6月 15

宮古市「本町公営」「上鼻公営」2018/6/3

午前10:30- 本町公営

盛岡市では絆まつりという東北六県の祭りが集まる一大イベントが開催さえていた週末。照り付けるような日差しの宮古市でも、消防演習が行われるとのことで、あちこちの分団が大賑わいでした。

さて、この日は午前も午後も初めてお邪魔する公営住宅。本町は町の中心部から、宮古市役所に向かって山側にある便利なロケーションです。じりじりと焼ける駐車場のアスファルトから熱気が伝わるので、自動車内にタンタンを置いていくのが心配でしたが、お留守番させて我々は集会所のある二階へ向かいました。

フローリングの床に低い机と座布団を敷き詰めていると、近内仮設や愛宕小仮設でご一緒した元住民の方がいらして、久々の再会を互いに喜び合いました。お元気そうで良かった!他に、初めてお会いする方も含めて総勢8名のご参加でした。昭和30年代から40年代の宮古市のニュース映像をご覧いただいてから、冊子をもとに発声練習やストレッチなどを行い、流行歌を歌ってあっという間の一時間となりました。特に皆さんは足のストレッチにご熱心で(何と全員が柔らかい!びっくり!)近々ストレッチのしおりなども作成してお渡しをしたいなあと思っておりました。

IMG_3739

午後13:30- 上鼻公営

内陸から宮古市に向かって一番手前あたりにある地区(山田線千徳駅かいわい)に建てられた上鼻公営住宅です。集会所でじっと参加者を待っていたら、午前と同様に次々と見覚えのある皆様が!宮古市社会福祉協議会高齢者デイサービスを利用していた方、近内仮設にいらした方、そして田鎖仮設で手芸やらなにやら大変お世話になったSさん!!当時小学生だった娘さんも連れてきてくださったのですが、大きくなってすっかり素敵な中学生女子になっていました。時のたつのは早い‥。

ここでも初参加の方がお一人いらして、初めてとは思えない馴染みっぷりを発揮。曲のリストを片手に矢継ぎ早のリクエストを!中にはアダルトというか色っぽい内容の歌もあり、中学生の女の子が聞いてどう思うかしらとドキドキしながら伴奏を弾きました。ちなみに中学校では韓国の男性アイドルグループが人気なのだと教えてもらいました。勉強せねば‥!

IMG_3750

Sさんのお宅の長男くんは、私が震災前の山田町幼児教室で一度ご一緒したこともあり、仮設での再会でお互い驚いたという思い出もあり、この日の邂逅も感慨深いものでした。またご縁がつながってうれしいです。

6月 06

宮古市「佐原公営」「鍬ケ崎公民館」2018/5/20

午前10:30- 佐原公営

訪問先の仮設住宅が殆ど解体され、宮古市社会福祉協議会から組んでもらった巡回先は災害公営住宅ばかりになってきました。そしてこの日の午前は初めてお邪魔する佐原地区。プライベートでも訪ねたことのないエリアなので、ナビを頼りにドライブしました。ほどなく目的地に到着、少しばかり時間があったのでタンタンの散歩をしながらあたりを探索しました。大きな災害公営住宅が少し離れたところにもう一つあるのを確認したり、放課後デイサービスがあったり、いろんな発見がありました。

散歩から戻ると、アシスタントなすちゃんが電話で何かを確認。時計を見ると、すでに10時25分です。入り口のカギが閉まったまま、誰も開錠にいらしていないので、社協さんに問い合わせたそうです。担当の方が出勤していなかったのでやりとりに時間がかかり、実は我々が到着した場所から離れたところが本当の会場だったことが判明(散歩中に見たところです)。大急ぎで向かいました。

IMG_3619

すでに集会所は大勢の方で満席でした、お待たせして申し訳なかったです‥中里仮設や第二中仮設で何度もご一緒した方のお顔も見えます。お元気そうで良かった!仮設でのサロンが終了して、またお会い出来たら良いなあと思っていたので、こんなに早く実現して嬉しい!そして新たにご参加くださった方々も楽しんでいただけたようで安心しました。入り口付近に、障害をお持ちのお子さんとそのお母さんがいらしたのですが、音が大好きとのことで体を揺らしながら大きく反応をしてくれました。次回お邪魔する際は彼らにも演奏可能な打楽器などを持ち込みたいと思います。

午後13:30- 鍬ケ崎公民館

お昼休み、あまりに良い天気だったので浄土ヶ浜の駐車場に行ってビジターセンターなどを見学しながら、海岸まで下りて海をじっと眺めて過ごしました。遊覧船にも乗ってみたいなあと思ったのですが、残念ながら強風で波が高く欠航でした‥とほほ。

IMG_3635

鍬ケ崎公民館では館長さんからのご厚意で最初にコーヒーをご馳走になり、ゆったりとした気分で一時間のサロンを行うことができました。いつもありがとうございます。思えば、ここに集まる参加者の皆さんも依然は鍬ケ崎小仮設、第二中仮設、浄土ヶ浜第三駐車場仮設など別々の場所でご一緒していた方々です。こうやって寄り集まって、新たなグループが形成されて感慨深いです。津波前は皆さんが鍬ケ崎の住民だったという共通点があるからこそなんでしょうね。

6月 05

宮古市「津軽石公営」「実田公営」2018/5/13

午前10:30- 津軽石公営

大槌町の民宿を出て、北上する方向から津軽石地区へ入っていったのはこの日が初めてでした。震災直後からつい最近まで、まったくご縁が無かった場所なので、七年目の宮古市なのに色々新鮮!

IMG_3586

駐車場に到着した途端、必ず毎回参加して下さる方が

「先生、ほら!清寿荘仮設にいた長男くんがいますよ!」

と指さした方向に、私がここ数か月ずっと気になっていた三兄弟の長男くんがいました。親御さんの急な逝去で胸を痛めていましたが、これから友達と遊びに行くんだ!と元気な笑顔を見せてくれたので本当に本当に(涙が出そうなほど)安堵いたしました。この笑顔にたどりつくまで、どれだけ小さい体に我慢をためてきたのでしょう。お姉ちゃんと妹は外出中だとのこと。

サロンにはこの日も大勢の方がご参加くださいました。画像の通り、大人気のお兄さん(アシスタントなすちゃん)が椅子に座ったままの体操を指導して、皆さん汗だく!こんなに動いているのに、お兄さんは太ったままなのねえ、というツッコミも入りつつ。また、回想法として上映している岩手の昔ニュース映像では津軽石地区の鮭まつりが映り、はらこそば100円というところで盛り上がりました。

午後13:30- 実田公営

実田公営は、そろそろ解体される実田仮設からほど近いのですが、道路事情がちょっとだけ複雑な地域なので到着までに紆余曲折がありました‥無事についてよかった。

そして!!またもやサプライズ!!三兄弟のお姉ちゃんと妹ちゃんはここに住むご親族の部屋に遊びにいらしてました!!涙の再会‥はこちらだけで、二人の第一声は「タンタンどこ?」でした。仮設では訪問のたびにタンタンと一緒に遊んでくれたから、覚えていてくれたんですね。

IMG_3594

集会所でのサロンにも姉妹は参加してくれて、周囲の大人と丁々発止のやりとりをしておりました。相変わらずキレの良いことばかり言う妹ちゃんと、おっとりめのお姉ちゃん。懐かしい。

サロンでは椅子ではなく床に座布団の状態だったので、太もも裏やふくらはぎなどを伸ばして姿勢を正しく保つストレッチなどを含めた指導を行いました。姉妹も最後まで飽きずに(?)いてくれたので、とても充実した一時間となりました。初めてご参加いただいた方が多かったのですが、何とか次も楽しみにしてくださっているとお言葉をいただきました。またお会いしましょう!

5月 15

宮古市「実田」「高浜地区活動センター」2018/4/15

午前10:30- 実田

「もしかしたら、この日の実田仮設は最後の訪問になるかもしれません」

と事前に宮古市社会福祉協議会さんから言われていました。ここの仮設も、閉鎖が決まったとのことでした。震災の被災者だった住民がいなくなったと同時に、おととし秋の台風10号被災者が入居してきたのですが、彼らも転居のめどが立ってここの役割は終わったという判断なのでしょうね。

IMG_3292

ほうぼうからお集まりいただいたメンバーは、実田仮設だったりきれまち仮設だったり、あちこちの仮設に住んでいた皆さん、そして近隣の方です。あらたなサロンが形成されたのですが、場所が無くなるということはサロンもいったん終わりということになるのでしょうね。ちょっと寂しいです。

昭和36年に田老町で発生した、フェーン現象による大規模な山火事のニュース映像を見て、そのあと36年に流行した「銀座の恋の物語」「上を向いて歩こう」「王将」「スーダラ節」を歌いました。また、岩手県が取り上げられた昔の映像として葛巻町や久慈市のニュースも見ました。皆さんが小さかったころ、若かったころの雰囲気が映像から感じられて、どんどん当時の記憶が戻ってきているようでした。

最後に春に関する唱歌をいくつか歌い、皆さんと再会を約束してお別れをしました。きっと、またお会いできますよね!楽しみにしています。

午後13:30- 高浜地区センター

初めてお邪魔する公民館でしたので、ちょっとだけ場所がわからず何度か通り過ぎたのを、すでに集まっていた皆さんが窓から見ていたようで、道路まで迎えに出て下さった方がいました。恐縮です。

IMG_3293

さて、この日は懐かしい高浜仮設の皆さんが大勢きてくださいました。変わらずに元気な姿、声で我々を出迎えてくださったので、感慨深かったです。仮設閉鎖のあと、こうやって再びご縁がつながることもあるんですねえ。

IMG_3301

シルバー川柳による発声練習から始まって、定番の人気曲を歌い、いくつか有名な古い映画のダイジェストを上映しました。回想法アプローチです。そのあと、アシスタントなすちゃんお得意の体操と、筋肉の説明などで日ごろの運動の大切さをお伝えしました。

「相変わらず、おにいさん(なすちゃん)は体がやわらかくていいねえ」

とお馴染みさんからおほめの言葉をいただき、二人とも安堵しました。初めての方も、長年ご一緒した方も、みなさん一丸となって同じ活動を楽しめた一時間でした。どうぞこれからも末永くよろしくお願いいたします。

5月 07

宮古市「三王自治活動センター」「第28分団屯所」2018/4/8

午前10:30- 三王自治活動センター

二か月ぶりの田老です。桜のつぼみは膨らんではいませんが、そろそろ春の訪れを感じさせる風のあたたかさでした。野球場にはたくさんの小学生球児の姿と、保護者グループの姿が。

IMG_3267

三王団地の皆さん、丘の上にある住宅街なので坂をえっちらおっちら登って会場まで来てくださいます。ここに来るまでが一苦労ですが、足腰が鍛えられますね。

IMG_3270

駐車場でぽつんと縁石に座っている男性がいて、散歩の途中かな?と思ったら

「あのお父さん、耳が遠いから近くに行って声をかけると喜んで参加してくれると思うわ」

と皆さんから教えていただき、さっそく勧誘に。快く会場へといらしてくださいました。ただ、お耳が遠いので歌や体操は難しそうです。かわりにスライドで上映した昔のニュースや歌詞を見ていただいて、一時間楽しんでもらいました。

午後13:30- 第28分団屯所

今年度から新たに追加された巡回先は、何だか仰々しい名称の会場ですが、館が森の公営住宅裏に完成した宮古市広域消防団の屯所です。午前の三王自治活動センターもそうですが、三王が30分団。こちらは28分団です。玄関を入って階段をあがり、ふすまをあけると下図のように広い和室になっていました。

IMG_3281

「こちらから半分は地区住民、こちらから半分は公営住宅の住民。一緒に参加します」

と代表の方に教えていただき、交流促進の効果があれば‥と様々な趣向を凝らして活動を進めてみました。二つのグループにきっちりと分かれて座っているのですが、時々それぞれのグループから良くしゃべる代表二人が大声でやりとりするので、見ていて面白かったです。

IMG_4222

ノリの良い女性が、踊っているなすちゃんの隣にすごいスピードで移動してきて、一緒に踊っている様子です。かけられる声援もすごかったですよ!田老の皆さん、本当に明るくて元気で素晴らしい。これからもどうぞよろしくお願いいたします。