大槌町「安渡第二」「吉里吉里中」「吉里吉里第二」2018/1/21

午前10:30- 安渡第二

この日の朝、我々は過去最大の難関に挑むことになりました。というのも、先月で安渡第二の仮設住宅を大挙して災害公営住宅へと転居した90代の女性Tさんの住所を聞き忘れ、送迎したくても出来ないのをどう打破しようか‥と悩んでいたのです。こうなったら、安渡の街中をうろうろして、知っている人がいたら聞き出すしかあるまい!ということで早めに宿を出て現地へ到着したのですが。

あっさりと、サロン常連のEさんが自転車を押しているところを発見。良かった‥しかし好事魔多し、Eさんのネイティブな発音および代名詞の迷宮ともいえる説明の難解さに再び迷子になってしまったのでした。結局、見かねたEさんが後戻りをして道案内をしてくださり、無事にTさんちに到着。良かった‥(2回目)。

IMG_2589

数か月ぶりにお会いするMさん、そして先月お休みだったSさんも二か月ぶりに息子さん送迎者でご参加くださいました。話はここ最近の安渡地区、大槌町のトピックを中心に満開の花が咲きました。

IMG_2591

新しく作成した戦前~平成初期までの流行歌や童謡唱歌、民謡などを網羅した曲リストをお渡しして、この中からリクエストを募ろうと思ったのですが、やはり印字の細かさにクレームが。結局、いつも通りEさんを中心に慣れた曲をたくさん歌って、いつも通りのサロンとなりました。

帰り道、今度はスムーズにTさんちへお届けすることができましたが、Tさんちのお隣はちょうどお引越し作業の真っ最中でした。どんな方が越してきたのかな?気になります。

13:00- 吉里吉里中

お昼ご飯を食べて、急いで吉里吉里中仮設へと向かいました。ここは2か月前、数年ぶりに訪問したのですが多くの方に足を運んでいただくことが出来ました。今回はどうかな?と思っていたら、やはりたくさんお集まりいただいて一安心!!

IMG_2594

新規の参加者もいて、嬉しいです!はりきって歌も踊りも頑張りました。

IMG_2598

もうここの仮設団地にお住まいの方は殆どいらっしゃらないので、集まった皆さんは近隣の新居や公営住宅からいらした方です。こうやって何年も暮らした仮設の集会所に集まって、まるで同窓会のようだねえとお話をしていました。バラバラになった元の仲間が、元気な顔を見せあってお互いの幸せを確認する大事な場を任せていただいているのだなあ、と気が引き締まる思いです。

15:00- 吉里吉里第二

さて、S姉さんのいる吉里吉里第二。我々より一足早く集会所で暖房をつけて、レイアウトをしっかりと作ってくださってました。

IMG_2607

ここも、前回と同様に新たなお客さんがいました。一人は常連Cさんのお友達で、こないだ新しくできたばかりの吉里吉里セブンイレブン開店直後に店でバッタリお会いした時に一緒だった方です。とても笑い上戸で、アシスタントなすちゃんの一挙手一投足がツボだったようです。もうお一人は、サロン開始前にS姉さんがうちのタンタンを散歩している時に、たまたま行き会った方が興味を持って足を運んで下さいました。歌がとても好きな方で、ずっと大きな美声で歌ってくださいました。

IMG_2548

終了間際には、お子さん連れの方も様子を見に入ってきて、ほんの数分ですがお話をすることができました。宮古市ではどんどん仮設が解体されてサロンの終わりが近づいてきているのですが、大槌町では逆に新規の方との出会いがあって、何だか不思議なめぐりあわせを感じます。

This entry was posted in 大槌町 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す