被災地グルメガイド3

久しぶりに、被災地支援の時に出会った美味しい食事の数々をご紹介したいと思います。
大槌町小槌わらびっこ商店街の立ち食いそば
ええと、店名を聞くの忘れました。
実はこの日、仮設の方からお電話いただいて
「良かったらお昼ご一緒しましょう、いつもより早くいらしてね」
と誘っていただいたのですが、電話の主はいつまでたってもあらわれず。大雪だったせいもあると思いますが。で、仮設団地に隣接するプレハブ商店街で見つけた立ち食いそば屋さんに入ってみました。
Pap_0015
大雪のふった翌日でした。
Pap_0013
立ち食いそばなのに、椅子がある!
Pap_0014
メニューを見ると驚きの安さ。
Pap_0011
天麩羅そば350円と焼きおにぎり110円を食べました。
ご馳走様でした。
大槌町小槌 まごころ弁当
小槌に向かう途中、割とマストのそばにあった弁当やさんです。たくさんのボランティアさん、建設業の方でごった返していました。我々は寒空の中、店の前にあったベンチで食べましたが、同じような人が多かったです。みんな、弁当を食べ終わった後には食べ足りなかったのか、コロッケを注文してましたよ。いろんな種類がありました。
あちこちに宅配もしているみたいです。
Pap_0036
(肝心の弁当は撮影する前に食べてしまいました)
大槌町はマストでご飯食べることが多かったのですが、まだまだ知られざる名店がありそうですね。どこかお勧めのお店がありましたら、教えてください!

This entry was posted in 食べ物の話 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す