宮古市「鍬ケ崎小」「浄土ヶ浜」2017/7/17

午前10:30- 鍬ケ崎小

釜石市のホテルに一泊した我々は、片道1時間半弱の三陸ドライブを楽しみ、宮古市へと到着しました。前の晩は美味しい魚介類につい酒が進んで、再び飲みすぎてしまったのですが、三連休の最終日はさらに気合を入れて臨みました。

IMG_6521

というわけで、鍬ケ崎小学校隣接仮設です。皆様にはすっかりお馴染みのアシスタントなすちゃん(お兄さん)ですが、6年間通ってきて初めて!最初から最後までセッションをリードしてもらいました。内容はと言うと、山形で習ってきたJWI(旧AFAA JAPAN)オリジナルプログラムであるQ-RENボディメンテナンス骨盤体操です。ここ何回か仮設で実施してますが、とても評判良いです。

IMG_6525

上の画像は最後にロングブレスを全員で行って、自律神経を整えている場面です。だんだんとなすちゃんの指導も堂に入ってきました。年齢層が高いため、関節可動域が狭かったり、疼痛のある方がいたりと実施できないポーズもありましたが、皆さん頑張ってくださいました。

午後13:30- 浄土ヶ浜

真夏の海辺でタンタンの散歩をしながら昼食を済ませ、午後は浄土ヶ浜第三駐車場仮設です。いつもは住民さん、もしくは転居後の元住民さんの自家用車しかとまっていないのですが、三連休とあって県外ナンバーの車がみっしり駐車してありました。何かイベントかな?と思ったのですが、聞いてみたところ別に何もなかったそうです。

IMG_6533

談話室に入った時、ちょうど上の画像のマスコット「サーモンくんとみやこちゃん」を作成中だったのですが、我々の来訪と共に急いで片付けてくれてました。すいませーん。

IMG_6534

よもやま話をしながら、ここでもなすちゃんリードでQ-RENを実施。鍬ケ崎よりも年齢層が若かったので、こういった難易度の高いポーズもできました!一時間みっちり取り組んだ後は、皆さん全身が汗だくになりましたが、とても晴れ晴れとした表情でした。

またお願いね!と言っていただいたので、なすちゃんよろしくね!!教えてくださったルミルミ隊長、チカチカ先生、ありがとうございました。

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す