台風10号による被害

2016年8月30日夕方、非常に大きな台風10号が初めて太平洋ルートから岩手県に上陸し、三陸沿岸にある複数の自治体に甚大な被害をもたらしました。被災された皆さま、亡くなられた方々とご遺族・関係者の皆さまに心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。一日も早い復旧をお祈りしております。

現在、国道をはじめとする重要な道路があちこちで土砂災害のため不通・交通規制となっております。我々が毎週末訪問している宮古市へも、国道106号線が旧川井村夏屋~宮古市蟇目の間で不通となっており、今週末に予定している仮設巡回が可能なのかどうか、現在の時点ではわかりません。ただ、仮設住宅でいつもサロンに参加してくださっている皆さんへ今日当法人の職員である澤瀬(アシスタントなすちゃん)と山崎(お弟子Y)が電話をかけてみましたが(全員ご無事でした!良かった)可能であれば皆であつまってサロン実施を心待ちにしている、とのお言葉をいただきました。我々が五年以上継続してきた活動が、皆さんにとってそういう存在になれたのだなあと非常にありがたく、こんな時に不謹慎ですが嬉しく思いました。

私(智田)の知人が働いている宮古市内の飲食店は、浸水のため店舗が泥だらけになり、しばらくは営業が出来ない状況のようです。また、岩泉町では道路が分断され集落ごと孤立している場所もあるようです。これほどまでに酷い土砂災害になるとは、誰が予測できたでしょうか。2011年の東日本大震災から少しずつ復興に向けて歩み始めた沿岸地域で、再び甚大な被害となり、現地の方々の落胆と疲弊は想像を絶します。

これから災害ボランティアの募集や支援物資などの具体的な告知があちこちでされると思いますので、どうぞ全国の皆さんからご支援いただければと思います。

IMG_7460

This entry was posted in 三陸, 宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す