みすず広場

先日、えころん音楽教室を開催した午後に会場まで訪ねて来てくれたお客様が数組いました。その中にはこれから岩手県紫波町で団体として活動を開始しようというお母さんが含まれていました。
彼女が立ちあげた団体は「みすず広場」といいます。
ホームページには下記のような文章が掲載されています。
発達障がいのある子供とそのご家族の心をサポートする場所でありたいと願って、「みすず広場」を作りました。お子様の成長の遅さが気になっている。子育てになんとなく不安を感じている。そんな悩みを持つみなさんが一緒に集まって、お話をするための広場です。お互いにアドバイスをもらったり、役に立つさまざまな情報を交換したり、時には必要な支援に繋げたり。当事者として同じ悩みを持つ方々とお話をする中で、少しでもみなさんのお役に立てればと思っています。発達障がいの人も自立した常識ある生活を送るのが当たり前の社会になりますように。そしてそれぞれの家族が笑顔になりますように。
私(智田)の年子の妹は、生まれながらに脳性まひという障害を背負っていました。父と母は妹が成長してからも大丈夫なように、と自ら施設を作り、親として子供の一生を守っていこうとしました。私自身は子供を持たない人生を選びましたが、子を持つ親の気持ちに添えるようにと一生懸命努力して、障がい児の音楽療法を豊かで明るい時間にするためつとめてまいりました。
子供は親を選べませんが、親も子供の人生を全てコントロール出来ません。しかし愛によって子供を守る環境を作ることは出来ます。「みすず広場」を立ち上げた方の気持ちとエネルギーは尊く素晴らしいものです。私は心から応援したいと思っています。
来月、初めてのイベントが開催されるとのことです。
発達障害当事者家族の為の「みすず広場」開催します!
5/11㈯AM10:00~12:00紫波町総合福祉センター2階和室にて。おもちゃ、絵本、飲み物、お菓子準備します。気軽にお話ししにきませんか?子供連れ、ご家族のみどちらもOK!
興味を持たれた方は是非、Twitterで@misuzu_hirobaさんを検索してみてください。そして足を運んでみてくださいね。

This entry was posted in 紫波町 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す