10月 15

宮古市「実田」「児童相談所」2017/10/15

午前10:30- 実田

元々公園だった実田仮設の敷地は、はらはらと黄色い落ち葉が舞い散る秋模様。早速、談話室へお邪魔します‥と中に入ったら、中学生くらいの男の子がカードバトルの最中。

「今日、何かあるんすか」

「あるのよ」

「じゃ、出ます」

素直にみんな外へ出てくれましたが、ふと見ると仮設の部屋には帰らずに通路で遊んでいるではありませんか。そこで近づいて行って

「良かったらうちの犬におやつあげて」

と話しかけてみました。犬が好きだったようで、タンタンのところへすっ飛んでいきましたよ。何だか震災当時を思い出しました。あの頃はタンタンいませんでしたが、よく避難所の近くの公園で時間をつぶしていたら近所の子供が寄ってきて、楽しく話をしたり作ってあげたアートバルーンを踏みつぶされたものです。さて、時間になり、サロン参加者の皆さんが三々五々集まってきました。今日は磯鶏地区のお祭りがあり、半分くらいの方はお休みだとのことです。

IMGP0005

「紅葉」「旅愁」「たき火」「里の秋」「赤とんぼ」「ちいさい秋見つけた」などの季節の歌を皆さんと一緒に歌ったあとは、昔の稲刈りの映像を見て、皆さんの思い出話を聞きました。

IMGP0003

「いなごは体育の時間のつかまえて、袋に二、三日ほど入れておいたわね」

「そうして糞を出させないと美味しく食べられないのよね」

などの凄いお話も飛び出たところで、皆さんに次回予告を。実は社協さんのスケジュールの都合で、2月まで皆さんとはお会いできないのでした。寂しい。

午後13:30- 児童相談所

実は、児童相談所隣接仮設へお邪魔するのはこの日が最後でした。急に、この仮設の解体が決まったのです。午前中にうかがった実田にも、さっそく児童相談所仮設から集約された住人の方がいました。サロンにいらした皆さんも、寝耳に水だったようで

「聞いてびっくりしましたよ、ずっとこの談話室は使えると思っていたのに」

とおっしゃっていました。知らされたのはつい最近だったそうです。サロンに参加してくださった方々は我々のイベント以外では、頻繁にクラフト細工でかごを編むなどのサークルを頑張っていた方々なので、集まる場所が無くなると次にどうするか急いで決めないといけないのですね。

IMG_9657

この他にはないおしゃれな内装も、もう見納めです。

IMG_9662

既にお亡くなりになった懐かしい方の写真も壁に飾ってあります。

IMG_9663

思い出がいっぱい詰まったこの談話室、私以上に皆さんにはつらい別れなのでしょう。Fさんのひ孫ちゃんも半分以上ここで育てられたようなものですからね。きっと大きくなってから思い出して、懐かしんでくれるのではないでしょうか。仮設住宅での六年間は、仮の住まいでしたが本当に楽しい出来事もたくさんあったのだと思います。

IMG_9666

映画を見たあと、最後に一緒に写真をとりました。

IMG_9669

どうぞ皆さん、いつまでもお元気で!!さようなら!!またどこかでお会いしましょう。

10月 14

大槌町「安渡第二」「小鎚第十七」「小鎚第四」2017/10/8

午前10:30- 安渡第二

いつもの民宿「六大工」に一泊しましたが、いつもと違う客層でまんぱいだったので驚きました。どんどん繁盛していくのが嬉しいです。相変わらず食事が最高!

IMG_1594

さて、赤浜八幡神社のお祭りを遠目に眺めながら、安渡第二に到着。秋晴れの良いお天気に、新しく造成された安渡地区の新居から、皆さん続々と集まって下さいました。坂が、ねえ。きついんですよ。

IMG_1595

新しい安渡の巡回員さんは毎回「歌と踊りのサロン」と書いて下さってます。間違ってません、あながち。

ところで安渡ではあまり歌を歌いませんでした。皆さん、新居に移ってからあまり人と集まって話をしていないせいか、凄かったんですマシンガントーク。とてもじゃないですが、音楽をさしはさむ余地は全くございませんでした。聞き取れないほどの大槌ことばで、一時間たっぷりあーだのこーだのと花が咲いておりましたよ。やはり、集まる場所って必要ですね!!

午後13:00- 小鎚第十七

たまたま訪れた「だあすこ」というJAの産直で、感謝祭真っ最中でした。おふるまいの芋の子汁もありましたが、我々は食堂でスペシャル定食を。何と!松茸ごはんとさんまのつみれ汁です!美味しかった。

IMG_1606

小鎚十七ではいつものUさんと、実妹であるTさんとご一緒しました。何か映画をかけましょうか?と提案したところ

「いいよ、話をしよう。せっかくだから」

と言われて、ここでもよもやま話の時間となりました。Uさんからは、認知症ってどんな症状なのか?治療法などはどうするのか?と質問をいただきました。周囲に、もしかしたら‥と思い当たる方が最近いるのだそうです。私がいつも介護予防教室で行っている「認知症とは?」というパワーポイントのスライドを見ながら、ご説明申し上げました。中核症状、周辺症状、認知症の種類、周囲の人が助けてあげられるポイントなどを伝えると、Uさんは色々と腑に落ちたご様子でした。

15:00- 小鎚第四

エコハウスと呼ばれる、小鎚第四の皆さんが集まるこの建物も、使用期限が来年とせまってきました。その後、皆さんと再びこうやって集まれるかどうかは不確定です。宮古市は公民館など公共の施設を使うめどがついているので安心ですが、我々には大槌町のどの部署、誰に話をもっていけばいいのか今のところさっぱり見当がつきません。そろそろ動き出さないと!

IMG_1615

世話役のYさんが他のお二人にも声かけをしてくださって、三人のご参加となりました。みんなで昭和の懐かしい映像を見ます。

IMG_1616

Yさん以外のお二人、S山さんとS銀さんは大槌町といっても奥にある山村のご出身。Yさんも知らないようなとても興味深い山の生活を思い出して、我々に語って下さいました。

10月 13

宮古市「三王地区自治会研修センター」「鍬ケ崎公民館」2017/10/7

午前10:30- 三王地区自治会研修センター(田老)

いつも宮古市内の仮設へ向かう朝は大体8時過ぎに運転のアシスタントなすちゃんと共に私の自宅を出発して、10時過ぎには到着できるようにしておりますが、田老地区は宮古市と言っても中心部から車で30分から40分ほどの距離にあるので、いつもよりは早めに出てました。この日の朝も大慌てで出かけたのですが、何と!なすちゃんが財布をどこかに忘れた!としょんぼり。急いでクレジットカード会社へ電話をかけさせて、ドキドキしながら現地へ向かいました。

(翌日、某ショッピングモールで発見されたと連絡がありました)

IMG_1565

雨が降っている日だったので、さほど参加者は来ないんじゃないかな‥と思っていたのですが、何と前回より多くの方々にお集まりいただきました!嬉しい!仮設住宅はどんどん人がいなくなって、参加者も減るだけだったので、こうやって地域の公民館などでのイベントが盛り上がっていくのは我々としても不思議な感覚でした。

IMG_1575

ここ数年、他の自治体から請け負った介護予防教室でも培った、転倒予防のための体操とその目的、動きひとつひとつの意味(どの筋肉を動かしているのか、など)を口頭で伝え、実際に動いてもらう‥という流れを丁寧に行いました。何だか堅苦しくなりそう‥という時は、本来の持ち味である笑いと回想法も織り交ぜつつ、あっという間の一時間でした。帰り際、皆さんから

「楽しかった、また来てください」

「今度はいつ来るの?」

と感想をいただき、本当に感激しました。どうぞ、また二か月後に元気な皆さんの笑顔と会えますよう。どうぞよろしくお願いします!

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

財布を忘れたなすちゃんはお昼ご飯どうするのかな‥と思ったら、スマートフォンに備わったプリカ機能を使って、コンビニご飯をゲットしたようです。賢い‥そして現代っ子‥(39歳ですが)。

IMG_1582

鍬ケ崎公民館の皆さんとは、仮設時代(第二中、鍬ケ崎小、その他あちこち)からのお付き合いなので、お互い気心の知れた仲です。ほんのりと個々の健康状態、既往症、ライフスタイルなども頭に入っているので、細かく目配りしながら体操指導をしました。

IMG_1587

あとは昭和の頃の農村を題材にしたドキュメンタリー映像を見て、農家出身の皆さんから思い出話などを聴くことも出来ました。宮古市は海の街ですが、三陸海岸はすぐそばに山々があるので、農家の方も多いのですね。ちなみに山間部にお住いの方を「ザイ」と呼ぶのも、宮古市で教わりました。

帰り際、いつも通り公民館長さんからコーヒーをごちそうになっていたら、とても若いおまわりさんがいらして、一緒にコーヒーを飲みました。元気なおまわりさんが皆さんを見守っていて、安心ですね!

10月 06

宮古市「なかよし公園」「西が丘」2017/10/1

午前10:30- なかよし公園

この日から遡ること数日、宮古市社会福祉協議会の担当者さんから連絡をいただきました。急に決まったことだと前置きして、今年度巡回を予定していた仮設団地のうち「なかよし公園」「児童相談所」「高浜」「浄土ヶ浜第三駐車場」が急遽解体されることとなったので、サロンは終わりになります‥とのこと。しかも、高浜と浄土ヶ浜の訪問予定は11月なので、さよならを皆さんに言う機会も無いと聞き、非常に残念に思いました。行政の決定したことなのでどうしようもないのですが、6年も定期的にお会いしてきた方々なので、やるせない気持ちになりました。

などと泣き言をもらしていても仕方がありません、せめて最後にお会いしてお別れのご挨拶ができる皆さんには、きちんとラストを飾って楽しんでいただこう!となかよし公園にやってきました。

IMG_1518

仮設住宅を出たあとも、仲良しの皆さんで談話室に寄り集まって、お茶会や手芸サークルを楽しんできたのですが、やはり皆さんも寝耳に水だったようです。でも、宮古の皆さんは明るく、さっぱりとした気性の方が多いので

「じゃ、しょうがないわね。今までありがとうね!」

と笑顔で言ってくださいました。湿っぽくならなくて良かった!そして最後に、料理自慢のSさんが用意してきてくださったすいとんをごちそうになりました。

IMG_1523

ザ・炭水化物パーティ!!すいとんのサイドメニューがご飯!!とてもおいしくいただきました。みんなで作った手芸作品をこれからどうわけましょうね、とか最後にいつ集まる?とか話し合いながら、またどこかでこうやって会えるようになるといいわねえと未来への約束をして、ご飯を食べました。

IMG_9255

アシスタントなすちゃんもはりきって最後はすいとん二杯を平らげました。なかよし公園で6年間、一緒に歌を歌って下さった皆さん。本当にありがとうございました、またお会いしましょう!

午後13:30- 西が丘

西が丘の方々は二班に分かれて談話室まで来られるのですが、近内の公営住宅グループはてくてくと歩いて来るので(しかも皆さんマイペースに談笑しながら)ゆっくりと毎回サロンが開始となります。

IMG_1528

この日も昭和30年ころの農村風景を描いた映画をご覧いただきながら、皆さんが小さかった頃の岩手の農村について思い出話を聞かせてもらいました。やはりみそ玉作りの場面は歓声があがりますねえ。

IMG_1527

秋の歌と言えば‥と皆さんから思い浮かんだ童謡唱歌を聞いて、たくさんの秋の歌を合唱しました。「たきび」という歌を作詞した方は岩手県紫波郡のご出身なんですよ、と言うと皆さんびっくりしてました。意外と知られていないんですねえ。また二か月後にお会いしましょう!!