大船渡市「沢川」2014/11/28

2013年6月、有名な漫画家の西原理恵子さんがご自身のブログで被災地支援のための物資(手芸用品や文房具、日常雑貨など)を募集する記事を掲載してくださり、未曽有の量が我が家に届いて早1年半が経過。和室ふたつぶん段ボール箱に占拠される生活もいよいよ終わりを告げようとしています。あと10個の段ボール箱を残すだけですよー長かったー。

というわけで、毎回ちょっとずつ(という量ではありませんでしたが)布を運んでは喜んでいただいていたここ沢川仮設にお届けするのも今回が最後になりました。すっかり手芸活動も軌道に乗って、数々の作品を見せていただきましたが、どれも見事なものです。あ、物資は最後ですが音楽療法は続きますよ。

IMGP4722

タンタンは到着してすぐ自治会長に散歩連れてってもらいました‥毎回、高価なおやつまでありがとうございます。すっかり祖父と孫状態。

久々にご参加いただいた方もいて、お渡しした「三陸ことば絵本」を片手に大船渡市の昔ばなしに花が咲きました。

This entry was posted in 大船渡市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す