2月 03

宮古市「愛宕小」「中里」2018/1/20

午前10:30- 愛宕小

いつも元気な愛宕小仮設の皆さん、最後まで残っていたKさんたちもいよいよ転居の場所や引っ越しの日にちも決まって、ここは外部から足を運んでサロンを開催するようになるのかな‥と思ってきたところ、巡回で回ってきた社協さんたちから

「実はここ、今年度末で閉鎖・解体が決まりました」

と言われ‥びっくりしました。ここ愛宕小仮設は最後まで残ると聞いていたので。このままずっとこの場所で皆さんと二か月に一度集まってサロンを続けていける、そんな風に考えていたのですが、残念です。

IMG_2565

「じゃあ、3月のサロンが最後になるんですね」

「そうなります」

思わず目と目があう私とKさん‥これは、打ち上げの宴会の合図ですね!!わかりました!!!

IMG_2506

いつも通り、サロン終了後はKさん特性の中華そばや持ち寄りの寿司、漬物などをふるまっていただいて、皆さんと会食です。ああ美味しい!お店を出せばいいのに、と社協さんも絶賛でした。

午後13:30-

開始30分前に到着したら、既に数名の方がお待ちになっていました。

「これだけがねえ、楽しみなのよ」

とありがたいお言葉‥90を過ぎて、わざわざ大変な坂をのぼってここまでいらしてくださって、嬉しいです。全部で3名の方と懐メロや童謡唱歌を歌い、体操を行いました。

IMG_2568

談話室の片隅には、他のイベントで作成したみずき団子が。

「午前にお邪魔した愛宕小仮設、年度末で最後なんですって。ここ中里はこれからもずっとこうやって残してもらえるといいですね」

と私が言うと

「すぐすぐに解体って話は無いから、大丈夫じゃないかしら」

と皆さん笑って話してました。

IMG_2527

「ではまた3月に」

と窓から皆さん笑顔で手を振って見送ってくださいました。この日から数日が経って、我々のもとにやはりこの中里も近い将来解体の予定だと言われました。何となく、7年目を過ぎてもこのまま我々が通えばずっとサロンは継続して行える‥と呑気に考えていたのです。目の前につきつけられた「仮設終了」の現実に、これからどうにか折り合いをつけて、あらたな形での支援を考えていきたいと思います。