1月 13

大槌町「安渡第二」 2013/1/12

16:00-17:00 安渡第二
いつも通り、開始時間の30分前には談話室に到着したのですが、いつもと違って何だか賑やかな音が外まで漏れてました。
何だろう?と思って中を覗いてみると、住民の皆さんが集まってカラオケ大会をしているではありませんか。あれ、もしかしたら別のイベント中?もしかしたら訪問日を間違えちゃった?
そう思いつつ、そっと中に入ると
「あら、いらっしゃい!お待ちしてましたよ」
と歓迎ムード‥の人と、こちらには見向きもせずにカラオケ画面にくぎづけの人。
前者はいつも私のセッションにご参加下さっている方で、後者はお見かけしたことのない方。どうやら、遠方からカラオケの先生がいらして、定期的に開催している教室のようでした。
私の方の常連さんが
「ちょっと、次の先生がもういらしているんだから、そろそろ終わりにしたら?」
と気づかって下さいましたが、こういうカラオケ教室もすごく喜ばれているのだなあと感じられました。聞けば、先生はわざわざ陸前高田からいらしているそうです。被災地へのボランティアが頭打ちになりつつある今、貴重なイベントですね。
Imgp5750
「こんな、みんな夕飯の支度で忙しい時間帯じゃなく、もっと早い時間に来ればもっと参加者増えるんだから」
と、途中で退室した男性から言われて
「そうですよね、新年度はどうにかしないと」
と皆さんに言ったら
「いいのよ!先生(私のことです)の都合で好きな時間にいらしていただければ!大丈夫よ」
と慰めていただきました。うう、面目ない。
帰り際に
「雪道で事故があったら大変だから、天候の悪い時は無理に来なくてもいいんですからね。こないだも他の支援者さんが事故に遭って、怪我をなさっていたの。そんなことになったら大変だから、もし無理だと思ったら電話いっぽんいただければ大丈夫ですから」
と親身になって言って下さる方もいて、私は何と幸せ者だろうと思いました。
大震災津波のおこる前は大槌町に訪れたことが無かった私ですが、こうやって皆さんと御縁をいただいたので、頑張って長く続けていきたいと思います。

12月 23

大槌町「吉里吉里第二」 2012/12/22

※ところでブログ100個目の記事です!
応援してくださっている皆様、ありがとう!
昨日に引き続き、岡崎香奈さんが同行してくれた被災地音楽療法のご報告です。宮古市から大槌町までの移動はいつもよりちょっとかかりました。運転のなすちゃんが急にコンビニのトイレで籠城‥お腹壊したんでしょうか。
でも、ちゃんと時間には間に合いましたけどね。
16:00-17:00 吉里吉里第二
冬至で一番日が短く、到着した頃はもう薄っすらと辺りは暗くなっていました。仮設の夕闇は寂しいですね‥寒いし。
でも、そんな寒さも弾き飛ぶほど元気いっぱいの皆さんが部屋に入って来て、我々の疲れ&寂しさはいっきに解消!
3つ目のセッションでも全く疲れ知らずで頑張ることが出来ました。
Imgp5632_2
世界の岡崎香奈にこんな恰好させて‥罰当たりなわたくし。
この日は、香奈ちゃんもいて張り切りすぎたのか、カツラを何種類もかぶり、シチメンチョウの人形で変な合いの手を入れ、とっておきのエアロビクスをいくつも披露してしまいました。なすちゃんへの無茶ぶりも暴走気味だったかも。
活動を終えて山田町のびはん(地元スーパーマーケット)で休憩をとっている最中も、心地良い疲労感がありました。帰り道は香奈ちゃんから過分なおほめの言葉をいただき、本当に充実した一日を過ごすことが出来て、良かったです。
持つべきものは友達ですね!!
香奈ちゃん、ありがとう!
偉くなったら松潤とマブダチになって香奈ちゃんに紹介するからね!
(放言)

12月 12

大槌町「小槌第四」「小槌第五B」 2012/12/11

山田町大浦から小槌界隈にきたら、お弁当屋さんの看板が目に入ったので、ちょっと立ち寄ってみました。
まごころ弁当 「うすざわ」
Imgp5297
ミックスフライ弁当や日替わり弁当が400円!安いですねえ。コロッケも60円から100円と良心的な価格です。マストの交差点から小槌方面に向かうと、左手にあります。宅配もしてくれるらしいです。
店舗の前にはテーブルとベンチがあって、せっかくだからと寒空の中たべてきました。たべている最中、遠野まごころネットのゼッケンをつけたボランティアさんが大勢いらしてました。店員さんと談笑してたので、おなじみさんなんでしょうね。
「小槌第四」 13:00-14:00
エコハウスの愛称を持つ集会所に入ると‥って、鍵かかっとるやんけ!急いで事業所に電話して、支援陰さんに来てもらいました。ちょっとドキドキ。住民の方数名と外でお話できましたけどね。
Imgp5338
新作のあてふり「星影のワルツ」を熱演。
わざわざタクシーで駆けつけてくださった方もいらして、恐縮です。大勢の皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。近隣の施設職員さんが、お勉強のために同席してくださったのもうれしかったです。長渕剛「乾杯」を熱唱していただきました。
「小槌第五B」 15:00-16:00
開始前、可愛らしい子供用のベンチに座って、皆さんから震災当日の体験談をうかがっている最中にサイレンがなりました。そう、11日は震災津波の月命日。発生した時間になると、皆さん何も言わずに目を閉じて両手を合わせていました。
普段、私は生きている皆さんを相手に、少しでも日々が楽しくなるようにと面白おかしく歌を歌っているのですが、こういった時は鎮魂もしくは慰霊という行為の重要さに気づかされます。
Imgp5376
歌って踊って、あっという間の1時間でした。
「どうぞ、またいらしてね」
「歌のボランティアさんがここなかなか来ないから嬉しいわ」
など、たくさんの感想をいただきました。ぜひ、またお邪魔したいと思います。
ありがとうございました。

12月 09

大槌町「安渡第二」 2012/12/8

宮古市の仮設巡回を終えて、いつも通り急いで南下。本当は山田の町中を通っていきたいのですが、時間短縮のため三陸道へ。この三陸道ですが、山田町の北から南までわずか数kmしか通じてないのです。でも幾分、ショートカットにはなります。いつになったら本当の意味で三陸道になるんでしょうねえ。
大槌町「安渡第二」 16:00-17:00
Imgp5240
ここもクリスマスツリーが飾ってありました。
「あれ、今日は中学生男子来てないねえ」
というのが、談話室入ってからの我々の第一声。
いなければいないで、何だかさびしいものです。
おじさん、最近ゲーム音楽の真似っこが出来るようになったので聞いてほしかったのだがなあ。
(マリオとドラクエ)
開始時間の20分前にまず最初のお客さんがいらして、世間話など。この方は花巻市の温泉に避難されていたらしいのですが、そこで出会った音楽療法士さんとの楽しかった思い出を語って下さいました。私も長年仲良くしている、三井和子さんという方です。毎年のようにインド旅行に行ったり、アールブリュット(障がいのある方たちの芸術作品)や音楽会の活動などで活躍されている、とても素敵な女性です。
「手紙出したいの、住所知ってる?」
と言われて
「じゃあ本人に確認しますね」
と直接聞いて、お伝えしました。
仮設生活とはまた別の、大きな負担と苦労の連続だった避難所生活で、こうやって音楽療法の思い出が今も「楽しかったこと」として記憶されているのを目の当たりにして、自分のことのように喜ばしく感じました。
私が出会った人たちは、こういう風に思い出してくれることがあるのかな‥どうかな。
でも忘れてしまっていても、いいです。その日、その時だけでも楽しんでくれていたらそれで良いです。
この日は6名の方がいらして、たくさん歌を歌いました。
「麦畑」
では備品の麦わら帽子と手ぬぐいで寸劇まで!アシスタントのなすちゃんが奮闘してくれました。
いいぞ!
帰り道、いつもなら大槌→川井まで通じる通商「つっつぁか峠」を通るのですが、雪道が心配だったので大人しく来た道を戻りました。でも川内~箱石あたりから吹雪と圧雪で、大変な運転となりました。
これからの季節、往復の運転は細心の注意を払っていきたいと思います。

11月 25

大槌町「吉里吉里第二」 2012/11/24

直前の宮古市高浜で忘れ物をしてしまい、いったん戻ったせいで時間をロス。到着がだいぶ遅れて自動車の中でたいそう焦りました。無事に時間前に到着しましたが、テンパリますね。ギリギリだと。
大槌町「吉里吉里第二」 16:00-17:00
ここにお住まいの女性で、いつも終了後に楽しくお話をしていた方がいて、前回初めて音楽療法にご参加いただいたのですが、とても楽しかった!とおっしゃって我々にお手製のミサンガを下さいました。
談話室で一人黙々と作成されているのだそうです。
Twitterで手芸の材料を募集した際、ミサンガの材料となる糸を送って下さった方が数名いらしたので、この方にお渡しすることにしました。
Imgp5020
「うわ、このタイプの糸なかなか手に入らないので困っていたのよ!ありがとうございます!」
と、たいそう喜んで下さいました。
良かった良かった。
※材料を送って下さった札幌在住のYKさん、これをご覧になっていたら是非ご連絡下さい
Imgp5021
参加人数はいつもより少なかったのですが、何と若いお母さんとお子さん4人(!)が来てくれました。一人の男の子が
「何でも弾けるの?」
と聞くので
「おう、何でも言ってみい」
と大風呂敷を広げてみたところ
「うんこの歌、歌って」
と言われました。今さら引き下がれないので
♪あんこの「あ」
 いんこの「い」
 うんこの「う」
(たちいりハルコ「ピコラ・ピコラ」より)
を歌いました。すると大笑いして
「じゃあ、今度はち×この歌!」
と言ってきました。
これまた引き下がれないので
♪アルゼンチンの子供 子供 子供
 アルゼンチンの子供 アルゼンチ×コ
(ロンドン橋の節で)
と歌いました。また大笑いして、さらに
「ケツの歌!」
と言ってきました。
♪ジャイアント馬場のケツの穴は
 3cm5mm~
(高校野球の応援のアレ)
「鼻くその歌!」
では
♪くーろーいーはなくそー
(水原弘)
を歌いました。
ずっとこういう応酬だったわけではなく、ちゃんと大人の歌も歌ってその合間ですから誤解なきよう‥ドキドキ。
女児とは風船を布でバウンドさせつつ、一緒に遊びました。
いつもは子供と大人が一緒のセッションで何をやっていいのか悩むのですが、今回は男児の勢いやら周囲の皆さんのあたたかい視線に助けられて、何とかうまくいったように思います。
Imgp5031
いつも帰りに立ち寄る商店街ではクリスマスの電飾が早くも飾られておりました。