2013年2月11日

あと一ヶ月で、東日本大震災からまる二年が経とうとしています。
早いですね。私は早いなーと思います。
感じ方は人それぞれでしょうけど。
東日本大震災(さんてんいちいち、と言う人も多いですが、私は個人的にその記号的な言い方に未だ馴染めないのでこう言います)を境に人生が激変したのは被災地の人達ばかりではありません。私もそうです。どう激変したのかは今、懸命に言語化している最中です。そしてさらに行動に移していくと思います。
さて、震災前は私は何をしていたでしょう。
自分の日記を読み返してみると、まるまるひつじ音楽会(という個人的コンサート)の準備をしている最中でした。「ふれあいランド岩手」のホールで行ったコンサートですが、実はこれ2回目でした。もっと以前に「プラザおでって」ホールで、同級生のピアニストや以前ブログで紹介した高山くんと演奏会したのです。
音楽療法士の仕事をしていますが、音楽家として恥ずかしくないくらいの演奏をしていなければ、という意識は常に持っています。なかなか練習は出来ないのですが、たまにこうやって人前で演奏する機会を自分で作るように心掛けています。
というわけで、二年前のまるまるひつじ音楽会から、動画をご紹介いたします。良かったらおひまな時にでも見てやってください。私の演奏。
干支の唄
大きくなったら
ちょんまげダーリン

コメントを残す