12月 15

宮古市「鍬ケ崎小」「西が丘」2017/12/3

午前10:30- 鍬ケ崎小

この日の午前中に訪問した鍬ケ崎小学校仮設には、元住民の方々の他に社協さんがお一人訪ねていらっしゃいました。何かしらと思ったら、翌週に開催される支援団体感謝祭というイベントについての打ち合わせでした。一応、我々はお招きいただく側なのですが、集まった皆さんでひとつ歌でも歌いましょう、という場面で我々がお役に立てそうなので、お引き受けしました。壇上に座ってお礼を言われるがままの参加よりはずっと気が楽ですし、ワクワクします。嬉しい。

IMG_1538

というわけで、社協さんもついでにサロン参加していただきました。アシスタントなすちゃんと一緒に、椅子を使った体操を楽しんでいる画像です。

IMG_2189

「歌と体操のサロン」しおりを皆さんにお配りして、健康に良い歌の歌い方や体操の効果についての説明を一時間実技を交えて行いました。「回想法」「現実見当識」に関する説明では、地域に伝わる年中行事が長期記憶を呼び起こすカギになります、ということで、鍬ケ崎地区のお祭りや当時の街並み、出来事について皆さんから教えていただきました。しおりは配っただけで完結、ということではなく、そこに皆さんが各自色々と書き加えていただくことで完成となります。仮設住宅が全部撤去されて、元住民の皆さんが散り散りになった後でも、このしおりをもとにまた皆さんとどこかで会えるように、という目印のつもりで作りました。リーフレットの形をした、小さな約束です。

午後13:30- 西が丘

近所の生協でお弁当を買って、西が丘仮設の談話室で食べました。皆さんが集まってくるまでの時間は、つかの間の休息となっています。皆さんがここを転居した後からも、新たな人々(他の仮設から集約された人や、別の災害で被災した人)が入居していますが、談話室を使っているのは我々のサロンの常連にもなっている元住民の有志だけです。

IMG_2209

開始時間の直前に皆さんお揃いになったので、ここでもしおりを元にあれこれ音楽と体操についての健康法をお話いたしました。そうそう、この数日前に田老地区で鮭あわび祭りというイベントが開催されたのですが、2017年は近年まれにみる鮭の不作で、新巻き鮭もイクラもほとんど手に入らず、売っていても目の飛び出る値段になっているので皆さんお正月を迎える準備に支障が出ています。

何はともあれ、あと一か月足らずで新しい年を迎えなければならないので、ここは気分転換で楽しく過ごしましょうね!と懐メロをたっぷりと歌いました。ありがとうございました。

11月 29

宮古市「愛宕小」「中里」2017/11/18

午前10:30-11:30 愛宕小

「そろそろ三陸道路(宮古市-山田町)が開通じゃなかった?」

と宮古市に入ってから気づきましたが、アシスタントなすちゃんから

「今日じゃなくて明日みたいですよ」

と言われました。待ちに待った開通、早く乗ってみたい!!ということで、翌日の大槌町から盛岡へ帰る時は釜石経由じゃなくて宮古経由にしましょう!と決めました。ワクワクします。

IMG_2075

愛宕小仮設では、出来立てのホヤホヤ!な「歌と体操のサロン」しおり(内容の解説を書いてある配布用のリーフレット)を皆さんに手渡してから、アシスタントなすちゃんが読み上げて皆さんに説明しました。歌の上手な歌い方、健康に良い発声法などをあらためて言葉で説明すると、こちら側も学びの機会になるなあと思いました。

IMG_1053

活動後はKさんお手製のタンメンをご馳走になりました。美味でした!ありがとうございます。

午後13:30-14:30 中里

中里は正式には「愛宕公園仮設」と言うのですが、宮古市内にあるここ数か月で閉鎖・解体となった仮設団地に備品として置いてあったベンチとテーブルが集約されていました。六年以上、風雨にさらされてすっかり色あせた木の質感が、何とも侘しく感じられた光景でした。

IMG_1060

談話室には既に数名の方が集まってました。遠いご自宅から坂道を歩いてここまで来るのは大変なの!と皆さんおっしゃってましたが、それでも我々のサロンを含めてイベント開催が楽しみだから‥と教えてもらいました。気合が入ります!!

IMG_2085

ここでも「歌と体操のサロン」しおりを用いて、なすちゃんが奮闘しました。毎回そうなんですが、発声でモチーフに使う語句に「俳句」というのがあるのですが、彼は最初

「豚の耳に念仏」

と口走ってしまったので、私がその後もしつこくネチネチとからかっていたら、最近は真顔で無視して続行するようになりました。うーん、寂しい。最後は「ラストダンスは私に」という名曲で抗重力筋の運動をして終わりとなりました。皆さん、大変お疲れ様でした!!

11月 10

宮古市「津軽石公営住宅」「近内公営住宅」2017/11/5

午前10:30- 津軽石公営住宅

宮古市社会福祉協議会から割り当てられた巡回スケジュールでは、この日お馴染みの清寿荘隣接仮設へ訪問する予定でした。が、この数日前に電話連絡があり、最後の住人さんが転居したことをうけて、この仮設での活動は終了。かわりに、この仮設でいつもサロンに参加して下さっていた皆さんが大勢住んでいる津軽石地区の災害公営住宅にある集会所で開催してもらいたい、と言われました。寝耳に水でしたが、かねてより仮設住宅解体後の被災者支援について思いを巡らし、できれば災害公営住宅での活動を行いたいと願っていた我々には渡りに船の話でしたので、もちろん快諾しました。

IMG_1873

高浜、赤前、払川、荷竹といった近隣には何度も訪問していたのですが、津軽石地区に足を踏み入れたのはこれが初めてでした。石碑を見ると、ここにかつて津軽石村役場があったと知りました。

IMG_1879

管理人の女性(かつて仮設の活動にもいらしてくださった方)が、音楽療法の開催を住民向けに告知してくださっていたので、清寿荘隣接仮設はもとより、荷竹仮設の方(懐かしい!)、初めての方など多くの皆さんが足を運んでくださいました。立派な集会所で、大人数のサロンを実施できて大変幸せでした。

IMG_1884

数日前に作成したばかりの「歌と体操のサロンしおり」と名付けた小冊子を皆さんにお渡しして、健康に良い歌の歌い方、姿勢、呼吸、発声法、そして体操の重要性などについて一通りご説明申し上げました。これまでは歌を歌って、アシスタントなすちゃんの踊りに大笑いして、よもやま話に花を咲かせて「ああ、楽しかった。またね」と毎回終わっていたのですが、これからは小冊子を家に持ち帰っていただいて、一人になった時にも自分の健康管理に意識を向けていただければと思います。

これからも皆さん、どうぞよろしくお願いしますね!!ありがとうございました。

午後13:30- 近内公営住宅

午後は近内にある災害公営住宅へお邪魔しました。いつも賑やかなメンバーの集まる西が丘仮設の方々が現在お住いの団地です。板屋公園仮設の方も確かここにいるはず‥というのも、仮設でサロンをしていた時にその方が近内公営は唯一ペットOKだとおっしゃっていたのをおぼえていました。

IMG_1894

さて、現地に到着しましたが‥集会所は鍵が閉まったままです。社協さんに電話したところ、管理人さんから開錠してもらうようにと指示が。アシスタントなすちゃんがその方のお住まいまで訪ねて、お休み中のところわざわざ鍵を開けに来ていただきました。

「今日、サロンあるなんて聞いてないし、誰にも告知されてないから集まらないよ!」

と管理人の男性に言われました。うーん、でも仮設巡回の当初もそんな感じだったし、特に参加者ゼロでも気にならないんですよ、と告げましたが(のんきですね)

IMG_1901

「あ、あそこにいつもイベント参加している人が歩いている。おおーい!!」

と集会所の窓を開けて呼び込んで下さいました。何とその方は、西が丘仮設でリーダー役をしているKさんでした!Kさんはついさっき、社協さんから我々のサロンがあると連絡を受け、すっとんでいらしたとのこと。そして在宅していた顔見知りに声をかけて、早く集まるようにと召集をかけた!と言って下さいました。

IMG_1912

そして数分後にはこの人数の方々が足を運んで下さいました!!すごい!!藤原三丁目仮設でご一緒したTさん、初めてお会いする方々、西が丘の皆さん。わざわざありがとうございます。

IMG_1909

あまりの嬉しさに、お兄さんもこんなにハッスルしました。

近内災害公営住宅のなりたち、棟それぞれの住人の特徴、これからの課題なども皆さんの口から様々聞かれましたが、我々音楽療法チームは末永くここの皆さんの心と体の健康を支援するような活動を続けていけたら‥と思います。とても我々らしい初日でした!!

10月 15

宮古市「実田」「児童相談所」2017/10/15

午前10:30- 実田

元々公園だった実田仮設の敷地は、はらはらと黄色い落ち葉が舞い散る秋模様。早速、談話室へお邪魔します‥と中に入ったら、中学生くらいの男の子がカードバトルの最中。

「今日、何かあるんすか」

「あるのよ」

「じゃ、出ます」

素直にみんな外へ出てくれましたが、ふと見ると仮設の部屋には帰らずに通路で遊んでいるではありませんか。そこで近づいて行って

「良かったらうちの犬におやつあげて」

と話しかけてみました。犬が好きだったようで、タンタンのところへすっ飛んでいきましたよ。何だか震災当時を思い出しました。あの頃はタンタンいませんでしたが、よく避難所の近くの公園で時間をつぶしていたら近所の子供が寄ってきて、楽しく話をしたり作ってあげたアートバルーンを踏みつぶされたものです。さて、時間になり、サロン参加者の皆さんが三々五々集まってきました。今日は磯鶏地区のお祭りがあり、半分くらいの方はお休みだとのことです。

IMGP0005

「紅葉」「旅愁」「たき火」「里の秋」「赤とんぼ」「ちいさい秋見つけた」などの季節の歌を皆さんと一緒に歌ったあとは、昔の稲刈りの映像を見て、皆さんの思い出話を聞きました。

IMGP0003

「いなごは体育の時間のつかまえて、袋に二、三日ほど入れておいたわね」

「そうして糞を出させないと美味しく食べられないのよね」

などの凄いお話も飛び出たところで、皆さんに次回予告を。実は社協さんのスケジュールの都合で、2月まで皆さんとはお会いできないのでした。寂しい。

午後13:30- 児童相談所

実は、児童相談所隣接仮設へお邪魔するのはこの日が最後でした。急に、この仮設の解体が決まったのです。午前中にうかがった実田にも、さっそく児童相談所仮設から集約された住人の方がいました。サロンにいらした皆さんも、寝耳に水だったようで

「聞いてびっくりしましたよ、ずっとこの談話室は使えると思っていたのに」

とおっしゃっていました。知らされたのはつい最近だったそうです。サロンに参加してくださった方々は我々のイベント以外では、頻繁にクラフト細工でかごを編むなどのサークルを頑張っていた方々なので、集まる場所が無くなると次にどうするか急いで決めないといけないのですね。

IMG_9657

この他にはないおしゃれな内装も、もう見納めです。

IMG_9662

既にお亡くなりになった懐かしい方の写真も壁に飾ってあります。

IMG_9663

思い出がいっぱい詰まったこの談話室、私以上に皆さんにはつらい別れなのでしょう。Fさんのひ孫ちゃんも半分以上ここで育てられたようなものですからね。きっと大きくなってから思い出して、懐かしんでくれるのではないでしょうか。仮設住宅での六年間は、仮の住まいでしたが本当に楽しい出来事もたくさんあったのだと思います。

IMG_9666

映画を見たあと、最後に一緒に写真をとりました。

IMG_9669

どうぞ皆さん、いつまでもお元気で!!さようなら!!またどこかでお会いしましょう。

10月 13

宮古市「三王地区自治会研修センター」「鍬ケ崎公民館」2017/10/7

午前10:30- 三王地区自治会研修センター(田老)

いつも宮古市内の仮設へ向かう朝は大体8時過ぎに運転のアシスタントなすちゃんと共に私の自宅を出発して、10時過ぎには到着できるようにしておりますが、田老地区は宮古市と言っても中心部から車で30分から40分ほどの距離にあるので、いつもよりは早めに出てました。この日の朝も大慌てで出かけたのですが、何と!なすちゃんが財布をどこかに忘れた!としょんぼり。急いでクレジットカード会社へ電話をかけさせて、ドキドキしながら現地へ向かいました。

(翌日、某ショッピングモールで発見されたと連絡がありました)

IMG_1565

雨が降っている日だったので、さほど参加者は来ないんじゃないかな‥と思っていたのですが、何と前回より多くの方々にお集まりいただきました!嬉しい!仮設住宅はどんどん人がいなくなって、参加者も減るだけだったので、こうやって地域の公民館などでのイベントが盛り上がっていくのは我々としても不思議な感覚でした。

IMG_1575

ここ数年、他の自治体から請け負った介護予防教室でも培った、転倒予防のための体操とその目的、動きひとつひとつの意味(どの筋肉を動かしているのか、など)を口頭で伝え、実際に動いてもらう‥という流れを丁寧に行いました。何だか堅苦しくなりそう‥という時は、本来の持ち味である笑いと回想法も織り交ぜつつ、あっという間の一時間でした。帰り際、皆さんから

「楽しかった、また来てください」

「今度はいつ来るの?」

と感想をいただき、本当に感激しました。どうぞ、また二か月後に元気な皆さんの笑顔と会えますよう。どうぞよろしくお願いします!

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

財布を忘れたなすちゃんはお昼ご飯どうするのかな‥と思ったら、スマートフォンに備わったプリカ機能を使って、コンビニご飯をゲットしたようです。賢い‥そして現代っ子‥(39歳ですが)。

IMG_1582

鍬ケ崎公民館の皆さんとは、仮設時代(第二中、鍬ケ崎小、その他あちこち)からのお付き合いなので、お互い気心の知れた仲です。ほんのりと個々の健康状態、既往症、ライフスタイルなども頭に入っているので、細かく目配りしながら体操指導をしました。

IMG_1587

あとは昭和の頃の農村を題材にしたドキュメンタリー映像を見て、農家出身の皆さんから思い出話などを聴くことも出来ました。宮古市は海の街ですが、三陸海岸はすぐそばに山々があるので、農家の方も多いのですね。ちなみに山間部にお住いの方を「ザイ」と呼ぶのも、宮古市で教わりました。

帰り際、いつも通り公民館長さんからコーヒーをごちそうになっていたら、とても若いおまわりさんがいらして、一緒にコーヒーを飲みました。元気なおまわりさんが皆さんを見守っていて、安心ですね!