山田町「大沢ふるさとセンター」 2013/1/15

降り積もる雪‥開始時間が10時‥。
我々が盛岡を出発時間を早朝6時半にしたのも、むべなるかな‥ですね。ですねって誰に言ってんだか。
盛岡~川井~新里~宮古~山田と移動している間、みっつの事故を見ちゃいました☆テヘ!
(テヘじゃねえよ)
もう、道路つるんつるんで、大変でしたが運転のなすちゃんが頑張ってくれました。ありがとう!本当にありがとう!お礼言うだけならタダ!
とゆー訳にもいかないので、10時開始の随分前に到着して、この頃仮設店舗からちゃんとした店舗になった大沢ローソンで温かいおまんじゅうを食べつつ運転の労をねぎらいました。
大沢は思い出の地。
特に、このふるさとセンター。
2011年6月11日、避難所だったこの場所にお邪魔したことがあるんです。敷地内にある庭から船越湾が一望できるのですが、海辺の殆どが津波に破壊された光景でした。今もそのままです。
そんな大沢、今日は大雪でこんな光景。
Imgp5766
こんなに真っ白な山田町、初めて見た!
つか、この坂道を送迎バスが良くのぼれましたね‥と運転手さんに言ったら、照れたように笑ってました。
Imgp5799
地域包括支援センターの依頼でお邪魔したこの日の仕事ですが、こんなにたくさんお集まりいただきました。わーい!そして、前回も会った4歳の子供とも再会できて、嬉しかったです。子供いるとテンションあがるううう!
Imgp5758
可愛かった‥。
(反芻)
帰り際、女性お二人から
「実はね」
と声をかけられ
「何ですか」
と聞くと
「前、先生(私のことです)はここが避難所だった時にいらしたでしょう?おぼえてますよ、私たちもいたんですここに」
と言っていただきました。
もう一年半以上も昔の、辛かった時期のことを思い出していただいて、本当に感激しました。
この仕事していた良かったと、心から思いました。
また来ます!

This entry was posted in 山田町 by K.Chida. Bookmark the permalink.

About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました

コメントを残す