音楽を使って日々を生き生きと暮らす

という演題で講演してきました。お招き下さったのは、盛岡短期大学の同窓会「成美会」の皆さんです。

IMGP2924

講演会の前にお集まりの皆さんと集合写真を撮影しましょう!と言われて、会場へのこのこついていったところ、最前列のどまんなかに椅子を用意していただいて…びっくり&大恐縮です。講師でほうぼう行く先々で、かなりの確率でこういう場面に遭遇しがちなのですが、いつまでたっても慣れません…。あと「先生」と呼ばれるのも全く慣れません…(弱音)。

人が老後をその人らしく、いつまでも生きがいを持って暮らし続けるために、音楽の力がどんな役に立つのか?について、様々なスライドを用いてお話をしましたが、今までで一番大きなリアクション&笑い声で、こちらが圧倒されました。皆さんなら絶対、老後大丈夫だと思います(太鼓判)。

This entry was posted in 内陸 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す