3月 04

宮古市「実田」「津軽石公営住宅」2018/2/18

午前10:30- 実田

2018年3月までに宮古市のほとんどの仮設が解体される予定ですが、実田仮設は一昨年秋に発生した台風10号による被害で入居した方々のために残される数少ない場所です。が、この日の朝に到着して驚いたのが、半分ほど棟が撤去されて更地になっている光景でした。い、いつの間に!

IMG_3046

雪かきにいらしてた宮古市社協の方に聞いたら、いきなり解体が決まってあっという間に撤去されたのだそうです。そんな大人の戸惑いはよそに、寒い日曜日の朝でも男子たちが広くなったスペースで元気に遊ぶ姿がまぶしかったです。

IMG_3049

実田のサロンは前回、スタッフの体調不良で一回お休みとなってしまいましたが、数か月ぶりに皆さんの変わらぬ笑顔と歌声に再会することができました。1時間の活動時間の半分が過ぎようとした頃、ひょっこり新規のお客さんが。しかも珍しく男性です。帰りがけの社協さんからサロンの開催を聞いて、ちょっとのぞいてみようかな?と足を運んで下さったとのこと。7年目間近にして、新たなお仲間が出来るとは、何と素晴らしいことでしょうか。

午後13:30- 津軽石公営住宅

午後の津軽石公営住宅も、前回キャンセルしてしまいました。ここには荷竹、清寿荘など近隣の仮設から移り住んだ顔なじみの方々が多く、病欠した我々にあたたかいお見舞いの声をかけていただきました。

IMG_3050

仮設時代には良くサロンへ顔を出してくれていた方が、公営住宅に住み始めてからはとんとご無沙汰‥ということもありますが、多少の寂しさは感じるものの個人的にはその方にとっては人生の新たな段階に切り替えた‥という前向きな考え方をするようにしています。その一環として、仮設での最後のサロンで何度か「仰げば尊し」「蛍の光」など卒業の歌を歌って区切りをつける試みもしました。その際、涙を流してこれまでの数年間を振り返る場面もあり、また逆に晴れ晴れしく大騒ぎをして「はい、解散!また逢おう」とお別れした場面もあり。様々でしたが、ここの皆さんのように仮設で面白かったからまた来たよ!と有難いことを言って下さるケースもあります。

IMG_3052

二戸市や雫石町の介護予防教室でも使用している「歌と体操のサロンしおり」を配布して、この日も身体のトレーニングや健康に良い歌の歌い方を一通り説明して、たくさんの懐メロを歌いました。避難所も仮設住宅も「仮の住まい」でしたが、公営住宅は殆どの方にとっては安住の場所となる見通しです。この場所で長く長く続けていけるような活動をしたいと思っています。

3月 01

宮古市「三王自治活動センター」「鍬ケ崎公民館」2018/2/10

午前10:30- 三王自治活動センター

二か月に一度訪れる三王自治活動センターは宮古市田老地区の中心街そばにある住宅地の公民館です。同じ宮古市の他の訪問先に比べて、旧田老町は一山越えていかなければならないので、我々は通常より早い時間に出発するのですが、途中の道路工事や何やらを警戒してさらに早めに出ることが多いです。たいがい、現地に到着してから暇つぶしをするはめになるのですが、少し前にオープンした「とれたろう」という産直施設が居心地よいので定番となりそうです。

さて「歌と体操のサロン」はご覧の通り、多くの方にご参加いただきました。

IMG_2902

今回はサロンてびきの他、これまであちこちのサロンでリクエストの出た懐メロや童謡唱歌などの題名を集めたリスト10ページをお渡ししました。これを見てすぐにリクエスト、というわけにはいかず(なにせ字が小さく曲数が膨大)自宅に帰ってからじっくりと見ていただくことに。

IMG_2915

アシスタントなすちゃんのダンス指導にも熱が入りました。もう数回、同じ曲(セプテンバー)で踊っているので、皆さんも慣れてきたのでは?と見ていて思いました。何より、体の大きなお兄さんがぶんぶんと肉を揺らしながら一生懸命動いているのは、何だか笑顔になりますね。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

田老で軽くお昼ご飯(立ち食いソバ)を食べてから、鍬ケ崎へと向かいました。来るたびに、新しい住宅が建っていて町全体の活気を感じます。お馴染みラウンドアバウトにも慣れてきました!

IMG_2919

始まる前、館長さんから毎度珈琲をごちそうになっているのですが(ありがとうございます!)だんだんと公民館も行事が増えてきて、予約がとても大変になってきたそうです。我々も早めに連絡しなければ。

IMG_2929

この日は誤嚥予防の体操と、脳トレをいくつか取り混ぜながら行いました。我々のサロンではなるべく大笑いできるような素材を使うことにしているのですが、シルバー川柳は本当に鉄板ですね‥ありがたや。

2月 17

宮古市「鍬ケ崎小」「西が丘」2018/2/4

午前10:30- 鍬ケ崎小

IMG_2805

このままずっと続いていくかと錯覚していましたが、やはり物事には終わりがきます。他の仮設団地と同様に、宮古市の鍬ケ崎小学校仮設および西が丘仮設は今年度中に解体されるために、この日のサロンが最後となりました。住民の方々にとって、この六年間はどんな風に受け止められているのだろうか‥やはり晴れ晴れとした気持ちなのか。それとも寂しいという感情が強いのか。私はそれを聞くことはありませんでしたが、最後のサロンはせめていつも通り明るく楽しく遂行しようと思いました。

IMG_2789

小学校の校庭に建設された仮設なので、春になると綺麗な桜の花が鑑賞出来て、秋には銀杏がいちょうの木から落ちてきました。四季の豊かな場所でした。最初に訪問した時のことをはっきりと記憶しています。暮れも押し迫った冬の日に、皆さん足元にブランケットを巻きながら畳に直接座って一緒に歌を歌ってくれました。同席してくれた若い男性の支援員さんが、我々の活動をとてもほめてくださって、それでとても元気が出たことも思い出されます。

IMG_2811

いつも通りに歌って、いつも通りに終わろう‥と考えていたものの、やはり最後はきちんとお別れをしなければ‥と、蛍の光を歌いました。私も皆さんも目を真っ赤にはらしながら、声を張り上げて歌いました。どうかこの先も元気で幸せに暮らしてくださいますように。

午後13:30- 西が丘

しょんぼりしながら西が丘に移動して、買った弁当を食べつつ窓の外を眺めて

「この大雪だから、もしかしたら公営住宅から歩いてくる皆さんは来ないかな」

と思っていたのですが、何と!徒歩組の皆さんは乗り合わせてタクシーでご来場!!今日が仮設サロン最終日だから何としても来る!と強い意志を持って集まったのだそうです。頭が下がります‥。

IMG_2834

自家用車組も集まって、いよいよ最後のサロンです。しめっぽいのやあね、ということで西が丘の皆さんは最初からテンション高く歌って踊って!!大宴会です。

IMG_2837

アシスタントなすちゃんも渾身のダンス!手足がなめらかで、東京音頭がまるでフラのよう!懐メロを歌う時も次から次へとリクエストがひっきりなしに続きました。1時間じゃとてもじゃないけど足りません。このまま延長しましょうか、などと笑い声が絶えません。

西が丘の初日もはっきり記憶しています。ひな祭りの時期だったので、談話室の片隅にひな飾りがありました。今はお会いすることもなくなった元住民の皆さんが、誰がどこに座って何をリクエストしてくれたのかもおぼえています。一回いっかい、本当に貴重な出会いばかりでした。

IMG_2841

「じゃあ、今度は公営住宅の集会所でね!!」

「待ってまーす」

と皆さんに言われてお別れしました。そう、仮設のサロンは終了ですが、我々はまだまだこれから先も通い続けて、皆さんと素敵な歌声をこの町に響かせていきたいと思っています。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

2月 03

宮古市「愛宕小」「中里」2018/1/20

午前10:30- 愛宕小

いつも元気な愛宕小仮設の皆さん、最後まで残っていたKさんたちもいよいよ転居の場所や引っ越しの日にちも決まって、ここは外部から足を運んでサロンを開催するようになるのかな‥と思ってきたところ、巡回で回ってきた社協さんたちから

「実はここ、今年度末で閉鎖・解体が決まりました」

と言われ‥びっくりしました。ここ愛宕小仮設は最後まで残ると聞いていたので。このままずっとこの場所で皆さんと二か月に一度集まってサロンを続けていける、そんな風に考えていたのですが、残念です。

IMG_2565

「じゃあ、3月のサロンが最後になるんですね」

「そうなります」

思わず目と目があう私とKさん‥これは、打ち上げの宴会の合図ですね!!わかりました!!!

IMG_2506

いつも通り、サロン終了後はKさん特性の中華そばや持ち寄りの寿司、漬物などをふるまっていただいて、皆さんと会食です。ああ美味しい!お店を出せばいいのに、と社協さんも絶賛でした。

午後13:30-

開始30分前に到着したら、既に数名の方がお待ちになっていました。

「これだけがねえ、楽しみなのよ」

とありがたいお言葉‥90を過ぎて、わざわざ大変な坂をのぼってここまでいらしてくださって、嬉しいです。全部で3名の方と懐メロや童謡唱歌を歌い、体操を行いました。

IMG_2568

談話室の片隅には、他のイベントで作成したみずき団子が。

「午前にお邪魔した愛宕小仮設、年度末で最後なんですって。ここ中里はこれからもずっとこうやって残してもらえるといいですね」

と私が言うと

「すぐすぐに解体って話は無いから、大丈夫じゃないかしら」

と皆さん笑って話してました。

IMG_2527

「ではまた3月に」

と窓から皆さん笑顔で手を振って見送ってくださいました。この日から数日が経って、我々のもとにやはりこの中里も近い将来解体の予定だと言われました。何となく、7年目を過ぎてもこのまま我々が通えばずっとサロンは継続して行える‥と呑気に考えていたのです。目の前につきつけられた「仮設終了」の現実に、これからどうにか折り合いをつけて、あらたな形での支援を考えていきたいと思います。

1月 19

宮古市「三王自治会研修センター」「鍬ケ崎公民館」2017/12/16

ブログ「歌うどんぐり。」をご覧になっている皆様、遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします。戌年なので、当法人特別顧問のタンタン共々、頑張りたいと思います!

午前10:30- 田老・三王自治会研修センター

我々が到着した時点で、既に地域の皆さんが会場で待っていらしたので、大急ぎで準備を始めましたが

「他の人まだ来ないから大丈夫よ」

と言われて、のんびりと皆さんと話をしながら荷物をほどきました。すっかり寒くなり、歩いて坂をのぼってくる皆さんは海風の冷たさから体を守ろうと背中を丸めているのが見えました。

IMG_2408

まずは温めましょう!とアシスタントなすちゃんがインストラクターになってダンス!ダンス!

IMG_2419

そして私がハムストリングスと下腿三頭筋を中心としたストレッチ。

2011年以降、避難所や仮設住宅で行っていた「歌と体操のサロン」は時期が移ると課題や問題も変わり、活動内容も目的がコロコロ変わっていたのですが、2017年に入ってからこのように新しく作られたコミュニティの活動場所では永住する皆さんばかりなので、はっきりと活動の目標が決めやすくなりました。転倒予防と運動習慣の定着、自らの健康に対する意識付け‥などです。音楽の部分も、より療法として専門的なことが取り入れやすくなりました。年度の残りで様子を見て、2018年度は各場所ごとに特色を出した活動計画を立てていきたいと思います。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

途中、県立宮古病院前のコンビニでお昼休憩をとっていたら、愛宕小仮設のYさん親子とばったり!これから久慈市に遊びに行くとおっしゃってました、レジャー日和ですものね。

IMG_2443

午後は鍬ケ崎公民館です。いつもの常連さんと、毎回お一人くらいは新規の方がお見えになります。口コミで興味を持っていただいているようですね。ありがたいです!

IMG_2447

わ!びっくり!の画像ですが、なすちゃん別に泣き叫んでいるわけではありません。声帯(声を出す喉の筋肉)を上手に使って色んな声色を出してみましょう、というワークの真っ最中でした。歌を歌う前に、息を上手に声に変換する方法や、裏声などを出すワークをすると、気持ち良いくらいに響く声が出せるようになるので、おすすめです。

IMG_2448

これは呼吸法について図を交えて解説した時のものですね。あばら骨と横隔膜を使って‥と説明しています。