3月 17

大槌町「安渡第二」 2013/3/16

宮古市に続いて、日本音楽療法学会近畿支部長の鈴木暁子先生に同行していただきました。
安渡第二 16:00-17:00
急に雨が降り出してきました。杉花粉が水滴に吸着してくれるのはありがたいのですが、車から運び出す時に模造紙が濡れるのがちょっと心配でした。
談話室には既に住人の方がいらしてました。
「16日になるの、ずっと心待ちにしてましたよ!」
と元気に出迎えてもらって、感激です。
おばあちゃんに連れられて、小さい男の子が一人いました。来月から小学校なのだそうです。穴開け機で紙にばんばんパンチ穴をあけて遊んでいましたが、集まってきたおばあちゃん&おばちゃんたちのパワフルな歌と踊りに巻き込まれて、最後の方ではなすちゃんに抱きかかえられながら一緒に踊っていました。上手!
Imgp6639
みよ、この勇姿!
(マドロス帽は私物だそうです)
1時間があっという間に過ぎてしまいました。
「じゃあまた来月ね!」
「気をつけて帰ってね!」
参加してくれた皆さんが次々に談話室を出ていく中、男の子が名残惜しそうになすちゃんと遊んでます。おばあちゃんがぽろっと
「大人の男の人が恋しいんだよね、お父さん流されちゃったからね」
と教えてくれました。そっか‥。
また来るからね。

2月 24

大槌町「小槌第20」 2013/2/23

宮古市の後、いつも通り急いで大槌町へ移動。いつもと違うのは、浪板ではなく初めてお邪魔する小槌第20という仮設へ向かっていることでした。浪板(吉里吉里第二)の皆さんとは今月お会いすることができず‥予約するのが遅かったのでしょうがないですが、残念でした。
その分、新しい出逢いに全力投球しよう!と意気込んで仮設に到着。マストの交差点を右折して割とすぐの左側の道を入り、ものっすごい細い道をでこぼこと走行すると、どーんと仮設団地があらわれました。
16:00-17:00 小槌第20
時間ぎりぎりになると、まず女性がお二人。
「あら、こんにちわ。御苦労さま」
と歓迎していただきました。
「まだ他の人、誰も来てないのねえ」
と言われ
「もしかしたら今日は参加ゼロなのかなーとちょっと心配していました」
と答えました。
「まあ‥夕方4時だと遅いからみんなご飯の支度しているだろうから、参加は少ないかもしれない」
とのこと。
大槌の巡回は、申し訳ないことにこの時間になってしまうので、あちこちでもっと早い時間に来たらいいのに!とおっしゃっていただくのですが‥いずれどうにかしたい問題です。すいません。
Imgp6359
あれ‥皆さん初対面ですよね?と思うほど、皆さん全然物おじせずに
「はい、次この曲」
「私はこの曲」
と矢継ぎ早にリクエストを寄せていただきました。すごいパワー!負けそう!
「二日連続で笑ったわ!楽しかった!」
「昨日は何があったんですか?」
「カルタ大会よ、札に歌詞が書いてあって、とったらみんなで歌うの。生協さんの活動よ」
ほほう、そういうレクリエーションがあるんですね、参考になります。
またいつかお邪魔できるといいなあと思いました。
ありがとうございました!

2月 10

大槌町「安渡第二」 2013/2/9

この日、宮古市に向かう途中の川井でいちごを購入しました。
なんと2パックで500円!実が立派!
家で美味しく食べよう!と楽しみにしてました。
16:00-17:00 安渡第二
ちょっと色々と手間取り、いつもなら開始時間の30分前に到着している安渡に、遅く着いてしまいました。談話室には既に数名の方が。
「待ってましたよ」
と言われて、嬉しいやら申し訳ないやら。
「これ、ちょっと早いけどバレンタインがわりに」
と渡されたのが、隣町の名物「山田せんべい」生タイプ。私も津波の前は山田で仕事した帰りに職場へのお土産でしょっちゅう買っていました。っていうか、バレンタインって!感激!
もらいっぱなしではいかん!と思い、急いで車に戻り、1パックのいちごを持って
「みんなでつまみながら歌いましょう!」
と、差し出しました。喜んでもらってよかった‥。
お一人、踊りの好きな年配の女性がいるのですが(個人的に大ファンなんです)とてもお茶目な方で、私が持って来たいちごを
「ほれ、遠慮しねえであがんなさい」
とすすめてくれたり、手元がくるって床におとしたいちごを拾って、洗って食うかと思いきや
元 に 戻 し た 上 に シ ャ ッ フ ル し て
素知らぬ顔しながら別のいちごを食べていました。笑いをこらえるのが大変でした。
(この頃がったやつは、私が流しで洗ってからなすちゃんに食べさせました。もちろん落ちたやつだということは黙って)
Imgp6149
歌って踊って、ひっきりなしにリクエストが出て。
参加した皆さんも言ってましたが
「1時間ってあっという間!」
でした。
画像はクライマックスの「麦畑」で
「お兄さんも踊りなさい!」
とわざわざほっかむり用のタオルを渡され、真ん中に引きずり出されたなすちゃんです。こうやってどんどん殻を破っていってほしいものです。
ひとつ気になるのは、いちご転がし事件の女性が
「ほれ、息子さんも踊って!」
となすちゃんを誘っていたことです。
息子さん?
誰の?
え?
(凍りつく笑顔)
※もうひとつのいちごパックは、帰宅してから同居している母の口に全て入りました

1月 27

大槌町「吉里吉里第二」 2013/1/26

午後の仮設「実田」を出てから移動中、ぐっすり寝てしまいました。ごめん、なすちゃん。
16:00-17:00 吉里吉里第二
談話室に入ると、玄関には子供の下足が散乱していて、ドアというドアが全て開いたままになってました。中からは小学生の男子と女子が数名、勢いよく飛び出してきましたよ。そして出て行く時もドアを開けっ放し‥。
眠くて頭がぼやけていた私ですが、いつもなら怒ります。
さて、部屋が寒い。
開けっ放しだったから当たり前です。
早めに入っていらした参加者も
「寒いね!」
と言ってます。この日は本当に寒かった。
「雪も降ってきたから、人少ないかもね」
と心配していただきましたが、時間までに14名の方がいらっしゃいました。良かった。でも寒い。
あまりに寒いので、活動の冒頭で少しだけストレッチと筋肉トレーニングを取り入れてみました。
「歌と体操のサロン」ですからね、イベント名は。
いざ運動を始めると、皆さん真剣な表情。
でも歌を再開すると、また笑い声が。
本当に浪板の皆さんは明るくて、朗らかです。
1時間の活動を終えて、皆さんが帰っていきました。
ミサンガをくれた姐さんと少々お話をしてから、我々も仮設を後にしました。ちらりほらりと雪が降る夜道を、住人の皆さんが
「宮古経由より釜石経由の方が近くて安全よ」
「高速のって時間も短縮されるし」
と言われて、そうかそれならと運転のなすちゃんがカーナビに「釜石経由」と入力。これで我々の帰路は保証された
 と 思 い き や 
愛車レガシーのカーナビ「レ頭2:50」さんが何を思ったか最短距離の峠越えを選択。道に疎いなすちゃんが何の疑いも持たないまま、ゆるやかな坂道をずんずんと進み、気付いた時は中央車線も無く蛇行する峠に突入。背後からは先を急ぐ地元の営業車にイラつかれ、追い越してもらおうにも幅寄せするスペースも無く。
下りは下りでへたにブレーキ踏んだらスリップしそうなので、ある程度のスピードのまま下るという死の彷徨でした。八甲田山もかくやのハードドライブ。
(脳内BGMはデイトナUSAでした)
被災地支援も命がけですわい。とほほ。

1月 17

大槌町「小槌第4」「小槌第5B」 2013/1/15

午前中の山田町大沢から、雪道をえっちらおっちら急いで移動。何故急いだかというと、数日前に我が家の留守電に
「小槌第4の××と申します。仮設宛に御年賀状有難うございました、午後1時からの開始ですが良かったらお昼でもご一緒しましょう」
とメッセージが入っていたからです。これは遅れてはいかん!と運転のなすちゃんを煽りつつ(煽ってはいけませんね)、何とか正午には現地入りしましたが。
誰も‥いませんでした‥まあ、雪のせいでしょうかね。足元が悪いからきっと‥。
お昼ご飯は、隣接している「わらびっこ商店街」という仮設のプレハブ商店街に入っている、立ち食いそば屋さんに入りました。ここ、何と天麩羅そばが350円!味噌焼きおにぎり特大が110円と、びっくりするほど安かったです。美味しかった!
13:00-14:00 小槌第4
到着したら、会場のエコハウス周囲は雪で大変なことに!
Imgp5810
近所の施設から雪かきの道具を借りて来て、一生懸命道を作るなすちゃん。えらいぞ!と言いつつ、住民の姿が見えたとたん
Imgp5813
「ええ、今まで私が雪かきしてました。全て」
という顔をして手柄を横取りしたわたくし。
うしし。
という訳で(どういう訳)、ちょっと予定よりは遅くなりましたが皆さんお集まりだったので活動を開始しました。足元の悪いなか、ありがとうございます。
Imgp5830
ストーブを囲んで色んなお話を聞きました。
15:00-16:00 小槌第5B
前半の小槌第4でも出ましたが、ここでもリクエストで
「花は咲く」
を歌いました。
密かな人気SONGです。
Imgp5846
ここは支援員さんがいつも親切にしてくださるので、とても居心地が良いです。有難うございます。
そして参加してくださる皆さんも、フレンドリーです。