3月 16

宮古市「崎山」「第二中学校」 2013/3/16

日本音楽療法学会近畿支部長、鈴木暁子先生をお迎えしての被災地支援第二回目でした。個人的なボランティアで遠方からいらしてくださり、本当にありがたく思います。
午前10:30-11:30 崎山
Imgp6586
「時間になっても、誰も来ないねえ」
時間前からずっと談話室で待っていてくださった方が何度も残念がっていましたが、徐々に少しずつ、人が増えていきました。良かった。
鈴木先生がわざわざ持参して下さった布を使い、参加者の皆さんと一緒に四十肩体操をしました。曲は「瀬戸の花嫁」でした。保育園に通う子供も来て、ちょっと焦点がぶれてしまい、終わった後にアシスタントなすちゃんから
「今日のセッションは何だかとっちらかっていたような気がする」
とダメ出しされてしまいました。面目ない。
「泰の娘、という曲が歌いたい」
と思い出話をして下さった方に応じることが出来なかったので、次回までの宿題とさせてもらいました。
午後 13:30-14:30 第二中学校
崎山でとっちらかったセッションをしてしまった失点を取り戻すべく、大勢の皆さんと一緒に楽しく朗らかな内容を心がけてたくさんの歌を歌いました。
Imgp6606
なすちゃんも頑張って踊りを踊りましたよ。
太い身体でゆさゆさ踊ると皆さん大喜び!
ところで第二中学校を担当していた支援員さんは、諸事情により今月で退職されるとのこと。統括している部署の決まりで、再任はされないらしいです。就職率をあげるため、と説明されましたが、住人の皆さんにとっては慣れ親しんだ人が継続してお世話したほうが良いんじゃないかな、と個人的に思っているので至極残念です。連絡先を教えていただき、これからも連絡を密に取り合ってお付き合いさせていただこうと思っています。

3月 09

宮古市「あゆみ公園」「ODENSEⅡ」 2013/3/9

春のような陽気で根雪もとけて、毎回苦労していた道中もスムースに‥と思っていた矢先、田んぼに頭から突っ込んで転倒している車とたくさんのパトカーを目撃して「うわー」と思いましたが、今日も無事に宮古市に到着しました。いやー毎回、波乱万丈。
午前 10:30-11:30 あゆみ公園
前日、職場に電話が入り
「先生、俺だよ」
と開口一番。お、この声はあゆみ公園にいたKさん!避難所時代からずっと音楽療法の時間に参加してくださった方です。ご夫婦で飲み屋さんを営んでいらしたのですが、津波で流されて、仮設に入居されていたのですが、昨年末に晴れて新築。再び元の場所で開業したと聞いてました。
「明日、仮設来るんだろ?俺たちも行くからさ、その後に良かったらうちの店に来てお昼でも食っていってよ」
とお誘いの電話でした。いえーい、楽しみ!
と言う訳で、仮設に到着したら外でKさんがわざわざ出迎えてくださってました。他にお馴染の皆さんもいらして、歌と体操のサロンというより、懐かしい同窓会のような時間を過ごしました。
この後、Kさんのお店にお邪魔して美味しいご飯をご馳走になったのですが、その様子は明日のブログで書きますね。
活動中、鍬ヶ崎出身の女性に
「良かったら、午後から鍬ヶ崎で音楽療法するので、そちらにも参加しませんか?津波前に近所だった鍬ヶ崎の皆さんが沢山いて、きっと懐かしいですよ」
とお誘いしたら、快く応じて下さったので、Kさんのお店のあとにお連れしました。
午後 13:30-14:30 ODENSEⅡ
ODENSEってなんだそれ!と社会福祉協議会からの巡回スケジュールを見て思ったものですが、立命館大学のボランティアチームが瓦礫撤去あとの空き地に建設したコミュニティスペースということでした。何度か遠目に目撃はしてましたが、近くに行って見てみるとかなり強烈なインパクトの建物でした。
Imgp6439
見よ!このエントランス!
Imgp6450
中はこんな感じです。
タルコフスキーとかキューブリックの映画みたい!
あゆみ公園からお連れした女性はこのODENSEのすぐ近くにお住まいだったので、鍬ヶ崎住民の皆さんから
「わあ、懐かしい!元気だった?」
「良く来たねえ」
と声をかけられ、とても嬉しそうでした。
ここ鍬ヶ崎地区に住んでいた住人の皆さんは、鍬ヶ崎小学校の仮設の他、第二中学校や中里団地にもいらっしゃるので、いつか同窓会のような感じで皆さんを一堂に集めて、音楽療法の会を出来るといいなあと、ふと思いました。これから仮設を退去してさらにコミュニティが分散化してしまう時期に入るので、どうしたら横のつながりを保持していけるのかを考える必要があるのではないでしょうか。
私のささやかな活動が、その一助になれば幸いなのですが。

2月 23

宮古市「なかよし公園」「高浜」 2013/2/23

午前 10:30-11:30 なかよし公園
一番最初に来室した方と、しばらくお話をすることが出来ました。この方は福祉施設のお仕事をしながら、あちこちに踊りを教えている先生です。他の仮設の皆さんのことも、良く把握なさっていて、とても貴重な情報を教えていただきました。ここには書けませんが、個人的にショックな出来事も知りました。
2011年10月からずっと続けている仮設住宅での音楽療法ですが、ここ数カ月はなるべく参加したお一人お一人のことを把握しようと思って、相手の同意が得られた後に(本人の負担にならないよう留意しながら)津波前はどこに住んでいたのか?今の暮らしはどうか?将来的にはどうするのか?などについて語り合っています。また「どこの仮設でどんなことしているか全然わからない」という人が多いので、仮設と仮設の架け橋のような役割も将来的に出来ればなあ、と思っています。
Imgp6301
時間を過ぎて、ぽつぽつと人が集まってきました。初参加の方もいらっしゃいますが、私が一番最初になかよし公園にお邪魔した時にいらした男性が再び来てくださいました。「異国の丘」を歌った時に、ご自身の戦争体験を離してくださった方です。今日は「満州娘」を歌い、新京での思い出を語ってくれました。
多くのリクエストをいただいて、楽しく1時間過ごしました。
午後 13:30-14:30 高浜
「あら、早いわね。今日は管理人さんが休みだから住民みんなで早く集まって先生いらっしゃる前に暖房とか部屋の準備しようって話していたのに」
と、常連の女性に笑われるほど早く到着してしまいました。遅刻は厳禁ですが、早すぎるのも迷惑なんですよねえ、反省。
談話室には新しいハンドクラフト作品がありました。卵の殻を使ったポプリだそうです。殻にはきれいな色紙が貼ってありました。
Imgp6320
6名の方がご参加くださいましたが、前回まで殆ど参加していた方の姿が見えず、お聞きしたところ体調を崩しておられるとのこと。心配です。年配の方が長期間仮設で暮らすということが、どれほど過酷なことか。相当な負担を感じていると思います。こうやってみんなで寄り集まる場所がある、というのは心のよりどころになっているんでしょうね。

2月 16

宮古市「藤畑」「児童相談所」 2013/2/16

午前 10:30-11:30 藤畑
時間になっても誰も来ない~と言いつつ、空いた時間に「洋楽1000曲」というオトロシイ楽譜集で洋楽の練習をするわたくしでした。最近、JAZZ弾いて!とかシャンソン歌って!といったリクエストも増えてきたので、泥縄ですが密かに努力はしていました。壁を見ると、手芸作品のバリエーションが増えていて、びっくり!
Imgp6181
やっとお二人ほどお見えになったのですが、話に花が咲いて、結局1時間ずっと歌わずにあれこれよもやま話をしていました。
昨年の9月からめっきりボランティアやイベントが激減してきた、と聞いて残念に思いましたが、全国から被災地に足を運び続けるのはお金も大変だなのだからしょうがないねえとおっしゃってました。そうですよね。これからは我々岩手に住む人間が継続して支援を頑張らねば!と思います。
残り時間数分という時に、もうお一人部屋にいらして、山田町のNPO問題(皆さんご存知でしょうか)についての怒りをぶちまけていきました。胸が痛むことばかりです。
午後 13:30-14:30 児童相談所
昨日のブログでもご紹介しました、イベントで集まった義捐金で手芸材料(エコクラフト)を買ってお届けしたのですが、住民の方に何と!お礼として作品をちょうだいしました。
Imgp6201
素晴らしい篭です!嬉しい!
これを持って隣のスーパーで買い物します!
(楽譜入れにしてね、と言われましたけど)
Imgp6211
後半、男性が入室してきて
「蛍の光、英語の歌詞で歌えるか?」
と質問してきました。英語?
「港から出て行く外国の船があると、歌うんだよな」
と言われました。
 あ ! た ま た ま 楽 譜 持 っ て き た か も ! 
午前中、人がいない時間に練習で使った楽譜集を、なすちゃんに車から持ってきてもらって、たまたまボールペン挟んでいたところを開いたら、ドンピシャで蛍の光が!!何これ、どんな偶然でしょうか!?
実際に歌ったら、古い英語なので大変でしたが、リクエストに応えることができて非常に安堵しました。良かった。
このあとは宮古市社会福祉協議会の高齢者デイサービスに行ってセッションをしました。大槌町の予定が入っていない週は必ずここにお邪魔しているのですが、今日は色々と新しい活動を行いました。
Imgp6212

2月 09

宮古市「中里」「浄土ヶ浜」 2013/2/9

先週みたいに国道が通行止めになっていませんように‥と祈りながら出発しました。幸い、圧雪の道路でつるつるではあったものの天気は良かったので、何とか時間前に到着しましたよ。でも3台がからむ追突事故は目撃しましたが‥おそろしや。
つるばらつるばら(大島弓子)。
午前 10:30-11:30 中里
「お邪魔します」
と言って談話室に入ると
「もうお邪魔してますよー」
と中から声が。
すでに3名の方がいらしてました。
Imgp6100
「以前の活動場面をプリントアウトしてきました、良かったら写っている人のお名前教えていただけますか」
と記録するために皆さんと閲覧しているうちに、どんどん人が集まって来て
「あらー、この人懐かしいわね」
「やーだ太ってるー」
と皆さんで盛り上がりました。
そして活動開始。
たくさんの皆さんにお集まりいただき、時間いっぱい歌を歌いました。
Imgp6106
これまでの巡回活動で見聞きした、昔の宮古市のあれこれを話していると、さらに別の思い出話が出てきます。とてもためになります。
午後 13:30-14:30 浄土ヶ浜
入室すると、今まであった機織り機が無い!
「どこにいったんですか?」
と支援員さんに聞くと
「手狭になったので、空室になった部屋に移したよ。活動はその部屋でやっているから、時間になったら皆さんそこからここに来ますよ」
と教えていただきました。
Imgp6129
さをり織りサークル「とつこ」の皆さんと歌を歌いました。
昔、東京で好きな歌手のリサイタル見たのよー、といった思い出話を聞かせていただきました。意外と皆さん、めんくい‥。
ふふふ。
「また来てね」
「来ますよー」
と言ってお別れしました。
また来ます!