9月 13

宮古市「清寿荘」「高浜」2017/9/3

午前10:30- 清寿荘

清寿荘隣接仮設で開催しているサロンは、既に公営住宅などに転居した方が3名、赤前仮設から集約で移った方が1名、そして居住している親子‥というメンバーだったのですが、このうち親子が先日はれてお引越しされたとのこと。めでたいのですが、あの賑やかな子たちが

「タンタンと遊びたい!」

と駆け寄ってきて、帰りもどこまでも手を振って追いかけてくるあの光景が懐かしくて少々切なくなりましたよ。でも幸せに暮らしているといいな、と思います。そして大変なことが!リーダーのOさんが足腰が弱くなって部屋の中の移動しかできない状態だと参加者の方から聞かされました。早く良くなりますように!

IMG_1235

アシスタントなすちゃんによるQ-Renボディメンテナンス骨盤体操を実施しました。おひとりは90歳を超えているので、椅子に座ったままでなければ参加できない状態だったのですが、ハムストリングスを伸ばしたりセルフマッサージをするぶんには大丈夫だったようです。

IMG_1239

背中が汗だくのなすちゃん。皆さん、骨盤を前後にコロコロと転がす体操に四苦八苦でしたが、終わったあとは足がとても楽になったと嬉しい感想を言って下さいました。わざわざタクシーで駆けつけて下さったお二人には心から感謝です。

IMG_1231

子供たちがいなくなって寂しげなタンタン。

午後13:30- 高浜

お昼ご飯は前から気になっていた異人館という喫茶店で食べました。なかなか個性的な雰囲気のお店だったので、また機会があれば行ってみたいと思います。

IMG_1240

高浜の皆さんも、それぞれのお住まいから歩いて参加してくださいました。活動開始前には二か月ご無沙汰していた間の出来事や、昔話などを‥。

IMG_1251

ここでもなすちゃんによる実技指導を。私が驚くのは、この年代の女性は本当に股関節が柔らかくて開脚が私など比べ物にならないくらい広げることができるのですね。そしてなすちゃんも、どんどん軟体動物になってきました。いつか180度開脚できるようになるのでは‥?

9月 12

宮古市「実田」「児童相談所」2017/8/27

午前10:30- 実田

夏の終わり、遠い場所から素敵なゲストをお迎えして宮古市の仮設を巡回しました。私の盟友である音楽療法士の平田紀子さんから

「私の愛弟子がそちら伺うのでよろしく!!」

と愛情あふれるメールと共にさっそうと現れた若者、柳生さんです。

IMG_1138

まだ二十代前半ですが、とても思慮深く、真摯な姿勢で音楽療法という学問に向き合っている方です。ありがたいことに、私が行っている被災地での活動に興味を持ち、わざわざ遠方から足を運んでくれました。本当にありがとうございます。現在、三重県の大学院で医学部の修士課程に学ぶ柳生さんは、来春卒業後の就職も決まり前途洋々の有望株です。ぜひ、これからの音楽療法をけん引していただきたいです!

IMG_1139

そんなきらきらした若者が一緒だったので、心なしか実田の皆さんもお顔がつやつやと‥夏の終わりにぴったりの歌から、秋を感じさせる歌まで大きな声で歌い、スライドの活動などを行いました。また、盛岡市にあった百貨店屋上の遊園地動画を見ていただき、皆さんに宮古市内の昔の思い出を語っていただきました。

午後13:30- 児童相談所

お昼ご飯を浄土ヶ浜旅館の食堂で食べたあと、児童相談所隣接仮設へお邪魔しました。この日は皆さんで集まって、昔から取り組んでいるエコクラフトによる籠作りを行っていました。

IMG_1148

片づけをしながら皆さんから突然

「そういえば先日、Sさんが亡くなったのよ」

と聞かされて、大変な驚きでした。サロンを開始した当初から(毎回ではないにしろ)沢山の時間を共有した住民の方だったので、悲しい気持ちになりました。実は以前から病気を患っていたとのことでしたが、仮設を出て新しい暮らしを始めた矢先に、本当にお気の毒でした。お悔やみ申し上げます。

そして、いつも昭和初期のレコードや歌手について教えて下さっていた、カメラが趣味のYさんは自転車で走行中に転倒事故を起こし、足を骨折して入院中とも聞かされました。早くけががなおりますように!

IMG_1151

ここでは皆さんが希望されたので、アシスタントなすちゃんによるQ-Renボディメンテナンス骨盤体操を体験してもらいました。昔ダンサーだったのですか!と驚くほど体の柔らかい方もいて、賑やかなひと時となりました。なすちゃんも段々と教え方が板についてきたようです。

IMG_1156

お留守番のタンタンも良い子で待っていましたよ!

8月 25

宮古市「山王地区自治会研修センター」「鍬ケ崎公民館」2017/8/19

午前10:30- 山王地区自治会研修センター

今年2017年4月9日から巡回スケジュールに宮古市田老地区(旧:田老町)が入り、これまで3回訪問しましたが、会場となっていたグリーンピア田老グランド仮設に居住している方々が転居などで参加困難となり、会場が新しく造成された山王地区という団地にある公共の施設になりました。

IMG_1026

これまでも山王地区からわざわざ車でお越しいただいていた方もいて、今回は多数の参加者で賑わいましたよ!嬉しいです。

IMG_1044

お馴染みの方から、初めまして!の方まで懐かしい歌やリズム体操、脳トレのゲームなどに参加していただきました。あっという間の一時間でした。いつまでも元気で生き生きと暮らしていける身体作りと、懐かしい歌を歌って昔のことを思い出す回想法、ご近所のみなさんと集団で楽しく交流するゲーム、そして認知症予防の脳トレで、これからも隔月でお邪魔いたしますね。

活動後、我々(私とアシスタントなすちゃん)はお蕎麦屋さんで昼食をいただきましたが、会計時にレジ横で見つけたそばかりんとうを購入、とてもおいしかったです。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

ぽつりぽつりと雨が降ってきて、車両から建物への機材搬入(プロジェクター、スクリーン、キーボード)を大急ぎで行いました。開始前、館長の中島さんに美味しいコーヒーをごちそうになり、田老のかりんとうとゆべしをご一緒しました。

IMG_1046

2011年からずっと歌と体操のサロンを行っていますが、避難所→仮設住宅→公民館と場所が変わり、被災した皆さんの暮らしも変化してきている中で、6年目の今も新たな出会いがあるということがとてもうれしく、不思議に思います。この日も一時間の活動を終えた帰り際に

「サロン面白いから一緒に行こうって、誘われたんですよ。楽しかったです」

と初参加の方に感想をいただきました。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

IMG_1050

IMG_1054

8月 18

宮古市「なかよし公園」「西が丘」2017/8/6

午前10:30- なかよし公園

この日の朝はいつもと違い、少々早めに家を出て盛岡市内のとあるホテルへとある人を迎えに行きました。その人は遠くスペインはバルセロナからいらした、バイオリニストの籠島弥生さんという方です。岩手日報で定期的にスペイン関連の記事を書いているので、岩手県の方で彼女の名前を目にした方もいるかと思いますが、籠島さんはお母さまが宮古市のご出身で、小さいころ三陸の海に足を運んだことがあるとのことで、今回我々の仮設巡回ツアーへご参加くださったのです。

IMG_0998

画像は籠島さんがわざわざ持ってきてくださったスペインのお菓子。

道中の車内では、バルセロナのことをたくさん話していただきました。スペイン語とカタルーニャ語どちらもお話になる籠島さんは、現地で演奏活動や指導などをなさっているそうです。

IMG_0999

午前中のなかよし公園は、残念ながらお馴染みのメンバー半分が所用のためにお休みで、ご参加いただいたのはお二人でした。はるばる海外からお越しいただいたのにねえ、とお二人も残念がっていましたが、籠島さんは気にすることも無く日本の童謡、映画音楽などを素晴らしい音色で聞かせてくださいました。

午後13:30- 西が丘

お昼ごはんは浄土ヶ浜パークホテルのレストランで美味しい海鮮丼などをいただき、窓からの絶景を楽しみました。

IMG_6892

そして午後は西が丘です。ここの皆さんは積極的に、どんどん籠島さんへ質問をしてました!さすが!

IMG_1022

事前にどんな楽曲が好まれるか、などの問い合わせはいただいたものの、実際現地へ足を運ぶまでどんな雰囲気でどういった流れになるのか籠島さんもわからなかったと思いますが、打ち合わせも練習も無く

「じゃあ、Cdurで」

という一言で私に伴奏をさせてくださった豪儀さ、胆力、技術力とセンスに感服しました。ご参加いただいた皆さんも、大きな声で気持ちよくバイオリンと一緒のメロディで唱歌をうたっていましたよ。

IMG_6901

帰りの新幹線までちょっとだけ余裕があったので、我が家に立ち寄ってもらって長寿猫ユキ23歳にも会ってもらいました。籠島さんちにもいるんですって、猫。いつかこちらから訪ねていきますね!と約束を交わして、お別れいたしました。本当にありがとうございました。

※追記

2017年8月18日に発生したバルセロナでのテロで13名の尊い命が奪われました、籠島さんとご友人は皆さま無事だったということです

7月 21

宮古市「鍬ケ崎小」「浄土ヶ浜」2017/7/17

午前10:30- 鍬ケ崎小

釜石市のホテルに一泊した我々は、片道1時間半弱の三陸ドライブを楽しみ、宮古市へと到着しました。前の晩は美味しい魚介類につい酒が進んで、再び飲みすぎてしまったのですが、三連休の最終日はさらに気合を入れて臨みました。

IMG_6521

というわけで、鍬ケ崎小学校隣接仮設です。皆様にはすっかりお馴染みのアシスタントなすちゃん(お兄さん)ですが、6年間通ってきて初めて!最初から最後までセッションをリードしてもらいました。内容はと言うと、山形で習ってきたJWI(旧AFAA JAPAN)オリジナルプログラムであるQ-RENボディメンテナンス骨盤体操です。ここ何回か仮設で実施してますが、とても評判良いです。

IMG_6525

上の画像は最後にロングブレスを全員で行って、自律神経を整えている場面です。だんだんとなすちゃんの指導も堂に入ってきました。年齢層が高いため、関節可動域が狭かったり、疼痛のある方がいたりと実施できないポーズもありましたが、皆さん頑張ってくださいました。

午後13:30- 浄土ヶ浜

真夏の海辺でタンタンの散歩をしながら昼食を済ませ、午後は浄土ヶ浜第三駐車場仮設です。いつもは住民さん、もしくは転居後の元住民さんの自家用車しかとまっていないのですが、三連休とあって県外ナンバーの車がみっしり駐車してありました。何かイベントかな?と思ったのですが、聞いてみたところ別に何もなかったそうです。

IMG_6533

談話室に入った時、ちょうど上の画像のマスコット「サーモンくんとみやこちゃん」を作成中だったのですが、我々の来訪と共に急いで片付けてくれてました。すいませーん。

IMG_6534

よもやま話をしながら、ここでもなすちゃんリードでQ-RENを実施。鍬ケ崎よりも年齢層が若かったので、こういった難易度の高いポーズもできました!一時間みっちり取り組んだ後は、皆さん全身が汗だくになりましたが、とても晴れ晴れとした表情でした。

またお願いね!と言っていただいたので、なすちゃんよろしくね!!教えてくださったルミルミ隊長、チカチカ先生、ありがとうございました。