3月 09

社会福祉法人かがやき会「3.11.―想いをつなぐ―」 2014/3/8

東京在住の音楽療法士、竹下はるみ先生のお誘いで参加してきました。昨年から法人職員、新宿区在住の皆さんが中心となって、東日本大震災の被災地となった福島県などへの支援活動報告、音楽会、被災地の物資販売などを中心としたイベントを開催。今年は私が岩手での活動についてお話をさせていただく時間を作っていただきました。
003
落合にある就労センター「街」は、私もサイコドラマの増野肇先生と一緒の仕事で何度かおじゃましていました。1階のスワンベーカリーにあるグランドピアノでは、演奏ボランティアの皆さんが素敵なクラシックとオリジナル曲を披露なさっていました。
002
壁には私が送付した法人トートバッグと三陸言葉絵本、そして大槌町吉里吉里仮設のS姉さんが作ったミサンガも展示。
ほんの十数分のお話でしたが、会場の皆さんには今の三陸の状況をお伝えできてとても良かったと思います。
三重県からは同じ音楽療法士仲間の吉田豊先生も駆けつけて、ギターの弾き語りと愉快なトークで場を盛り上げていらっしゃいました。
3時間におよぶイベントでは、私にとって重要なヒントとなるいくつかの出逢いと気付きをもらいました。竹下はるみ先生、ありがとうございました。そして!ブログを見てわざわざ来てくださったケイさん、本当にびっくりしましたがとても嬉しかったです!お会いできて良かった!

3月 08

本日開催!「3.11―想いをつなぐ―」

音楽療法士の竹下はるみ先生がお声掛けくださって、本日私は東京都新宿区にある就労センター「街」で開催されるイベント「3.11―想いをつなぐ―」で東日本大震災の被災地での活動をお話させていただきます。
これから出発なのです~焦!!
お近くの方は是非、いらしてくださいね。
主催 社会福祉法人かがやき会
日時 3月8日 土曜日 13:00-16:00
場所 就労センター「街」 スワンベーカリー&カフェ
    東京都新宿区中落合1丁目6番21号
    03-3952-9975
内容 支援活動者のお話(智田はここでお話をさせていただきます)
    コンサート
    前回の義援金の使用報告
    被災地の作業所グッズ・パンと飲み販売 等
17

2月 26

東京と奈良でお仕事します

私が東日本大震災の被災地で継続的に音楽療法による支援を行っていることを、たくさんの仲間や恩師たちがいろんなかたちで応援してくれています。一番ありがたいのが、被災地のことを忘れないために、という主旨で私の話を聞きたいから来て!と声をかけてくれることです。
3月と4月にいくつか私がお話をさせていただく機会に恵まれました。お近くの方は是非、逢いに来てくださいね。
「3.11―想いをつなぐ―」
主催 社会福祉法人かがやき会
日時 3月8日 土曜日 13:00-16:00
場所 就労センター「街」 スワンベーカリー&カフェ
    東京都新宿区中落合1丁目6番21号
    03-3952-9975
内容 支援活動者のお話(智田はここでお話をさせていただきます)
    コンサート
    前回の義援金の使用報告
    被災地の作業所グッズ・パンと飲み販売 等
(竹下はるみ先生よりお声掛けいただきました、ありがとうございます)
被災地での音楽療法の中から見えてきたもの
~音楽の不思議な力をどうつかいますか?~
主催 臨床音楽研究室ルート・メイト              
共催 奈良ドレミ研究会
日時 4月12日(土)10:00~16:00
場所 奈良県社会福祉総合センター
    奈良県橿原市大久保町320番11 5F大会議室
    0744-29-0111
 近鉄畝傍御陵前駅 東出口から北東へ徒歩約3分
内容 09:30 受付
    10:00-12:00 音楽の機能と治療構造 松井 紀和
   …… 昼食休憩 ……                   
    13:00-16:00
    被災地での音楽療法の実践     智田 邦徳
    話題提供 手話で歌ってみましょう  高橋 浩(奈良ドレミ研究会)
    16:00- 音楽療法実践ワークショップ 松井 紀和
会費  4000円  (3/5まで早期割引 3000円) 昼食は各自ご準備ください。
定員  50名 (先着順とさせていただきます)
締切  3月31日
問い合せ先
ルート・メイト事務局
〒651-1304 神戸市北区京地2-13-7  
Fax.(078)951-5532
E-mail rootmate@iris.eonet.ne.jp
音楽療法とサイコドラマ
主催 増野肇(日本ルーテル学院大学名誉教授)
日時 4月16日 水曜日 10:00-16:00
場所 就労センター「街」3階
内容 サイコドラマと音楽療法のワークショップ
会費 5000円
問い合わせ先
mashino-hajimeアットマークnifty.com
(アットマークを@に変えてください)
005

11月 10

東邦音楽大学エクステンションセンター 2013/11/9

東邦音楽大学新大塚校舎にあるエクステンションセンターで、児童を対象とした音楽療法についての講義を担当しました。もう何年になるんでしょうか‥年に一度の新大塚、今年も旧友・平田紀子さんがお手伝いに来てくださって、3時間半の長丁場を何とかつとめることが出来ました。
お集まりいただいた受講生の皆さんはピアノの先生、リトミック講師、臨床心理士など様々なお仕事をされていて、日常的に子供と接している方々でした。パワーポイントなどをプロジェクターで皆さんにお見せしながらの授業だったので、パソコンのメモ帳を使って「話しつつ書く」方式で進めました。ちょこっと、そのメモを掲載しますね。
幼児教室のプログラム(例)
1.導入部分
→着席した状態で、一人ひとりの名前を呼ぶ活動、
指示をして手をたたく活動を歌にのせる 曲)KASUMI
2.楽器演奏(いちごやバナナのシェーカーなど)
(1)幼児の前に楽器を全て並べる
(2)一人ひとり、順番に名前を呼ばれたらそこから選び取る
(3)一人いっこの約束
(4)全員分おわったら、今度はお母さんのぶんをとってきてあげる
→この日は「おもちゃのチャチャチャ」を使用
他にどんな曲がふさわしいか?(受講生に質問)
「きらきらぼし」「山の音楽家」「幸せなら手をたたこう」
「手をたたきましょう」「双頭の鷲」「威風堂々」
「ミッキーマウスマーチ」「トルコ行進曲」
(5)友達と楽器をとりかえっこをしてみる
3.楽器演奏Ⅱ(卓上ベル)
「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」「シ」「ド」の音階でどんな演奏が出来るのか?
(1)単旋律
・メロディをそのまま再現・裏でカウンターメロディ
・オスティナートやオルゲンプンクト
・クリシェ進行
(2)和声
・Ⅰ(ドミソ)トニック
 Ⅴ(ソシレ)ドミナント  
 Ⅳ(ファラド)サブドミナント 
みっつの音で三和音
※伴奏する際はあまり和声進行を忙しく動かさない
→インスタントサクセス
 子供にとって到達しやすい課題を設定し
 子供が達成感を得やすくする
ドミ だけでトニック(主和音)の雰囲気
→ルート音(根音)のド 長三度のミを乗せる
ドソでは?
ド(根音)と属音(ソ) 完全五度の関係性
長和音なのか短和音なのかがぼやかせるメリットがある
(受講生からバグパイプっぽいとの声あり)
ふたつのベルでの和音表現だと、三和音以外にも様々な
機能の和声を使用することができる
4.ゲーム
音楽療法は音の刺激(聴覚)だが、他の刺激
(視覚、触覚など)も取り入れる
視覚→色、フォルム、動き
触覚→温度、質感、人肌、圧力、風圧
嗅覚→花の匂い、臭いにおいも?
前庭感覚→毛布ブランコ、バランスボール、トランポリン、ブランコ
毛布ブランコではどんな楽曲が良いか?(受講生に質問)
「ゆらゆらゆれて、おそらもゆれて‥」童謡「ブランコ」
「ロンリムリムロンリムリム」湯山昭「山の幼稚園」
「まわれトロイカ」みんなのうた
指示理解を得る活動 曲)ヒコーキ
5.終結
(1)ふりかえり
  →自分の活動、周囲の様子をもう一度繰り返して思い出す
   (シェアリング)
(2)非日常空間の終結を印象づける
 
TEACCH(自閉症児のためのプログラムで使用するカード)の使用例について

10月 16

吉祥寺のイベント、終了しました! 2013/10/11-12

東京、暑かった!10月なのに!
そしていつも自動車での移動だから、荷物を持ち歩いて都内動きまわるのが大変でした‥でも、吉祥寺おもちゃ図書館の皆さんがキーボードをわざわざご用意くださったり、駅の近くに宿泊所を予約してくださったので、助かりました。
一日目
夕方からのセッションは、小学校近くの民家で行いました。ここはレンタルスペースなんでしょうか?とても古くて、でも手入れのされている素敵な空間でしたよ。
0004
近隣の親子が7組、参加してくれました!
とても楽しい1時間となりました。
終了後、第二部として東日本大震災の被災地となった三陸沿岸の今について、関心をいだいてわざわざ足を運んでくださった皆様と語らいました。こうやって、遠くにいても被災地のことを忘れずに思ってくださっている方がいて嬉しかったです。
二日目
武蔵野市福祉センターで午前中に開催しました。
Imgp0044
障がいをお持ちのお子さん、青年たちが参加してくれました。
何より、関連領域の仕事をしている皆さんや、団体の皆さん、音楽療法に興味関心のある方の見学・参加もあって、私もいっそう張り切ってセッションしましたよ。集中が途切れそうになりながらも、最後まで頑張ってくれた子はとても偉かった!
また会えるといいな、と思います。
今回、めったにない機会をくださった吉祥寺おもちゃ図書館の藤井さん、藤田さん、西野さん。本当にありがとうございました。今度は皆さんで岩手にいらしてくださいね!素敵な出逢いをいただいて心から感謝です。