9月 30

岩泉町「中島」「中里」2018/9/24

午前10:00- 中島

7月以来の訪問となった中島公民館。相変わらず床はボコボコしておりましたが、お集まりいただいた皆さんはとても元気元気!我々の到着を椅子に座って待ち構えてました。気合が入ります。

IMG_4577

やはり一番記憶に残っているのはアシスタントなすちゃんの軽妙なダンスだったようで、なすちゃんが前に出てきただけで拍手が起こったのは面白かったです。それと

「前より太った」

というツッコミも。どうなんですか、と本人に問いただしたところ言葉を濁していたので慧眼ですね。スライドを使って誤嚥予防の説明とマッサージの訓練を行い、発音練習をしました。そして、ここでも安家弁の資料を読み上げながら、地区ではどう表現するのか、なんて発音するのか、について懇切丁寧に皆さんからご指導いただきました。

IMG_4573

壁際の机に何でもノート、という帳面があったので私もメッセージを書き込んだのですが、一昨年前の台風被害からずっとボランティアに通い続けている方の激励メッセージなどがあり、とてもありがたく感じました。窓の外ではちょうど稲刈り作業の真っ最中で、その合間を縫って集まってきた皆さんとの出会いもまたありがたかったです。

午後13:30- 中里

公民館に到着すると、大勢の若者の姿が。聞けば、地元大学の学生さんがこの地域の伝統芸能である踊りを毎年習いに来て、ここで合宿しているのだそうです。そういえば、部屋には濃厚な汁物の残り香が。タンタンをブランコの支柱につないだら、女子学生さん数名が

「かわいー」

と言って寄ってきたので、おやつをあげてくださいと託してきました。

IMG_4579

お世話役の方(?)を中心にあちこち声掛けをしていただいて、お孫さん含めて9名の参加者でした。お孫さんは前回の男の子の弟さんかな?と勝手に推測しましたが、どうでしょう。クイズ大会でも、積極的に大声で答えてくれて、とても可愛かったです。

IMG_4581

長期記憶の賦活を目的とした回想法スライドを多めに使いましたが、長い仮設生活のせいで、それまでのご自宅での暮らしと違う動き方、過ごし方が原因で軽度認知障害を患う方も多くみられました。有酸素運動による脳内の血流増加と、認知トレーニングでどんどん活性化できたらと思います。

9月 27

岩泉町「滝の上」「中野」2018/9/23

午前10:30- 滝の上

二度目となる岩泉町滝の上仮設は、岩泉町の入り口となる小川地区にあります。盛岡から入って最初にある道の駅「三田貝分校」から割とすぐの場所ですが、集落の中心部を流れる川が氾濫した爪痕が二年経過した今でもそのまま残っていて、非常に胸が痛みます。役場支所で当直の方から集会所の鍵を借りて、現場へと向かいました。名前が示す通り、一段高くなった丘の上にある仮設です。

IMG_4535

最初に足を運んで下さった方は、前回のサロン終了後すぐに部屋から岩泉町ヨーグルトを持ってきて、我々にふるまってくださった方です。他にも次々といらして、総勢4名のご参加となりました。前回のサロンのことを皆さんとてもよく憶えていてくださって、心待ちにしていたと言われました。嬉しいです!

IMG_4544

個人的に興味を持ってここ数か月、ずっと岩泉町の方言や風習などを調べていたのですが、入手できたのは一番山奥の安家という場所の方言だけだったので、小川ではどういう言い回しになるのでしょう?と皆さんに問いかけながら、活動を始めました。一番盛り上がったのは

「しらみぽうろぎ」

という言葉です。これは貧乏ゆすりを指す単語なのですが、戦後に子供も大人もシラミにたかられてDDTを振りかけられた!という思い出話から始まり、ホイド(何と表現したら良いでしょう‥ホームレスというか物乞いする人のことです)の話題まで、多岐に広がりました。その後、懐メロ(女性歌手)をいくつか歌ったあと、アシスタントなすちゃんがあてふりを披露して拍手喝さいを受けました。

そして‥またもや同じ方からチーズケーキとおまんじゅうを差し入れしていただきました。何でも、妹さんが手作りしたものだそうです。ありがたや!

午後13:30- 中野

岩泉町駅からほど近い、龍ちゃんドームという体育館脇にある中野仮設に到着すると、保健師さんが我々を待っていてくださいました。ここぞとばかりに、仮設住民の方々の健康状態や支援のことなどを教えていただきました。キリスト教会のボランティアさん、カリタスさん、その他に岩泉町で最近設立されたNPOや他の地域のボランティア団体など、多種多様な支援が岩泉町にも入って活動しているそうです。

IMG_4545

時間過ぎ、お一人が部屋にいらっしゃいました。前回もたくさんお話をした方です。生まれも育ちも岩泉町というこの女性からは、昭和20年にあった不思議な出来事を教えてもらいました。

「終戦前の暑い時期だから、多分昭和20年8月のはじめだと思う。自宅の目の前にあった畑で夕方暗くなるまで仕事をしていた私は、少し離れた丘から赤い火の玉のようなものが近づいてくるのが見えました。それは花火のようでもあり、風船のようなものでもあり、でもあたりが昼間のように明るくなるほどの光を放っていました。やがて火の玉は畑の真ん中に落ちてしまいました。一緒に作業をしていた近所の人たちは、川の中にいたのですが、やはり同じように昼間のようだったと言いました。あれは一体何だったのか、誰も知っている人はいませんでしたが、今考えると戦争で亡くなった方の魂がふるさとへ帰って来たんじゃないかと思います」

聞き終わった頃、もう一人の参加者が入室。この話はこれ以上は聞けませんでした。私もとても不思議だなあと思いつつ、活動を開始しました。

IMG_4548

ここでは童謡唱歌(テーマ秋)を多く歌いました。特に「里の秋」は山奥にある岩泉町のイメージにぴったりなので、私も伴奏していてとても感情が入りました。歌詞の3番で、南洋戦線に出兵していたお父さんが船に乗って復員してくる下りがあり、先ほどのエピソードも相まって、非常に味わい深い歌となりました。

9月 12

宮古市「本町公営」「近内公営」2018/9/9

午前10:30- 本町公営

割と強めの雨が降る中、盛岡市から宮古市へと移動。アシスタントなすちゃんからは

「今日、卒業論文の取材のため、首都圏の音大から一人学生さんがサロンの見学に来ると連絡が入っていました。よろしく」

と言われていました。午前中の公営住宅駐車場でしばし待っていると、大学生らしき女性とそのお母様がお二人でいらっしゃいました。彼女の担当教官は私がいつもお世話になっている大先輩です。開始までの間、これまでの概要などさらっと説明してから参加者の皆さんをお迎えしました。この公営住宅にはあちこちの仮設でご一緒していた方が入居なさっているのですが、何とも懐かしい方がお一人、久しぶりに(6年ぶりくらい?)ひょっこりと顔を出してくださいました。個人的にこの方はとても思い出に残っていて、と言うのも彼女は仮設でのサロンの最中に

「私は以前住んでいた場所が海に近かったせいで、津波の記憶がとても恐ろしいものなのです。今でも海辺に近い道は一切通りたくありません」

とおっしゃっていたのです。再会を喜びながら、このエピソードがとても印象深いことをお伝えすると

「今でもやはり海辺近くは恐ろしいですね」

とおっしゃいました。それを聞いていた隣の女性(いつも明るく踊りの上手な方)も

「私も宮城県で北島三郎のリサイタルへ行く時、坂の上から海が見えただけでめまいがしたわ!」

と相槌を打っていました。2011年の震災津波からだいぶ年月が経過していますが、被災した方は今でも心に深い傷を残したままなのだと、あらためて気づかされました。

IMG_4309

このやりとりの後は、歌と体操(足のセルフマッサージ、ペアトリートメント含め)楽しく笑いの絶えない一時間の活動(特になすちゃんのダンス「瀬戸の花嫁」が近来まれにみる大爆笑)となりました。終了後は参加者のお一人と私が大学生さんのインタビューを受けて、午後の会場へと移動しました。

IMG_4317

午後13:30- 近内公営

近内公営には西が丘仮設の方、なかよし公園仮設の元住民の皆様が多く集まりました。特に、これまで交通手段が無くて参加できなかった数名も、何とタクシー乗り合わせで駆けつけて下さったので、椅子が足りなくなるほど部屋いっぱいになり、感激しました。管理人の男性も、鍵を開ける作業が終わったあともそのまま残ってくださって、初参加でした。

IMG_4325

こちらのサロンでは何と!紅白の旗揚げを行いました。昔懐かしい♪赤上げて、白上げて‥という漫談のアレではなく、ダンス音楽に合わせて左右をバラバラに動かす脳トレを兼ねた運動です。フィットネスっぽくやったつもりなのですが、予想外に旗の布がどんどん巻き付いていくので一苦労でした。

IMG_4341

その他、画像を見てその人の名前を答える記憶力クイズや、早口言葉などに取り組んでいただきました。やはりクライマックスはここでもアシスタントなすちゃんの渾身の踊り!!定番「アンコ椿は恋の花」で頑張ってもらいましたよ。

IMG_4345

久々に集まった懐かしいメンバーでのサロンだったので、とても盛り上がりました。雨の中、遠路はるばるお越し下さった方々へ心より感謝申し上げます。またお会いしましょう!

9月 11

大槌町「安渡第二」「吉里吉里中」「吉里吉里第二」2018/9/8

午前10:30- 安渡第二

ここ数か月ほど、安渡第二仮設へ向かう前に元住民で現在は公営住宅に独居している97歳の女性Tさんを迎えに行っているのですが、何度か連続で多忙を理由に参加を断られていました。新しい生活のサイクルが出来て、我々のサロン参加が難しくなっていたのかな?と呑気に考えていたのですが、この日は私が直接女性とお話をして、実は私の過失が理由で拒絶していたのだと判明したのです。

春先、地域の公民館で伝統芸能を楽しむ会が催されて、歌と体操のサロン終了後に我々と参加者みんなこぞって移動し、観る機会がありました。Tさんはサロンまで我々の車で移動したので、帰りももちろん送り届けるつもりでしたが、私がTさんと会話を交わしたときに何故か帰りは自分で何とかするから、と言われたような気になっていたのです。しかし、Tさん本人としては我々がイベント終了後に彼女を置き去りにして勝手にいなくなってしまい、すごく苦労して自宅までタクシーで戻らざるを得なかったのだと、切々と訴えてきたのです。

今となっては真相がどうだったのか、というのは関係ありません。こちらの対応が間違ったせいで、Tさんはとても傷ついたという事実だけがあります。平謝りをして、これからもどうかサロンに参加してほしいという気持ちをお伝えしたところ、重い腰を上げて安渡第二までご一緒していただけることになりました。毎月のサロンでずっと楽しく参加していただいていたTさんに、いつの間にか甘えのような、なれ合いのような惰性があったのだなあと、とても考えさせられました。

IMG_4263

大槌町社会福祉協議会の支援員さんがこの日もサロンに同席してくださり、元住民の皆さん総勢6名と一時間ほど歌と体操(アシスタントなすちゃん担当)を楽しみました。お一人は一年以上ぶりにお会いした方なので、とても懐かしかったです。お元気そうで良かった!

IMG_4276

最後、壁に貼られていたイベント写真を参加者のお一人がはさみで切り分けて、写っている方へ手渡していたのですが、サロンに参加していない方へはどう渡そう‥と思案していたので、私がTさんを送り届けるついでに近隣に住む方へ直接届けますよ!と預かりました。そして個別に訪問して手渡したのですが、皆勤賞なのに今日に限っていらっしゃらなかったEさんとお会いして

「今日がサロンだったって、知らなかった!残念!」

と言われました。あらら、すいません‥どうにかして開催日時をお知らせする方法を考えないといけませんね。それにしても黒星続きです、とほほ。

午後13:00- 吉里吉里中

IMG_4291

こちらの仮設は今月いっぱいで全ての住民が退去、閉鎖となる予定と聞いていました。案の定、集会所に足を運ぶ人は皆無でしたが、ぽっかり空いた一時間で社協の支援員さんお二人とじっくり大槌町の近況や仮設での生活について貴重なお話をうかがうことが出来ました。特に、多くの尊い命が失われた旧役場の取り壊し問題に関して、盛岡市にいる我々にはわからなかった大槌町に住む人の本当の気持ちが聞けて、本当に良かったと思います。

IMG_4293

15:00- 吉里吉里第二

長年通い続けて馴染み深い吉里吉里第二ですが、念のため常連のSさんにショートメールを送ったところ

「え!今日でしたか」

とやはりご存じなかった様子。しかしさすがの行動力と瞬発力、メールから数分後にご自宅から大急ぎで会場まで来てくださいました!汗だくのSさんを交えて、支援員さんたちと再びお話をしました。仮設から公営住宅に移り住んでから一年近く、Sさんの新たな暮らしもやはり悩みは多いようです。2011年の津波から長い年月が経っていますが、生活再建がなかなかうまく進まない人は多くいます。年月と共に老いも進み、周囲の状況も激変したせいでより立て直しにくくなっていると言えます。

IMG_4298

音楽療法士としてはサロン開催ということしかできませんが、できるだけ長く寄り添い、悩みを開示できる場所造りを続けていけたらと思います。

9月 07

宮古市「鍬ケ崎公民館」2018/8/12

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

半日のみのサロン開催でした。というのも、当初予定されていた場所(宮古市社会福祉協議会による巡回予定)から連絡があり、お盆が近いから中止してほしいという要請があったとのこと。まあ、そうですね。

ぽっかり空いた時間、浄土ヶ浜の遊覧船にでも乗ろうかなと早めに大槌町の民宿を出たのですが、早朝にも関わらず周辺の駐車場はすでに満杯!夏休み、家族連れの観光客で溢れかえっていました。そこで、急遽気になっていた水産科学館と縄文博物館に行って社会見学をしたのですが、今まで来なかったのが悔やまれるほど楽しかったです。特に水産科学館はびっくりするほど盛りだくさんの展示で、半日では足りないくらいでした。

IMG_4232

昼食後、鍬ケ崎公民館に到着すると、館長のNさんが出ていらして

「午前中、こちらの皆さんにお世話になってました」

と紹介を受けたのが、ウクレレサポート協会の皆さんでした。代表の方は数年前、宮古市内の仮設でお会いして以来の再会でした。お互い、ずっと継続して仮設の皆さんと共に活動してきた同志なので、とても感慨深かったです。お会いできてよかった。

IMG_4236

お盆前にも関わらず、サロンには大勢の方がご参加くださいました。基本に立ち返って、誤嚥予防の体操や発音練習、柔軟体操なども取り入れて懐メロを多く歌い、一時間楽しむことができました。