1月 12

宮古市「みなみ会館」「鍬ヶ崎」 2013/1/12

2013年の一番最初は、まだ訪れたことのない場所でした。
いや、この言い方は正確ではないですね。
「南公園仮設」は何度も来ました。
なぜなら、避難所時代に知り合った方が住んでいて、毎週のように昼間に訪問したので。初めて「仮設の住居」の中身を拝見したのも、この方の部屋でした。
南公園の土手付近にある公民館が、今日の会場であるみなみ会館です。
午前 10:30-11:30 みなみ会館
Imgp5696
ちょっと早めに到着してしまい、建物の鍵がかかっていて外で待機しているところですね。巡回員さん、急かせてしまってすいませんでした。
今日は4名の方がご参加下さいました。
(避難所時代から馴染みの方は、お留守のようで不参加でした。残念!)
Imgp5703
皆さん、とても活発にお話をして下さって、色んな宮古市のトリビアを教えてもらいました!賢くなった!
いつか「喜びも悲しみも幾歳月」に出てくるとどヶ崎灯台に行ってみたいものです。
午後 13:30-14:30 鍬ヶ崎
4回目の訪問となる鍬ヶ崎仮設。
前回はおくまんさま(熊野神社)のお祭りの前夜(よみや)だったので、皆さんはふかし(赤飯)や煮しめを作るのに忙しかった記憶が。
今日は11名もの方にご参加いただきました!嬉しい!
有難うございます。
宮古市とひとくちに言っても、地域によって風習も言葉も違うのですが、私が一番最初に興味を抱いた言葉や風習は鍬ヶ崎由来のものが多かったので、ここに来るとつい向学心(学生時代は皆無だったもの)が頭をもたげて、質問を矢継ぎ早にしてしまうのでした。
今日は
「ほうでいがねえ」
という言葉をマスターしました!
活動後、今まで記録用に撮影してきたデジカメの画像をプリントしてきたのですが、皆さんとても懐かしそうに眺めてらっしゃいました。もう仮設を出た方も映っているようで、懐かしがっている方も沢山いました。
仮設というと、次へのステップまでの「仮の時間」と思っている人は多いのではないでしょうか?実はそうではありません。
仮設住宅は仮の住まいですが、そこに住み日々を暮らすという時間は「仮の時間」ではなく、血肉の通った本当の時間です。思い出も出来れば、感情が様々渦巻いています。このことを是非、全国の皆さんにも知っていただければと思います。

12月 22

宮古市「近内」「西が丘」 2012/12/22

全国の音楽療法士の皆さん。
今日のゲストはすごいですよ。
Imgp5587
ドーーーーーン!!
岡崎香奈さんです。
香奈ちゃん、何と二回目の宮古市来訪です。
自費で。自腹で。
(強調)
智田くんが困ってるだろうから、何か力になれるんだったら何でも言って!と、会うたびに言ってくれていましたが、こうやって実際に被災地へ足を運んで一緒にセッションをしてくれて、本当にありがたいです。
午前 10:30-11:30 近内
早速、香奈ちゃんには伴奏をしてもらいました。歌に専念できて、楽!つーか、自分が弾くのと段違いのクオリティ!いえー!
何だかブログの文章もテンション高いですが、全国の音楽療法士さんならこの私の気持ち、分かってくださると思います。なすちゃんがアシスタントしてくれているとはいえ、音楽的な面での運営・進行は自分一人でいつもまかなっていたので、もう一人の音楽療法士が一緒にいてくれるというのは非常に嬉しく、助かります。しかもそれが岡崎香奈って、ねえ。
贅沢。
今日は仮設から引っ越した方も、久々にいらしてくださって、同窓会みたいな雰囲気で歌を歌うことができました。
参加者同士の忌憚のない会話も、聞いていて安心しました。
親密な雰囲気でのセッション、何よりです。
午後 13:30-14:30 西が丘
実は我々、昼ごはんを生協のお弁当購入して、ここの談話室を借りて食べましょうと図々しく昼前にお邪魔したんですが、数名の方が機織りをしている最中で、悪いことしました。それなのに、数名の方が差し入れ(りんごやカステラ)を下さって、ほんとうにすいませんでした。
Imgp5611
再び至福のセッション構造。
9名の方がご参加下さいました。
入室された途端
「今日も楽しませて下さいね」
とにっこり微笑む方がいて、ハードル高!とびびりつつ、よし!頑張って楽しんでもらおうと自分を奮い立たせてみました。
なすちゃんも頑張って踊ってくれました。
ありがとう!
明日は、この後の大槌町の様子をお届けいたします。
お楽しみに!
(現在、香奈ちゃんのお土産の鶏の水炊きを食べているところです。うめえ)

12月 15

宮古市「崎山」「第二中学校」 2012/12/15

午前 10:30-11:30 崎山
雨の降りしきる山間の仮説に到着すると、すでにお二人の方が談話室に佇んでいらっしゃいました。挨拶を交わすと、開口一番
「今日はあまり人は来ないと思います、保育所の発表会もあるし、風邪ひきの方も多いから」
と言われ
「大丈夫ですよ、少なくても」
と答えました。
その後、ぽつりぽつりと人が集まり始めて、開始の合図も無くじんわりと歌の時間となりました。いつもご参加くださる女性で、耳の不自由な方がいらっしゃるのですが、歌が大好きで、以前に記憶した歌なら歌詞を見ずに全部歌えるほどに暗記されたいるようです。今日もひっきりなしにリクエストを出して、歌詞の前に陣取って独唱しておられました。
Imgp5424
声が届かないので、伴奏をほっといてボディタッチでリズムを伝える方式を取りました。一緒に歌うと、何となく出だしは合います。でも時々「夢追い酒」のメロディで「女のみち」を歌うといったハプニングもありました。まあ、それも楽しいんですけどね。
活動開始から数十分して、参加者のお一人が窓を開けて
「ちょっと!歌だからあんたおいでよ」
と男性を大声で誘いました。
するとその方は
「待って、家から替え唄の歌詞持ってくる」
と、プラスティックの下敷きに挟まれたA4サイズのコピー用紙を、大事そうに抱えて入室。替え唄を歌いましょう、と私にそれを見せて下さいました。
「好きになった人」と「お座敷小唄」の替え歌は、健康についての教訓みたいな歌詞でした。
「これに合わせて弾いてくれ、音声さん!」
私、生まれて初めて「音声さん」と呼ばれました‥新鮮。
この他、鍬ヶ崎地域出身の方から聴いた「その土地で有名な人のエピソード」を話した際に
「あまり障がいのある人の話っこするもんじゃねえ、家族の人聴いたら悲しむべ」
と私を諭す人もいらっしゃいました。配慮が足らず、反省しきりです。
午後 13:30-14:30 第二中学校
今回も入室と同時に、コーヒーを煎れていただきました。ここにはコーヒー名人の男性がいらっしゃるんです!ありがとうございます!
(しかもチェイサー?のお水つき)
セッションの最中、明日投票を控えた候補者の選挙カーが敷地内に来て、歌の途中でしたが皆さん窓に向かって手を振っておられました。明日の被災地を左右する大事な選挙ですもんね。
あと、開始直前に地震があって、私が
「まんぜーろぐ、まんぜーろぐ」
と口走ったら
「久々に聞いたわ、それ」
と皆さん反応なさってました。これ、いつぞや仮設で聞いた、地震の時のおまじないなんですね。
Imgp5457
たくさん歌を歌いました!
さて、午後の仮設後に大槌町が無い日は、いつも宮古市社会福祉協議会高齢者デイサービスセンターで音楽療法を行っているのですが、今日は忘年会のスペシャルヴァージョンってことで、私もなすちゃんも被り物をして頑張りました。
(残念ながら被り物の画像はありませんが)
終了後、なんと!!皆さんからということで、鉢植えと手芸作品をいただきました。ありがとうございます~大事にしますね!
また来年もよろしくお願いします。

12月 08

宮古市「田鎖」「児童相談所」 2012/12/8

今朝の盛岡は銀世界‥と言うと美しい感じですが、運転する立場から言わせていただくと
「何だコノヤロー」(声:猪木)
です。
良く皆さんから
「毎週のように沿岸行って大変でしょう、過酷でしょう」
と言っていただくのですが
「えー別にへのかっぱっすよ」
(鼻くそほじりながら)
と答えておりましたが、すいません。
こういう日は過酷です‥過酷です‥。
大事なことなので二回言いました。
午前 10:30-11:30 田鎖
「わたしゃ、追っかけですから」
と言って下さる「きれまち仮設」の男性が今日もわざわざ来てくださいました‥ありがたや~。
この方は歌謡曲にものすごく詳しくて、毎回いろんな知られざる曲を教えてくださいます。
「今度、あの曲持ってきてよ!」
と宿題を出されるので、必ずそれを練習して持参するようにしています。
今回は
「僕は流しの運転手」
という曲でした。皆さん、知ってます?
Imgp5192
クリスマスツリーがありました。
田鎖にお住まいの方で、昔捕鯨をなさっていたという男性もご参加くださいましたが、お話がとても面白かった!
「おいらの船は300トン」
を歌ったあと
「この歌詞の通り、インド洋も行かれました?」
と聞いたら
「インド洋を通り越して南氷洋だよ、赤道を越す時はお祭り騒ぎだ」
と教えてくれました。みんな裸で海に飛び込んだりするそうです。ほー。
午後 13:30-14:30 児童相談所
1時過ぎに談話室に入ると、数名の方が何やらミーティングをされていました。お!ここも手芸が盛んのようですね!
エコクラフトというリボンを使った籠作りを現在トライしているとのこと。作品を拝見しましたが、見事です。
Imgp5211
高く売れそうですね!
男性が音楽療法に参加されるのは珍しいことなのですが、ここでは前回に続きお一人が楽しく歌を歌ってくださいました。
「娘よ」
をリクエストなさったのですが、ご自身も3人の娘さんがいらっしゃるとのこと。いつか娘さんがお嫁にいく時は歌うぞ!と笑いながらおっしゃってました。
手芸の件ですが、浄土ヶ浜の仮設でも言われましたが、他の仮設の皆さんがいったいどんな手芸に取り組んでいるのか、どこからどんな人が支援に来て指導しているのか、情報を共有したいとおっしゃってました。
震災津波から1年半以上が経過し、それぞれの仮設で異なる活動をして軌道にのってきた時期です。横のつながりが何かあればいいのかもしれませんね。

11月 24

宮古市「藤畑」「高浜」 2012/11/24

午前 10:30-11:30 藤畑
この仮設は入口にとても大きなけやきの木がそびえています。風の強い日は、けやきの枝がまるで「鳴いている」ように音を鳴らすのだそうです。
Imgp4976
前回は女性一人と、親子連れだけでこぢんまりとセッションを行いましたが、今日は沢山の方にご参加いただきました。前列に座った3名は、ここではなくちょっと歩いた場所にお住まいの方だそうです。岩手日報の生活情報をご覧になって、いらしたとのこと。
全部で13曲を歌い、体を動かしました。
活動後、いつも談話室の暖房などお世話をしてくださるKさん、自治会長さんたちとお茶を飲む時間がありました。そこで「仕事に就いたり引っ越したりで、最近は談話室で活動する人が少なくなった」と聞きました。藤畑といえば、先週の作品展示会でもKさんの素敵な作品が展示されているほど、手芸等の活動が活発な場所だと思っていたので、ちょっと意外でしたが、お一人の方から
「もう散々、手芸をやってきてそろそろ疲れてきました。休みたい」
との言葉が出て、考えさせられました。
住民同士集まって、手芸をやりたいから材料が欲しい。教えてくれる先生が来てくれるといい。そんな声ばかりを聞いていた私にとっては、初めて聞く声でした。
それを横で聞いていたKさんは
「でも、作ったものを喜んで下さる方がいるなら、これからも作りたいですね」
とおっしゃってました。
Kさんは、先週届けた手芸の材料をとても喜んで下さって、色々工夫してすでに活用しているご様子。ふくろうやイカのマスコットを飾る木の弦は、ご自身で山から採取してくるんだそうです。
午後 13:30-14:30 高浜
開始時間の30分前に到着、準備していると何度もここで会ったことのある小学生男子(ちょっと太め)が遊びに来ました。
「キーボード触りにきたの?」
「うん」
大人が来るまでね、という約束で自由に使わせました。まあ、力任せに叩いたりボリュームをあげたりしたら注意しますが。
これも発散になるんでしょうね。
前までは大人が来ても、やり足りない!と言ってしつこく触っていましたが、今日は何も言わずに
「じゃ」
と言って去っていきました。それはそれで寂しい。
今日は4名の方にご参加いただきました。
(終了間際にもうお一人)
歌も歌いましたが、皆さんの元住んでいた場所の思い出話や、宮古のことなどを教えていただく時間が多かったように思います。
Imgp5009
リクエスト曲の思い出も聞きました。亡くなった方を悼む気持ちでこれを歌ってらした、と教えていただき、私も気持ちが引き締まりました。
引き締まったわりには、携帯電話を忘れていったん取りに戻りましたが。ボケナスですいません。