精神ボランティア交流会「宮古」「水沢」「久慈」

一昨年、昨年と引き続き、三陸を中心に現地の精神障がい当事者さんと施設関係者、そして精神ボランティアの皆さんと一緒に音楽を楽しむ交流会が開催されました。規模縮小?なのか、今年は絵巻の先生やエコバック作成などはありませんでした。

一日目 宮古市

IMGP4408

ものすごーく横長の会場だったので、端っこの方はスライド見られるのかしら…と心配だったのですが、大丈夫だったようです。実はこの会場、私が音楽療法士になってすぐに宮古市に毎月来て障がい児のセッションをした想い出の場所です。まだ20世紀でしたが、あの時のみんな元気かなー。いつも仮設のセッションでお世話になっている傾聴ボランティアさんもたくさん参加してくださいました。

二日目 奥州市水沢区

IMGP4419

水沢でお仕事するの、初めてだったような気がしますが定かではありません…江刺と胆沢ではレギュラーで通っていたんですが。とてもフレンドリーな皆さんで、あたたかい会になりました。

三日目 久慈

IMGP4492

おなじみの合同庁舎です。久慈でも宮古と一緒で20世紀に毎月泊まりがけで障がい児セッションを行っておりましたが、その頃の担当コーディネーターさん2代目と3代目が来てくれました!これはびっくり。お二人共、おかわりなく…。私は会いしな、お腹を触られましたが。

三回とも、全く別の活動になりました。というのも、やはりその場に立って皆さんの顔を見てからでないと活動内容を決められないからです。同じメンバーでも、日によって体調や気分が違いますからね。当たり前のことだと思います。

交流会、なので皆さんが一緒にできる活動と、交われる活動を織り込みました。

This entry was posted in 三陸, 内陸, 宮古市(川井) by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す