宮古市「実田」「清寿荘」2017/1/29

午前10:30- 実田

極寒の盛岡市をタンタンと歩き回った土曜日で、今年50歳になる私はすっかり神経痛が出てしまい、宮古市の仮設住宅に到着したあたりはヨイヨイのヨボヨボだったのですが、開始時間が近づくにつれて大勢の皆さんが集まってくるにつれて元気が出てきました!お調子者で良かった!

IMGP5112

実田仮設に暮らしていた方々の他にも、きれまちにいた方などもご参加下さいました。そして、はじめましての方も‥常連メンバーさんがお誘いくださったようです!嬉しい!

IMGP5116

部屋の中は寒かったのですが、こたつ布団をシェアしたり、ホットドリンク飲みながら大笑いしていたら、だんだんとポカポカしてきました。大昔のハリウッド映画ダイジェストを見て、日本の大女優のスライドで名前あてクイズをしたりと、楽しい一時間でした。

午後13:30- 清寿荘

お昼ごはんは山田町豊間根のスーパー「びはん」敷地内にある蕎麦屋で美味しいめかぶ蕎麦をいただいてから、午後の清寿荘隣接仮設へと向かいました。昼時間、談話室で準備をしていたら、見慣れない初老の男性がトイレを借りにいらっしゃいました。済んだ後も、ずっと駐車場の車の中にいたようですが、もしかしたら談話室にご用事でもあったのでしょうか。

IMGP5134

ここでも、やはりはじめましての方がご参加下さいました。清寿荘隣接仮設にお住まいだった皆さんが転居した災害公営住宅で、お世話係をなさっているWさんです。とても楽しんでくださったようで、アシスタントなすちゃんの踊りにも大きな拍手を下さいました。

IMGP5128

そして!赤前仮設(昨年10月に閉鎖)にいらしたSさんという93歳の方が、ここに引っ越していらしたとのことで、皆さんがお迎えに行ってくださいました。Sさん、数日前から我々の到着を心待ちにしていてくださったとのこと、本当にありがたい言葉です。大好きな木曽節を歌って、みんなで盛り上がりました。

This entry was posted in 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す