宮古市「津軽石公営」「高浜地区活動センター」2018/11/4

午前10:30- 津軽石公営

気持ちよく晴れ渡った11月の三陸の空を見ながら大槌町の民宿を出発、宮古市を目指します。南に位置する津軽石が午前中の場所だったので、少し足を延ばして以前通っていた藤畑仮設のあった跡地へ行ってみました。すっかり仮設住宅が解体されて、広場になった跡地には枯れ葉が一面に積もってました。何事も無かったかのような風景に少々胸が痛みました。

さて、津軽石公営の集会所に到着したのですが、いつもなら早めに待機してくださっているあの方この方の姿がさっぱり見えず‥アシスタントなすちゃんが荷物を出し入れしているところに、偶然通りかかった住民の方に

「え!今日は歌の日だったのですか?全然知りませんでした」

と言われました。あらららら。その方が急いで各部屋へ知らせて回って下さったので、時間は押しましたがいつも通りサロンを開くことが出来ました。

IMG_4875

津軽石川の鮭祭り動画を観ながら、ここ数年の不漁について話が及びました。昔はこの付近でも鯨が取れたんだよ、祠にはご神体が祀ってあって、津波で一度流れたけど奇跡的に戻ってきたんだよ‥というお話を聞きました。後からいらした初参加の男性が、昔はマグロ漁船に乗って働いていて、行ったことのない港は南極と北極くらいだ!とおっしゃっていたのが豪快で面白かったです。

「メキシコ湾が一番マグロが大きかった、何故なら産卵場所だからね」

というトリビアも聞くことができました。興味深い!

IMG_4876

新作あてふり「好きになった人」はここでも大好評でした!いつもよりも時間が短かったのですが、笑い声に包まれたサロンとなりました。皆さん、ありがとうございました。

午後13:30- 高浜地区活動センター

準備のため少々早めに会場へと到着したのですが、既に何名かの方が入り口あたりで談笑しているのが見えました。紫煙をくゆらせてにっこりと微笑みかけるカッコいい女性にしびれる私。渋い!

IMG_4893

お世話役のSさんが久々にお孫さん(女の子)を連れてきてくれました。彼女は仮設時代、何度も遊びに来てはタンタンを可愛がってくれました。一年以上ぶりの再会でしたが、お姉さんになったなあとしみじみ思いました。でも天真爛漫な明るい笑顔はそのままでした。

IMG_4900

そして!珍しく男性の参加者がお一人いらしたのも驚きでした。いつも発音練習で使うシルバー川柳が、女性目線のものばかりなので、男性にしてみたら肩身の狭いネタが多かったので少々申し訳なかったです。

IMG_4906

アシスタントなすちゃんのあてふりとパタカラ体操も好評でした。脳トレとして行った懐メロ歌手画像の名前あてクイズは、最強の回答者がお一人いらしたので全問正解の素晴らしさ。大人数で盛り上がった高浜のサロンは盛況のうちに終わりました。皆さん、ありがとうございました。

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す