある児童施設すてっぷさん。元気の良い男の子が

「タンタン!!タンタンは!!」

と私の到着を見るやいなや、玄関から外へとすっ飛んできました。残念ながらタンタンはなすちゃんが二戸市へ連れて行ったので不在でしたが、よくタンタンの名前を憶えていてくれたね!と感激しました。その子はがっつりと職員さんに叱られておりましたが。

IMG_8158

みんなとはスティックを使って椅子を叩きました。一人ずつキーボードも担当!掛け声は

「バナナ、バナナ、トマト!(×3)おーいーしーいースパゲッティ!!(連打)」

でしたが、連打が強烈すぎて、大事な備品である椅子がボコボコになってしまいましたよ。とほほ。それからダンスをしたり、手遊びをしたり。元気が良すぎてはみだしてしまいがちですが、上手にダンスや歌に手中できたときは、本当にパワフルでこちらも元気をもらうことが出来ます。次回はタンタンも連れてきますね、またね。

8月 14

大船渡市「盛保育園」陸前高田市「すてっぷ」2016/7/21

午前10:00- 盛保育園

2016年度最初の訪問となった盛保育園、前年度に引き続き担当する子供たちは、しばらく見ないうちに大きく成長していました。最年長のばら組さんですからね、そりゃしっかりしますよ!

IMGP3072

見てください、このピシっとした姿勢。担任のO先生によるご指導のたまものですね。

IMGP3081

などと褒めているうちに、だんだんと見覚えのあるカオスな光景が‥同行したアシスタントなすちゃんが大好きなみんなは、早くなすちゃん(の大きなお腹)に抱きつきたくて、いてもたってもいられないようです。そんな子供たちに、この日はスティック二本を持ってもらいました。ペアで向い合って、お互いのスティックを指定したタイミングでヒットさせる‥という課題です。就学前なので、まずは簡単な四拍子のカウント1で。

IMGP3085

上手に出来たら合格です!合格すると舞台の上で他の子供の応援にまわります。

IMGP3086

「次、挑戦する人!」

「はいはい!!」

何度やっても上手くいかない子供もいますが、時間をかけて何度も何度も何度もめげずに取り組むのが大切ですね。何人かくやしくて泣いてしまいましたが、ちゃんと最後には達成できたのでえらい!運動会の練習でマーチングに取り組んだ子も、お神楽で和太鼓経験のある子も、まったく初めてだった子も、みんな合格しました。良かった、良かった。

次回は9月にお邪魔しますね。それまでみんな元気で。

午後16:00- すてっぷ

ぽっかりと空き時間が出来たので、なすちゃんと二人で黒崎峡温泉に行き、命の洗濯をしました。どこかの高齢者デイサービス団体と一緒だったので、お昼ごはんを食べた食堂は満杯でしたが、名物の生ウニ丼を食べることが出来て大満足です。

IMGP3125

すてっぷにお邪魔するのも数カ月ぶりですが、元気な男の子が増えてる!お馴染みの子が到着した瞬間、飛びついてきて

「タンタンは?タンタンは?」

と聞かれたので、表につないであるのを指差すと、うおおお!と雄叫びをあげながら突進していきました。無言で後ずさるタンタン‥でもおすわりしながら子供たちの相手をつとめていて、偉い。ありがとう。

IMGP3127

すてっぷの男の子たちともスティックでリズム打ちを行いました。力加減が難しい様子で、向かい合った職員さんの手を時折打ち付けちゃったのか

「痛い!」

という声が聞こえてきました‥すいません。でも、慣れてくるとさすが太鼓の達人世代、とても上手に正確なリズムで打つことができましたよ。

5月 20

陸前高田市「米崎公民館」「長部公民館」「すてっぷ」2016/5/19

久々に陸前高田市での活動を取り上げます。いきいき岩手支援財団からの依頼で、陸前高田市社会福祉協議会と共催の「お茶っこ」イベントにお邪魔してきました。仮設住宅住民と近隣住民を対象とした、介護予防一次事業の一環で、定期的に開催されているこのお茶っこは、各地の公民館などで保健師さんの血圧測定と健康相談などの後に我々が音楽療法を実施しております。法人としては収益事業の位置づけなので、これまであまりブログでは取り上げなかったのですが、震災から五年以上が経過し、全国の皆さんに今の被災地の状況を出来るだけお伝えしようと思って、今年度から細かく記事にしようと思っております。

午前10:30- 米崎公民館

米崎地区はりんごの名産地でもあり、また海にほど近い場所なので、美味しいものがたくさんあるところです。何度かおじゃましているので、我々が和室に入った途端

「あ、あの太ったお兄さん見たことある」

と言われました。さすがのインパクト、アシスタントなすちゃん。掴みはばっちりですね。

IMGP2493

財団の貴田さんがまず最初に介護予防についての講義を行い、続けて我々の出番です。この日は食べ物のスライドや古い銀幕のスターのスライドから始めました。画像を見て、その名称を口に出して言うのが主な狙いです。歌う前の声出しにはぴったりです。

IMGP2497

「イパネマの娘」に合わせて机をボサノバ調に叩いたり、ズンドコ節に合わせて体を動かしたり、歌ばかりではなく身体運動とリズム感を養う活動も取り入れました。割りと簡単な動きなのですが、集中して行うと結構な発汗作用があります。

終了後はみなさんと一緒にお茶を飲みながら、よもやま話をしました。どこから来たの?と聞かれて盛岡市からです、と答えたら

「ああ、放火殺人が全国ニュースになったわよね」

と言われ‥物騒な話題でしたが、みなさんニュース番組を良くご覧になっているのが分かりました。

午後13:30- 長部公民館

お昼ごはんはここで食べよう、と目論んでいたお店があったのですが、なんと定休日!仕方がないのでコンビニエンスストアでおにぎりを買って済ませました。午後は気仙町にある長部地区です。ここは陸前高田市で一番多く訪問している場所なので、車が到着した途端

「おにいさーーーん!!」

と窓からなすちゃんに向かって手を振る女性陣の姿が!大人気!

IMGP2517

もちろんタンタンも大人気でした。日差しが強く気温が高かったので、木陰につなぎました。

IMGP2516

お魚のスライド、懐メロ歌手のスライドなど御覧頂いてから、たくさん歌を歌いました。

IMGP2511

ここでもダンスをしました。あんなに太い体なのに、柔らかく動けるのねえ、と感心されたなすちゃん。実は頑張りすぎて汗だくになり、急遽イオンで着替えのシャツを仕入れたばかりなんですよ‥そろそろ、そういう時期なんですね。

そういえばお茶の時のお菓子が無くなっていましたが、経費削減なのかなーと思いつつ。今度、我々で用意しようかなと考えております。

夕方16:00- すてっぷ

事業所の名称が変わり、スタッフの入れ替わりのあった「すてっぷ」に久々にお邪魔しました。ずっと一緒に楽しんできた利用者の男子も、春から中学校に進学して、すてっぷから卒業したと聞かされました。元気に音楽を楽しんでいるかなーと思い出しつつ、新規のメンバーと初対面を果たし、その更なるパワーに圧倒されてきました。

IMGP2529

「応援歌練習か!」

とスタッフさんが声を荒げるほど、すごい声でがなりたてる男子たち。元気が良いのはいいのですが、テンションが上がり過ぎると手が出てしまうのが困りますね。喧嘩しないようにね!

IMGP2525

スライドを使った活動では、わざわざ前に出て指差しをする子もいたのですが、君が前にいるとみんなスクリーン見えないから!おひかえなすって!

IMGP2532

「今度はいつ来るの?」

と帰り際に言われましたが、すてっぷさんへの訪問が今年度から不定期になりそうなので即答できませんでした。うーん、出来るだけたくさん来ますよ!また遊びましょうね。

3月 11

大船渡市「盛保育園」「沢川」陸前高田市「さぽーとはうす・すてっぷ」2016/3/11

東日本大震災から五年目の節目、我々は通常通りのスケジュールで気仙地区へと向かいました。3月11日だから‥とか、そういうことはあまり意識せずに、いつもの様に楽しく元気な活動を行いました。年長さんを送り出した盛保育園では、あと数日で進級という子どもたちと久々に会いましたが‥果たして成長しているのでしょうか。

IMGP1812

IKEAで購入した両手のあるハートクッションを使って、アシスタントなすちゃんとの追いかけっこを楽しむ子どもたち。なによりも、なすちゃんの来訪を楽しみにしているのだそうです。羨ましい!

IMGP1828

私(智田)はすぐ怒るので、ちょっとだけ怖い存在のようです。でもすぐに気を取り直して、大騒ぎの子どもたちにはいつまでたっても敵いません。子どもは最強ですね。

IMGP1824

今回は3つのチームに分かれて、メンバーが持っている宝物(音の出る玩具)を賭けてのクイズ大会を行いました。誰が回答者として前に出るのか?誰がメンバーを選出するのか?一度も出ていない子はどうやって前に出てくるのか?宝物を賭けで失った子は?子どもたちにとっては、様々な難関や課題が投げかけられましたが、メンバー間での話し合いで乗り越えてくるようになりました。成長、してるね!

活動の最後には、担任O先生がお別れ会で疲労したAKBの今のアレを使った余興を、子どもたちと共に披露してくれました。何だか、ジーンときましたよ。追い打ちをかけるように、みんなから

「一年間、ありがとうございました」

と似顔絵の色紙をいただきました。涙ナミダ‥感激です。

お昼ごはんを屋台村の寿司屋で済ませてから、被災地アルバムのお届けを挟んで、沢川仮設へ。この仮設は盛小学校の校庭に建設されたので、今年6月には残りの20世帯が別の場所を移転する形で、解消されます。我々の訪問も、それをもって終了となる見通しですが、何だか寂しいですね。そして、今回我々はあちこちの仮設談話室でみかけたポスターの方と初対面を果たしました。それは

IMGP1853

大阪の歌姫、奥野ひかるさんです!わー、本物だ!奥野さんは、わざわざ大阪から車で被災地にいらして、大船渡市をはじめとしたあちこちの自治体で、仮設住民を前に何百回もライブを行っている方です。すごく明るくて気さくな女性でした!タンタンも可愛がってもらって、嬉しそう。

IMGP1840

いずれ近いうちにこの集会所も無くなると言われて、私もちょっと悲しくなりました。でも住民の皆さんは、新たな場所へ希望を持って旅立たれるので、祝福しなければいけませんね!おめでとうございます。

IMGP1846

仮設が撤去された後、皆さんがどこでこういう集まりを持つのかは、まだ定まっていないようです。災害復興住宅に備えられたホールは、誰が使用しても有料‥ということなので、先行きはまだ不安定のようです。

IMGP1854

いつもタンタンを散歩してくださる自治会長さんも、どこに引っ越すのかはまだわからないとおっしゃってました。転居した後も、また散歩してくださいね!(byタンタン)

そして陸前高田市へと移動。途中の道で2時46分を迎えて、しばし黙祷しました。工事中の作業員さんも、頭上で黙祷なさっていたのが印象的でした。それにしても、あちこち道が混んでる!記念式典で被災地はどこもかしこも人ひとヒト!の波だったんです。案の定、帰り道もすごい行列でした。

IMGP1860

4時からはさぽーとはうす・すてっぷのセッション。最初に鍵盤ハーモニカで即興のジャムセッションを行った後に、自分で書いたカード(5文字、7文字)をトランプのようにお互いシャッフルしながら、俳句を作る活動を行いました。ものすごい名作が量産されて、面白かったです!

2月 01

東日本大震災被災地域の医療・福祉従事者向け音楽療法セミナーin陸前高田市 2016/1/31

岩手県福祉基金の助成による被災地セミナーも、この日で6回目となりました。陸前高田市での開催は菅田文子さんに続いて2回目です。今回は国立音楽大学の阪上正巳先生、そして当法人の顧問でもある神戸大学大学院の岡崎香奈先生のお二人による、非常に内容の濃い講習会となりました。

ちなみにお二人はご夫婦です☆

IMGP0977

午前中は阪上先生によるストレスケアについてのお話を中心にご講義いただきました。被災地で医療や福祉の現場に従事する皆さんもまた、大変なストレスの中でお仕事をなさっています。ご自身のケアも含めて、これから震災五年目を迎える時期に、どんな支援の形が必要なのか。認知症やメンタルヘルスの説明もからめて、非常にわかりやすくご説明いただきました。

IMGP0968

私(智田)も仮設住宅や住民の自主グループなどで、介護予防の活動を行っているので、多くのヒントと学びを得た一時間半となりました。

IMGP0971

昼休みを一時間はさんで、午後は岡崎先生による音楽療法のお話。まず冒頭に、岡崎先生の美麗なピアノ伴奏で、会場にいる全員でぐるぐると歩きました。ところどころでリズムやテンポが変化し、自然とステップや姿勢、スピードをコントロールしているのが、自分でもわかりました。音楽が変われば、言葉によらなくても人の動きはそれに合わせていく。そんな導入から、徐々に音楽のもつ生理的作用のお話につながりました。

IMGP0995

彼女がアメリカにいた頃の貴重なセッションVTRの紹介、ノードフロビンス音楽療法センターでの実例動画も流れて、実際に世界の音楽療法がどういったものなのかを目の当たりにする貴著な機会となりました。

IMGP0974

使用している音楽は、音楽療法士による自作のプレイソングと、即興でした。その素晴らしい演奏、綺麗な和声、最低限の声がけ、アイコンタクト、一瞬足りとも見逃すことの出来ない場面の連続。今回は参加者がとても少なかったのですが、その分個々が受け取る情報量の濃さはこれまでに無いものでした。

IMGP1002

理事の三井さん、お手伝い下さった田村さん、瀬川さん、そしてご参加くださった皆さん。大変お疲れ様でした、とても実りの多い一日になりましたね。

そして講師のお二人には心から感謝申し上げます。どうぞまた、岩手にいらして下さい!