9月 23

宮古市「崎山」「第二中学校」 2012/9/22

先週、恐ろしい程喉の調子が悪かったので、この一週間は安静にしておりました。お陰で、何とか元の声が出るようになったのですが(汚い話で恐縮ですが)時々タンがからんで大変でした。
長いスパンで被災地支援するには、自分の健康管理も重要な任務だな、と痛感した次第です。
午前 10:30-11:30 崎山
到着すると、談話室脇のベンチに皆さんお集まりでした。
ここは子供の多い仮設なのですが、ちょうど首都圏の大学から学生ボランティアのお兄さん・お姉さんがいて、子供の相手をしてくれていました。ありがたい!
談話室に入って、元・漁師の巡回員さんが用意してくださった配置でキーボードと歌詞を準備。いつもありがとうございます。
今回の参加者は6名。年配の皆さんです。
あれ?外でお兄さんたちと遊んでいたはずの子供が数名、キーボード触りに来た!Imgp3273
しかも、持って来た楽器(楽器なのか?チキンの人形だけど)持って外に遊びに行った!
同行者のなすちゃんは、子供たちの襲来でだいぶぐったりしている様子。
すまんのう。でも、子供たちもいろいろたまっているのかもしれないよ。
子供の相手してくれるボランティアは本当にありがたく、助かります。もっと来てね。
肝心のセッションは、お一人とても唄にお詳しい方がいらして、何と全ての曲を3番までソラで歌えるんです。
活動を牽引していただきました。
興味関心をもってご参加いただくと、やりがいがありますね。
午後 13:30-14:30 第二中学校
ここの巡回員さんも、毎回とても協力的で準備をしてくださっています。感謝!
そして楽しみなのが、Nさんという男性。囲碁はプロ並み、そしていれてくださるコーヒーも素晴らしい。
毎回、活動前にはご馳走になっています。ありがとうございます。
巡回員のAさんとお話していて
「皆さんが仮設から出て、それぞれの住居に落ち着くまであと4年はかかるでしょう」
と言われ、だったら私も4年通いますよ!と決意をあらたにしました。
参加して下さった皆さんは全部で14名。大勢の皆さんに集まっていただいて、感激です。
ありがとうございます。
泣くほど笑っていただいて、嬉しかったです。
あと、選曲の際には「選曲部長」の役を買って出て下さった方もいらして。いやー、ぐいぐい来られるとこっちもテンションあがります。
今度来る時はもっと曲、増やしておきますね。

9月 16

宮古市「田鎖」「児童相談所」2012/9/15

実は数日前から熱があり、下がらなかったら申し訳ないけどキャンセルしなければ(支援者が風邪を持ち込んで感染源になるのは言語道断の大罪です)‥と思っていたのですが、前日に休みをもらってずっと寝ていたのが功を奏したのか、朝熱を測ったら大丈夫だったので安堵しながら出かけたのですが。
病み上がりのせいか、この日は色々ありました‥。
まず宮古市に到着して午前の現場へ‥と向かった先が鍬ヶ崎小学校の仮設だったのですが、談話室に入ったら住民の方と巡回員の方に
「あれ?音楽の人だよね、今日はここじゃないよ」
と言われました。な、なぬ??
巡回員さんが表を調べて
「今日は田鎖になってるね」
と言って下さり、平謝りしてから大急ぎで移動しました。‥5分遅刻しました。
(実は社協さんからスケジュールの変更をあとから連絡されていたのに、すっかり忘れて最初の表をそのまま手帳に書き写していた単純ミスでした‥ばかばか)
午前 10:30-11:30 田鎖
談話室の中に入ると、既に大勢の皆さんが待機してくださってました。ああああああ、すいません。
ん?あなたは田鎖ではなく、きれまち仮設の方では?と思って聞くと
「なかなかうちに来ないから、こっちまで聞きに来たよ」
と。
なんとありがたい!!なのに遅れてすいません!!
(再び平謝り)
Imgp3098
きれまち仮設からわざわざ足を運んで下さった男性は、以前
「他の音楽の慰問は、こっちが何か曲をリクエストしても知らぬ存ぜぬで、さっぱり話が通じない。でもあなたは即座に対応してくれるから面白い」
と言って下さったのですが、この日リクエストされた「坊がつる賛歌」「ふるさとの話をしよう」「おんな船頭唄」は歌詞の用意が無く、せっかく褒めてくださったのに~と悔しい思いをしました。
変わりに、他の三橋美智也、北原謙二、なんとか賛歌で‥と思い「リンゴ村から」「若いふたり」「雪山賛歌」となりました。
現在、巡回の際には童謡唱歌・流行歌・民謡など250曲の歌詞を持ち歩いていますが、まだまだ足りないので日々増やしています。こうやって対応できなかったものはその週のうちに書いて足すようにしています。
知らなかった曲をおぼえる良い機会でもあり、音楽療法士としてはまたとない勉強のチャンスです。
ここで今日最大の問題が。
声が‥出ないんです。風邪は治ったのに、今日になっていきなり声が枯れてしまいました。
プロ失格です。無理やり歌おうとするとスリムクラブの人みたいに。
仕方が無いので、同行したなすちゃん(運転もしてくれる120kg男性)に頑張ってもらいました。有難う、なすちゃん!
前回、ここ田鎖で参加された女性から
「ずいぶん、お痩せになったんですね」
と帰り際に言われました。
そう‥ここ数カ月で私、10kgくらい体重が減ったんです。一度しかお会いしてないのに、良くおぼえていてくださっていて、ありがたいかぎりです。
午後 13:30-14:30 児童相談所
ここは4回目の訪問です。
1回目‥参加なし
2回目‥5名参加
3回目‥2名+他の仮設からお連れした方1名
さて今日はどれくらい人がいらっしゃるかしら‥と談話室のドアを開けようとした時、背後から
「あ、いいとこに来た!ちょっとこれ運んで!」
と見覚えのある女性から声をかけられました。
「これ、女では運べないのよ。悪いけど持ってきて」
と指をさした先には、みっちりとジャガイモの詰まった段ボール箱が6つ。
言われるまま、えっちらおっちらと箱を移動させました。
うちの母も、初対面の音楽療法士さんが我が家に遊びに来た時、挨拶もろくにせず
「あ、いいとこに来た!ちょっと餃子の皮をつつむの手伝って!」
と言ったことがあるのですが、それをなんとなく思い出してみました。
(ちなみにその音楽療法士さんは平田紀子さんといいます)
この日は珍しく、男性の参加者がお二人もいらっしゃいました。どちらの方も音楽療法は初参加です。
立て続けに、並べた歌詞カードからリクエストを下さいました。言われるままどんどん弾きまくる私。
こういう、打てば響くようなセッションは大好きです。
Imgp3122
声はまともに出ませんでしたが、張り切ってなすちゃんと二人で踊りを披露しました。
「名コンビだね」
とのおほめの言葉をもらいました。いえー。
14:45-15:30 高齢者デイサービスセンター
この日は、皆さんと
「声に出して読みたい日本語」
ということで、徒然草や平家物語、方丈記や枕草子の冒頭を一緒に朗読してみました。
旧かなづかいもバッチリでした。
Imgp3130
杜甫の「春望」も読みましたが、解説がいつも通りの私流カジュアルだったので、どこかニュアンスが違っていたかもしれません‥アデランスイブファインがどーのとか。
きちんと勉強しておきます。
あと喉ちゃんと直しておきます‥。

9月 10

宮古市「藤畑」「高浜」2012/9/8

午前10:20-11:20 藤畑
藤畑の仮設は3回目の訪問。
最初に来た日は、岩手日報の記事に取り上げられた菜園開始の日でした。
その時、紫蘇をまこうとしている住人の方に
「紫蘇をまく時は、種を一晩お水に浸けておかないと発芽しないかもしれませんよ」
と(余計なことだったかもしれませんが)アドバイスしたのをおぼえています。
Imgp3008
この日は時間になっても誰も来なかったので、これは参加ゼロかな?と思ったのですが。
やがて、一人の女性と、若いお母さん&お子さん3人がいらっしゃいました。
子供は幼稚園、2歳、1歳?と小さかったので、急きょアシスタントのなすちゃんに玩具と風船セットを車から持ってきてもらいました。
風船セットはとても便利なんです。普通の丸い風船と、アートバルーンを常備してます。玩具も、音のなる豚の人形とか、そういうのを揃えてます。
一番大きいお兄ちゃんが仮面ライダー大好き!というので、バルーンで剣を作り、玩具を怪人にみたててバトルごっこで遊びました。
仮設の子供たちは風船ひとつ、素朴な玩具ひとつでとても喜んでくれます。きっと、より年の近い子供と一緒だったらもっとハッスルしたかもしれませんが、まあ40代のおっさんで我慢してもらいました。てへへ。
1時間ほど遊んでからお別れすると「またね、バイバイ」とお兄ちゃんから言われました。
聞きわけの良さがかえって切ない気持ちにさせました。
また来るよ!おじさんだけど!!
それにしても、子供用の音楽をもっと知っていないと駄目だなーと痛感。
仮面ライダー、戦隊もの、プリキュアは必須ですね。
帰り際、宮古工業高校の近くに被災した食堂が新たに建物を新築して営業している、と聞いてそこに向かいました。
私はカツフライ定食、アシスタントのなすちゃんは何故かトン汁定食を食べました。
午後13:30-14:30 高浜
高浜は何度も訪問している場所です。この日は日本赤十字社の皆さんも一緒でした。
談話室に入ると、見覚えのあるちょっと太めの小学生男子がいて、キーボードを触りたそうにしていたのでさっそく電源をつなげました。
音色を変えながら、少々乱暴な手つきで即興を楽しんでいましたが、時間になると友達と一緒にどこかへ去っていきました。
Imgp3043
会場には10名、住民の方々が集まって下さいました。
サイコロの目で「どの年代の唄をうたうか」を決め、10曲を合唱しました。
その後は日赤の男性職員にも飛び入り参加していただき、しかも芸者と侍のカツラをかぶってもらいながら、あてふりで面白おかしく踊ってみました。なんてノリの良い皆さん!とびっくり。ありがとうございます!
仮設での音楽療法は、とにかく「楽しんでもらう」ことを目指しています。
涙が出るほど、腹を抱えて笑ってもらうと本望です。
この日も、皆さんとても笑って下さったので、来た甲斐がありました。