陸前高田市「さぽーとはうす・すてっぷ」2015/1/29

元気いっぱいの小学生男子が集う「すてっぷ」に1月もおじゃましてきました。直前まで長部コミュニティセンターにいたので、空いた時間に美味しい洋菓子屋さんで母への土産のラスクなどを買い込んでいたのですが、そこから陸前高田市役所をぐるっと回ると、あら不思議!すてっぷにたどり着きました。いつもはローソンのところ曲がって坂をおりていくのですが…こういう道順もあるんですね。ってローカルネタですいません。

IMGP5317

おじさんは元気な子どもが大好きなので、ここに来るのがとても楽しみです。元気が良すぎて、おじさんの大きなお尻にゲソパンする子もいるのですが、大人なので平気です。カンチョーされても諸事情で平気。

(なんだ諸事情って)

画像は、みんなで間違い探しクイズをしている場面です。あまりこの活動が好きじゃない子もいるのですが、そんな子には楽器を渡してBGMを担当してもらいました。役割分担、大事ですね。

IMGP5318

全員に(やや)均等な数だけハンドベルを配付して、どの音とどの音が良いハーモニーなのかを実験で探してもらったのですが、これまたハマらない子もいて、すぐにわたしの弾いているカシオトーンへ飛びついてきました。ボタンで音やリズムが変わるので、うってつけのおもちゃですね。壊れても気にしません。なぜなら楽器は消耗品だからです。その瞬間に子どもが発揮する発想力や想像力のほうが大事です。

(勿論ものを大事にする教えも大事ですよ!壊れても良いというのはあくまで結果論です)

徐々にみんな、わたしという存在に慣れてきてくれたのか、リクエストしてくる音楽もマニアックなものが増えてきました。勉強不足をいたく反省しました、練習してきますね!また3月に!

This entry was posted in 陸前高田市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す