2月 19

被災地グルメガイド6

前回のグルメガイド5は1年以上前ですね…今、あらためて読み返してみたら画像がすべて非表示になっていてガックリしました。ブログ人(OCN)の終了に伴いLive Writerに移し替えたのですが、うまく引っ越し出来なかったようです。ガッカリ。

気を取り直して、ここ数ヶ月のあいだ食べ歩いた三陸沿岸の美味しいものをご紹介しますね!

1.山田町「藤七屋」

国道沿いのびはん(スーパーマーケット)と同じ敷地内にあるラーメン屋さんです。

IMG_0138

店内は工事関係のおじさん、お兄さん、近所のおばさんでいっぱいでした。

IMG_0139

ラーメンは智田の大好きな魚だし醤油あっさり系です。

IMG_0140

2.大船渡市「グランパ」

盛町の国道沿いにある、新しいカフェです。セブン-イレブンの斜め向かいあたり?

IMG_0269

大船渡市在住の音楽療法士、たちばなさんと一緒にいただきました。たらこマヨ和えのブロッコリーどんぶりという、世にも珍しいメニューです。美味しかった!

IMG_0270

なすちゃんはがっつりと、豚肉とキノコのどんぶり。

3.大槌町「夢宇民」

IMG_0355

喫茶店です。旧大槌町役場(震災遺構として残っています)のすぐそば、カレー「どんりゅう庵」や「トツゼンコッペパン」と同じ敷地にあります。

IMG_0352

店内は喫煙可能なので、最近はアシスタントなすちゃんの憩いの場として利用しています。マスターの雰囲気も良くて、おすすめですよ。

IMG_0353

もちろんランチも美味しいですよ。きのこと鶏肉のクリームパスタ。

IMG_0610

ミートソースも絶品です。

IMG_0611

デザートにケーキセット。

IMG_0613

パフェもたまには食べたい!

4.宮古市「松の食堂」

IMG_0378

魚菜市場のちょっと手前を左に入るとあります。

IMG_0381

このレトロ加減、たまりませんね。トイレの場所も、居住地の玄関を横切って、いったん外に出てからじゃないとたどりつけません。

IMG_0382

味噌ラーメンにご飯とつけものがついてきました。炭水化物祭りです。

5.陸前高田市「四海楼」

米崎町からマックスバリューに向かい、ちょっと過ぎたあたりの右手にあります。大混雑!!

IMG_0730

プレハブですが、中はテーブル席と小上がりがあります。

IMG_0727

私はエビワンタンラーメンを食べました。あっさりしていて、美味しかったです。

IMG_0728

なすちゃんは何だか辛いやつ。ケツ大丈夫か。

6.山田町「ありがとう」

という名前の店名です。豊間根のびはんと同じ敷地にありますよ。立ち食いうどんとしてオープンしたのですが、数カ月後に再び行ったらテーブル席が出来ていました。

IMG_0795

本日のおにぎらず、というメニューが。おにぎらずって、何だ?

IMG_0796

店員さんに聞いたら

「にぎらない、おにぎりです。型押しするんですよ」

と説明してもらいました。こんな感じ!!

IMG_0798

サンドイッチみたいですね。めかぶそば、ヘルシーでおすすめです。

7.釜石市「こんとき」

釜石駅のそばにある仮設飲食街に入っている、釜石ラーメンの名店です。

IMG_0856

この看板、素敵!!特にフォント(文字)が良い味だしてます。

IMG_0855

店内にはポスターや横断幕などがたくさん飾ってあって、みんなから愛された店なんだなあということがわかります。

IMG_0853

魚だしが強烈なラーメン!これぞ釜石の味。

IMG_0854

餃子もボリューミーでした。ごちそうさまでした。

12月 13

美味しいご飯をありがとう

遠隔地の仕事では、時々お昼ごはんをご馳走になることもあります。特に介護予防教室では、栄養指導も行っているため調理実習などが抱き合わせで実施されるので、出来上がった献立を試食する機会が多いのです。
これは宮古市川井のゆいとりサロンで、社協職員さんが作ったかぼちゃのひっつみです。
03
ひっつみとは、すいとんのことです。
はっとうというのはひらべったいうどんのようなものですが、ひっつみとはっとうは出てくる頻度がとても高いです。
これは二戸市の教室で食べた献立。
01
塩分がものすごく控えめな献立です。
いつぞやは座った席の位置で塩分を控えたお膳と、そうではないお膳がありました。参加者が栄養士さんの見ていないところで「しょっぱくないと美味しくないわよ」と勝手に塩をガンガン加えたのだそうです。すげー。
なんにせよ、いつも美味しい健康食をありがとうございます。

12月 04

被災地グルメガイド5

東日本大震災から1000日が経ちました‥と言われても、私にはさっぱり実感がありません。あっという間だったような気もするし、色々ありすぎて脳みその容量から溢れ出そうな気もします。場所によってはまだ津波でやられたまんまの瓦礫が残っているような状態で、復興と言うにはまだまだ時間がかかりそうです。
私とアシスタントなすちゃんはそんな場所を巡りつつ、お腹が空いたらなるべく美味しい物を食べて支援活動をがんばろう!と日々考えているので、お店選びはものすごく重要なミッションです。こないだ、久々にヒットなお店があったのでご紹介しますね。
Donryuan02
大槌町にある湘南カレーどんりゅう庵です。
いつも週末しか大槌町に行けない我々が、たまたま平日の仕事が入ったのでここぞとばかりに入ってみたのですが、大当たりでした。
Donryuan01
ひょうたん島カレー!
普通は400円なのを大盛りにして500円。
この値段でこのボリューム。しかも美味。お昼は激混みでした。
できるだけ長く続けてもらいたいお店です。
もう1軒。
震災前から私がお昼ごはん食べに足繁く通っていたお店です。
Kamaage02
山田うどん釜揚げ屋です。
前は国道沿いにあったのですが、お昼は混んでいてしかも駐車場入れにくくて‥という想い出が。新しい店にはメニューになかったのですが、焼きうどんは絶品でした。この日は日替わりメニューをいただきました。
Kamaage01
キレンジャー並にカレー食っておりますね我々。
名店の復活は本当に嬉しいものです。
皆様も是非、足を運んでみてください。

4月 12

被災地グルメガイド4

久々に美味しい話題をば。
先週の4月6日、午前の愛宕小学校仮設で音楽療法を行っている最中、参加してくださった方から
「こっちの(太った)お兄さんは、何を食べてそんなに太っているの」
と言われ、宮古市で仮設を巡回する時はあちこちのお店に連れていきますよ(ウニ丼以外)とお答えしたのですが
「良かったらこの下にあるラーメン屋さんにいってみなさいよ、津波の時に流されたんだけど、最近営業を再開しているよ。美味しいよ」
と御推薦いただきました。
よっしゃ、行こう。
宮古市 一龍
01
ほんとに、愛宕仮設からすぐ降りた場所にありました。築地は当時、ニュースでも有名になった「黒い波が堤防を乗り越えて宮古市役所に襲いかかろうとしている」映像の、あの場所の近くです。多くの建物が流されて、今でも空き地がたくさん点在しています。そんな中に、このお店はありました。
カウンターに設置された券売機で食券を買い、ちょうど空いたテーブル席に座ります。
(店内はテーブルふたつ、カウンター、小上がりがあります)
我々はチャーシューメン大盛り 800円を頼みました。
02
「どうよ」
私が聞くと、なすちゃんは
「うん‥美味しいです」
ウニ丼を5分で流しこむくせに(かなり根に持っている)味にはうるさいなすちゃんが、外食先で褒めるのってかなり珍しいのですが、本当に美味しかったです。自家製面とあっさり醤油味のスープ、そして濃い味付けのチャーシュー。素晴らしかったです。
この名店が復活して、幻の味にならなくて、本当に良かった!
皆さんも是非、一度ご賞味あれ。
我々もまた行きます。

1月 30

被災地グルメガイド3

久しぶりに、被災地支援の時に出会った美味しい食事の数々をご紹介したいと思います。
大槌町小槌わらびっこ商店街の立ち食いそば
ええと、店名を聞くの忘れました。
実はこの日、仮設の方からお電話いただいて
「良かったらお昼ご一緒しましょう、いつもより早くいらしてね」
と誘っていただいたのですが、電話の主はいつまでたってもあらわれず。大雪だったせいもあると思いますが。で、仮設団地に隣接するプレハブ商店街で見つけた立ち食いそば屋さんに入ってみました。
Pap_0015
大雪のふった翌日でした。
Pap_0013
立ち食いそばなのに、椅子がある!
Pap_0014
メニューを見ると驚きの安さ。
Pap_0011
天麩羅そば350円と焼きおにぎり110円を食べました。
ご馳走様でした。
大槌町小槌 まごころ弁当
小槌に向かう途中、割とマストのそばにあった弁当やさんです。たくさんのボランティアさん、建設業の方でごった返していました。我々は寒空の中、店の前にあったベンチで食べましたが、同じような人が多かったです。みんな、弁当を食べ終わった後には食べ足りなかったのか、コロッケを注文してましたよ。いろんな種類がありました。
あちこちに宅配もしているみたいです。
Pap_0036
(肝心の弁当は撮影する前に食べてしまいました)
大槌町はマストでご飯食べることが多かったのですが、まだまだ知られざる名店がありそうですね。どこかお勧めのお店がありましたら、教えてください!