宮古市「清寿荘」「高浜」2017/9/3

午前10:30- 清寿荘

清寿荘隣接仮設で開催しているサロンは、既に公営住宅などに転居した方が3名、赤前仮設から集約で移った方が1名、そして居住している親子‥というメンバーだったのですが、このうち親子が先日はれてお引越しされたとのこと。めでたいのですが、あの賑やかな子たちが

「タンタンと遊びたい!」

と駆け寄ってきて、帰りもどこまでも手を振って追いかけてくるあの光景が懐かしくて少々切なくなりましたよ。でも幸せに暮らしているといいな、と思います。そして大変なことが!リーダーのOさんが足腰が弱くなって部屋の中の移動しかできない状態だと参加者の方から聞かされました。早く良くなりますように!

IMG_1235

アシスタントなすちゃんによるQ-Renボディメンテナンス骨盤体操を実施しました。おひとりは90歳を超えているので、椅子に座ったままでなければ参加できない状態だったのですが、ハムストリングスを伸ばしたりセルフマッサージをするぶんには大丈夫だったようです。

IMG_1239

背中が汗だくのなすちゃん。皆さん、骨盤を前後にコロコロと転がす体操に四苦八苦でしたが、終わったあとは足がとても楽になったと嬉しい感想を言って下さいました。わざわざタクシーで駆けつけて下さったお二人には心から感謝です。

IMG_1231

子供たちがいなくなって寂しげなタンタン。

午後13:30- 高浜

お昼ご飯は前から気になっていた異人館という喫茶店で食べました。なかなか個性的な雰囲気のお店だったので、また機会があれば行ってみたいと思います。

IMG_1240

高浜の皆さんも、それぞれのお住まいから歩いて参加してくださいました。活動開始前には二か月ご無沙汰していた間の出来事や、昔話などを‥。

IMG_1251

ここでもなすちゃんによる実技指導を。私が驚くのは、この年代の女性は本当に股関節が柔らかくて開脚が私など比べ物にならないくらい広げることができるのですね。そしてなすちゃんも、どんどん軟体動物になってきました。いつか180度開脚できるようになるのでは‥?

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す