3月 06

山田町「ほっとサポートセンターやまだ」大槌町「安渡第二」2017/2/27

午前10:00- ほっとサポートセンター山田

民宿「六大工」を出て、空いた時間で吉里吉里の海辺を散歩しようと訪れたのですが、他にも犬を連れた女性の姿を見かけました。砂浜の稜線が刻一刻と形を変えていく中で、人も犬も風に吹かれながら無心に歩を進めておりました。タンタンも砂浜で大はしゃぎだったので、連れていってとても良かったです。

IMGP5711

さて、山田町社会福祉協議会デイサービスでのセッションも、我々が担当するのはこの日を含めてあと二回です。4月以降は、法人から独立して一匹狼に戻るお弟子Yこと山崎がつとめさせていただきます。ここと宮古市社会福祉協議会のデイサービスは、当法人の公益事業としてボランティアで続けてきたので、山崎には法人からセッション料を支払う形になります。頑張って続けてね!

IMGP5732

皆さんが大好きなアシスタントなすちゃんが登場すると、会場がいっきに沸きます。あちこちから

「お兄さん、可愛い!」

と野次が飛ぶ中(野次?)一生懸命「あてふり」を頑張る姿に、また声援も大きくなりました。この他にはクイズ大会やシルバー川柳での発音練習なども行いました。

IMGP5705

いつも元気な大沢の皆さん、帰り際に私もオサワリされましたよ!きゃー!

午後13:30- 安渡第二

お昼ごはんは大槌町の喫茶店「夢宇民」で美味しい鳥きのこチーズスパゲッティなどいただきつつ、ゆっくりとコーヒータイムを楽しみました。ここもいよいよ6月にはお引っ越しだそうです。町中の整備が進んで、新しくなった通りでの開業と聞きました。

IMGP5750

安渡第二仮設では、テレビや新聞などでたくさんの取材を受けたOさんのご主人が数日前にお亡くなりになったので、しんみりとした雰囲気の中で始まりました。ふきん刺繍などを一生懸命頑張っていた方だったのですが、新居へのお引っ越しを前に天国に旅立ってしまいました。

IMGP5762

安渡地区の宅地造成は予定から大幅に遅れていて、他の仮設に住む元安渡住民も首を長くして完成を待っています。工事の遅れには行政の様々な事情などあると思いますが、そろそろ震災から六年目になる中で高齢の方がどんどんいなくなっています。元気なうちに、自分の住む場所で安心した暮らしが実現できるようにと、私も願っております。

2月 27

大槌町「小鎚第十七」「小鎚第四」「小鎚第五」2017/2/26

10:30- 小鎚第十七

ここ数か月、歌と体操のサロンと映画鑑賞会を交互に開催している小槌第十七。映画の時は朝早く民宿を出て、だいたい九時には到着するようにしておりました。この日、我々はすっかり歌の日だから遅くても大丈夫と思い込んで、のんびりと向かったのですが、Uさんとスライドを見始めた途端にKさん(いつもお昼ごはんなどを世話して下さる女性)が入っていらして

「今日、映画の日だと思って3人九時から待っていたんですけど、お見えにならないから一時間で解散したんですよ!いらしたんですね!」

と慌ててご飯の用意をしてくださり‥申し訳ないやら恥ずかしいやらで、我々もパニックになりました。本当にすいませんでした‥前日に確認するべきでしたね。

IMGP5665

これがKさんの作ってくださった卵フライ。手前はUさんが産直で買ってきた寿司です。

IMGP5666

Kさんはご用事のため、すぐに退出なさいました。Uさん、Nさんと一緒に活動の続きをします。昭和の大女優というスライドを観ながら、お二人の若き日の話をうかがいました。私、のんきにフライ食べてます。

Uさんから気になることを聞きました。この五年間、ずっとイベントの予約(我々のような支援団体が仮設団地の集会所を使用する時の)を受け持っていた大槌町支援員配置事業所が、この春に規模を縮小(もしくは廃止?)するために、小槌第十七の担当支援員さんもお辞めになるということ。そしてイベント予約は他の団体が担当するかもしれないということ。2017年度も変わらずに訪問してサロンを開催しようと考えていた矢先に、なんとも不安になる情報です。もちろん住民の皆さんも困惑なさっていました。果たして、どうなるのでしょうか。良い方向に動いてくれるといいのですが。

13:00- 小鎚第四

わらびっこ商店街の立ち食い蕎麦で小腹を満たして、隣接する小槌第四へお邪魔しました。この日は二名の方がご参加下さいました。いつもいらしていたKさんは、この日に新居へとお引越しとのこと。めでたいですね!いつかまた、新居からサロンに遊びにきていただけるといいですね。

IMGP5670

昭和一桁生まれの、生粋の安渡っ子であるRさま(皆さんがそう呼びます)に、一時間たっぷりと大槌町の移り変わりを教えていただくことが出来ました。ところどころ言葉がわからない場面もありましたが、隣にいらっしゃるSさんがその都度解説を入れてくださったので、とても面白く聞き入りました。

IMGP5671

大槌町は火事が何度もあり、そのたびに皆さん苦労なさったようです。東日本大震災の夜も、ガソリンスタンドの爆発で火の粉が夜空に舞うのを、高台から眺めていた‥と思い出話をしてくださいました。海辺に住む安渡の皆さんと、大槌町内(町方)の人々の交流についても、これまでより詳しく知ることができました。

15:00- 小槌第五

2016年8月以来、実に半年ぶりの訪問です。昨年秋の台風10号による浸水被害で、我々がいつもお邪魔していた集会所を含むB棟が居住できなくなり、今回はA棟の空き部屋を利用した応急の集会所を訪問いたしました。B棟のあった場所は、すっかり更地になっておりました。

IMGP5680

のんきにピースサインをしておりますが、裏側の入り口が施錠されていたので少々焦った表情です。

IMGP5685

小槌第五は最後の2回ほど、参加者ゼロだったので(それで定期訪問から外れました)今日も誰も来ないんじゃないかしら?とダンスを踊っておりました。しかし

IMGP5695

二人の方がご参加くださいましたよ!わーい!田端義夫の歌を歌ったり、三陸ことばのスライドを上映しております。女性の方(以前、一度だけご一緒しました)は楽し気に見てくださったのですが、どうにも男性の方の反応が‥20分ほどして

「じゃあね、お邪魔しました」

とお帰りになりました。あらら。

IMGP5697

その後、自治会長さんも様子を見に来られて、この半年の小槌第五仮設について教えていただきました。以前、何度もサロンに来てくださった女性が亡くなられたこと。気持ちが落ち込んでずっとこもったきりになっている方の存在。自宅再建予定の土地造成が遅れていること。皆さん、しばらくお会いしない間に大きな状況の変化がありました。大槌町内はどんどん新しい街づくりが進んでいるようですが、こうやって復興の流れには乗れずに孤立化していく世帯も多く、外から見えづらい状況なのだと痛感しました。

1月 23

山田町「ほっとサポートセンター山田」大槌町「安渡第二」2017/1/23

午前10:00- ほっとサポートセンター山田

「雪で道が大変だったでしょう、良く来てくれましたね」

と到着した途端に皆さんからお声かけいただきましたが、三陸に二泊したので内陸の様子はわかりませんでした。何だか、ずいぶんと大雪だったようですね。

IMGP5053

懐かしい洋画のハイライトシーンをいくつかご覧いただいた後に、椅子に座ったままのダンスをご一緒していただきました。立って行うダンスだと転倒の危険性があるので、座位のまま大きな筋肉を動かすように配慮しました。関節の可動域も、痛みのないように狭めました。

IMGP5061

最後に「あてふり」としてアシスタントなすちゃんが皆さんの前でリードしたのですが、とても可愛らしい動作と表情が皆さんにうけて、会場から歓声というか野次というか、すごかったです。終了後にはよろめいたついでになすちゃんに抱き着く方までいらして‥びっくりです!

午後13:30- 安渡第二

まだまだ道路工事の続く安渡地区にお邪魔しましたが、元安渡小学校には立派な(総工費9億円!)公民館も完成して、どんどん復興に向け風景が様変わりしております。

IMGP5067

道路に近い住宅一列は住民の転居が全て終わり、ちょうど道路拡張のために取り壊しの真っ最中で、歌っている間もずっと振動と騒音がすごかったです。それにも負けず、懐メロなどを大きな声で歌いました。

IMGP5077

動物の赤ちゃんを見せるスライドでは

「大槌湾の沖にはオットセイがいて、密漁でとってきた肉を食べたよ。焼くと独特の美味しそうな油の匂いが充満したものだ」

「豚はここらへんで良く飼われていて、釜石の精肉店が買い取りに来ていた」

などの貴重なエピソードを聞くことが出来ました。豚の他にも、にわとりやヤギなどを飼っていた家も多かったのだそうです。漁師町ですが、家畜もいたんですね。ちなみにオットセイは鉄砲で仕留めたのだそうですが、カジュアルに各家庭に鉄砲があったというのが驚きですね。

前回のブログに書いた、旧正月のみずき団子(きらず団子)ですが、大槌町では屋根に投げる際にカラスに向けて「かーらからから」と掛け声をかけたそうですが、山田町では「こーろころころ」だったという違いがありました。

1月 22

大槌町「小槌第十七」「小槌第二十」「吉里吉里第二」2017/1/22

午前9:00- 小槌第十七

映画鑑賞会の日なので、早めに到着しました。それにしても寒い!と思っていたら、何と集会所の備品であるファンヒーターが行方不明とのこと。エアコンだけでも‥と思ったら、どこかの配管が凍結したのか、さっぱり暖かい風がきません‥暖かいお茶をのんで、ひざ掛けしながら映画を観ました。

IMGP5033

たっぷり2時間ある映画でしたが、Uさんはタバコ休憩もとらずに集中していたようです!

IMGP5032

このデザート(りんごソテーにムースを添えたもの)を差し入れてくださったKさんは、震災前に映画館の近所にお住まいだったということで、この日の映画も過去に何度も何度も観に行ったそうです。上映後は皆さんから、旧正月のきらず団子や行事(カーラカラと言いながら屋根の上のカラスに切った餅や魚のひれをあげるのだそうです)そして料理のレシピなどをうかがいました。勉強になった!

午後13:00- 小槌第二十

Uさんからいただいたお赤飯を食べるために、わらびっこ商店街の蕎麦屋で私はラーメン、アシスタントなすちゃんは天ぷらそばを注文。熱い汁もので無事に完食いたしました。汁もの、ばんざい!

IMGP5036

ここではカラオケ大王(北島三郎大好き)の元漁師さんと、種苗店を営んでいたという女性が前回に引き続き遊びに来てくれました!二人とも良いキャラクターで、歌い出すと止まらない&しゃべりだすと止められないという名コンビです。大王様はあたたかいお茶のペットボトルに入った怪しい液体(多分、焼酎)を飲み始めると、それは見事な高音で昭和20年~30年代のヒット曲を次々に披露。女性の方も、きらず団子のレシピを教えてくれましたよ!

15:00- 吉里吉里第二

さて、愛犬ごはんちゃんの急死と、ご本人の転倒骨折という不幸に見舞われたS姉さん。顔じゅうばんそうこうだらけにして、妙に明るいテンションで登場です。何と、珍しくお母さんと一緒です。

IMGP5040

他の皆さんも寝ているところを誘われたりして、総勢6名でのサロンとなりました。スクリーンには懐かしの洋画をさわりだけ、邦画からは二枚目俳優の若き日のブロマイドを上映しました。やはり二枚目の話題は盛り上がりますね!

IMGP5041

手前に座っている方は、近々家を新築して仮設団地からお引越しのご予定です。ここの住民としては最後のサロンとなりましたが、転居後もサロンに通ってくださるとおっしゃってます。ありがたや!

12月 24

山田町「ほっとサポートセンター山田」大槌町「安渡第二」2016/12/19

午前10:00- ほっとサポートセンター山田

小川旅館を出て、20数分で山田町に到着しました。そしてびっくり、国道沿いにあったスーパーマーケットの「びはん」が、場所を移動していましたよ!街の造成が、すごいスピードで進んでいるのを間近で見たような気がします。震災からすぐの頃にNPO関連のトラブルに巻き込まれて、出遅れた感のある山田町ですが、ここにきて何だかまくってますね!と個人の感想です。

IMGP4890

さて、一年を締めくくる最後のサロンです。ここはひとつ盛り上がっていきましょう!ということで、ビンゴゲームをしました。紙を渡して、4回折ってもらい、折り目に沿ってボールペンで16マスに区切ったらいよいよゲーム開始です。今回のテーマは動物の名前。16マス全部を考えてもらうのは負担が大きいので、ややこしい名前(アルパカ、カピパラ、レッサーパンダなど)6つをこちらから告げて、好きな場所に埋めていってもらいます。あとの10マスはそれぞれが思い浮かんだものを書いてもらいます。なかなか思い浮かばない方には、干支を書いてみては?とさりげなくヒントをささやきます。

IMGP4892

結論を申し上げると、最高に盛り上がりました!皆さん、ビンゴ大好きなんですねえ。景品が無くても最後のデッドヒートはみものでしたよ。ありがとうございました。

13:30- 安渡第二

お昼ごはんは大槌町の喫茶店「夢宇民」で食べました。ナポリタン、最高です。おなかも膨れたところで、午後は先月お休みだった安渡第二です。皆さん、お変わりなくて良かった!

IMGP4917

画像の皆さんが真剣に何を見ているのかというと、実は小川旅館では高校生の息子さんがドローンで空撮した大槌町の現在の風景をDVDにして販売していて、それをさっそく皆さんとみているところでした。鳥の高さまで飛んで自分たちの住んでいる場所を眺める、という体験は私を含めて皆さんも初めてだったと思いますが、本当にすごいですね!ドローンって。

IMGP4908

震災前にドライブレコーダーで撮影した動画をYouTubeで見た時も思いましたが、視覚的な刺激というのは本当に皆さんの回想を賦活させますね。音楽療法士としては聴覚のみならず、五感すべてに訴えるような時間を心がけたいと思います。