宮古市「実田」「高浜地区活動センター」2018/7/15

午前10:30- 実田

2011年11月26日以来、通い続けてきた宮古市実田仮設。ちょうど訪問30回目の節目となったこの日が、いよいよサロン最終回となりました。すでに敷地内の半分は更地になって、残りの建物もほぼ空き家となっていた実田仮設。春になれば桜の花が咲き、とても目の保養になりました。最後なので、いつもより多くの皆さんが集まってくださったのが、とてもうれしかったです。

IMG_4044

内容は岩手県内の昭和ニュース映像、脳トレそして発音練習などを経て懐メロ歌唱。男性参加者も複数名いらしたので、三橋美智也や春日八郎などを選曲したところ

「俺の青春だね」

と言っていただけました。

IMG_7627

あっという間の一時間、最後はお名残り惜しかったのですが記念撮影などをしてみました。こうやってまたお会いできる日は来るのでしょうか?同窓会のようにまた集まってみたいものです。今まで本当にありがとうございました。どうぞお元気で!

午後13:30- 高浜地区活動センター

午後は高浜です。仮設の閉鎖から割とすぐに、こちらの活動センターで皆さんと再会できました。新たにお会いした方々も多く、とても理想的な継続サロンとなっております。

IMG_4060

炎天下、ご自宅から徒歩でセンターまでいらした皆さんは汗だく!ご苦労をおかけしました。窓から入る涼しい風が気持ち良い!あと、若者が運転する暴走バイクの騒音もついでに入ってきました。

IMG_4068

実はこの日、高校野球の岩手県大会でちょうど宮古市の高校が試合をしていて、我々のサロンの間は皆さんも気をもみながら

「勝ったべか、負けたべか」

と言いつつ体操などしていただいたのですが、結果は残念ながら‥ゴニョゴニョ。もしかしたら皆さんがずっと中継を見ていたらパワーで勝てたのかしら?なんて。でも、本当に夏に負けず皆さんすごい元気で驚きました。最後はお兄さんの踊りと共に、全身をくまなく動かして終了。

次回は涼しい時期の‥はず。ぜひまた元気にお会いしたいですね!

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す