宮古市「高浜」「鍬ヶ崎」 2012/4/28

午前 10:30-11:30 高浜
Imgp0212
入室すると、カリタスジャパンの皆さんがいらっしゃいました。
(お茶のサロン)
お一人、ご年配のシスターがいらして
「わ、本物だ!」
とついテンション高くなってしましました。
私にとってシスター=シスターグレー‥っておぼえている同年代の方どれくらいいますかね。私「キャンディキャンディ」の登場人物、未だにフルネームでおぼえています。
(テリュース・G・グランチェスターとかパトリシア・オブライエンとかアリステア・コーンウェルとか)
話がそれましたが、この日は9曲歌いました。
いつもの太目小学生男子と、その女子友達が一緒にいて、やはり活動後はキーボードを弾きにきました。好きねえ。
午後 13:30-14:30 鍬ヶ崎
この日、鍬ヶ崎には青空高く鯉のぼりが泳いでいました。津波で失われた町に、気高く雄々しく揚々とたなびく鯉のぼりの姿は、何だか胸に強く訴えるものがありました。
Imgp0226
数名のボランティアさん、社協職員さんを交えて楽しく10曲ほど歌い、そして踊りました。かつて宮古で一番活気のあった町、鍬ヶ崎に昔から暮らしていた皆さんからは、毎回面白い昔話を聴くことができます。聞いているうちにまるで自分もそこにいたかのような、生き生きとした錯覚をおぼえるのです。
思い出を共有できる時間って、いいですね。
Imgp0260
終了後は小山田の高齢者デイサービスセンターに移動して、利用者さんと沢山歌を歌いました。そして聞いたばかりの鍬ヶ崎の話をしました。

This entry was posted in 過去・宮古市 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す