1月 20

盛岡市手をつなぐ育成会 2014/1/19

毎年恒例、冬の育成会セッションです!
何年か前には、セッション中に「干支の歌」を皆さんと一緒に作った想い出があります。私にとっても非常に楽しみな時間です。いつも隔月で3回シリーズなのですが、今年は都合が会わずに2回だけ‥残念!その分、中身の濃い内容にしようと思って頑張りました。
Imgp1519
参加者の多いことにびっくり!というのも、育成会メンバーにくわえて近隣の施設からも何人か来てくれたとのことでした。今回は「ことば」をテーマに、楽器演奏を含めて下記のようなプログラムを組み立てました。
1.ひらがなパズル
2.サイコロでことばさがし
3.セクシー楽器演奏「ラブユー東京」
4.替え唄つくり「雪」
5.あくしゅでさようなら~終結
サイコロを転がして出た目の数だけ、ひらがなの言葉を探す活動は介護予防教室でも行っているのですが、この日はテーマを設けずに好きな言葉を出してもらいました。なかなか思いつくのが難しい人の時は、周囲の皆さんがどんどん助け舟を出していました。こういう場面では、ぎゅぎゅっと集団の凝集性が高まって、気持ちがひとつに集まります。
次回は3月にまたお会いします。

12月 27

軽米町 健康ふれあいセンター 2013/12/25

毎年お招きいただいている合同クリスマス会に今年もお声掛けいただきました。
(2012年の様子はこちらからご覧いただけます)
Imgp1424
今年度はゲームを中心に行いました。
・サイコロゲーム(ひらがなで食べ物の名前)
・「悲しい酒」であてふり
・ラブユー東京で楽器演奏
‥などなど。
数年ぶりに再会した方、初対面の方。
皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。
また次回お会いできるのは5月のフォレストパークですね!
それまでどうぞお元気で!
ところで、今回道路が凍結していて怖かったので(4号線で車が横転していて片側通行に)一戸インターから八戸高速道に乗ったのですが、行きは350円だったのに帰りは500円でした。往復で値段が違うのは普通なんでしょうか?

12月 11

リカバリーミーティング

先日、12月8日アイーナで開催されたリカバリーミーティングいわて2013にて、音楽療法の時間を担当しました。いつも病院のデイケアで一緒の皆さんが、ここでは運営スタッフとして頑張っていましたよ。すごいなー。
Imgp1032
アイーナの世代間交流室で行いました。
最初に音階別になっている楽器を配布し、それぞれに番号をふって順番に慣らしていくと曲の伴奏になっている‥という活動から導入しました。音楽療法では良く使われるクリシェ進行の手法です。お子さんが一人いらしたので「100%勇気」という曲を使用しました。
次にメイン活動の「歌詞作り」です。
Imgp1043
グループにわかれ、それぞれが決まった枚数の歌詞かるたを拾います。この歌詞かるたには、一枚につき単語ひとつ、センテンスひとつの歌詞が貼られています。何の歌詞かというと、平成に入ってからの日本の歌謡曲です。これを全員分集めて、意味が通るように相談しながら配列していきます。
最後は、既存の楽曲に合わせて歌う発表会をするのですが、字数が合わない場合は多少の推敲OKとします。既存の楽曲は、こういう歌詞を当てはめやすいバラードや有名なポップスを使用します。
(意外と水戸黄門のテーマも合います)
2時間の短い活動でしたが、皆さん一生懸命取り組んでくださって本当にありがとうございました。マンドリンシンガーの清心さんもご参加くださって光栄でした。
運営スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

10月 26

岩泉幼児教室 2013/10/25

年に一度の岩泉町幼児教室は、もう10年以上になるでしょうか。
当時はまだ早坂トンネルがなくて、冬に岩泉へ移動しようとすると非常に運転が怖い峠道をおそるおそる走ったものでした…遠い目。今はあちこち、便利になっていいですねえ。
例年は保健センターで開催している幼児教室が、今回は「いわいずみこども園」での開催と聞いて、地図を頼りに訪ねてみました。新しくできた建物は木をいっぱい使ったエコな作りで、子供たちはみんなはだしで歩いていましたよ。セキュリティも厳重で、入口のインターホンを押して確認とらないと、誰も中には入れないようになっています。
支援センターにあった張り紙を見て、アシスタントなすちゃんが首をかしげていました。どうしたの?と聞くと
「これ、子供向けのメッセージみたいなんだけど」
Imgp0372
「…子供、読めるかな?漢字」
そういえば、そうかも…。
Imgp0387
約1時間、たくさんの子供、お母さんたちと音楽あそびをしました。大人の太ったおっさんが変なことをしまくるので、怖がる子も結構いましたが、遠くから恐る恐る(お母さんの陰にかくれつつ)呼びかけにこたえてくれたり、拍手してくれたり、自分なりに一生懸命活動していたようです。
子供の活動で気をつけているのは、音楽療法だからと言って無理に音楽へと結びつけようとしないことです。大人の理屈ではわからないような、彼らなりの方法で音を楽しんでいる最中に
「ほら、バチもって太鼓たたこうよ」
とか
「座って先生の真似して体動かそう」
とか言われても、それは大人が“音楽をさせた気になっているだけ”であって、本来の目的である発達を促す活動にはなっていません。彼らの持つ創造性を探り当てて、それがどこに向かって伸びようとしているのかを、根気強い観察と洞察力から少しずつ知ろうとするのが大人の役割だと思っています。
岩泉で今回出会った子供たちは、とても創造性の豊かな子ばかりでした。たくさんの刺激を受けて、多くの大人の手で育てられるようにこれからも祈ってます。

9月 03

療育キャンプ

8月31日、9月1日と一泊二日で療育キャンプに参加してきました。看板を見たら第16回になっていてびっくり!私は初回からの参加ですが、確かにスタッフさんたち(福祉施設の相談員)の年齢層がどんどん若く‥私もいつの間にか年配組になってしまいました。場所は西根町いこいの村岩手。
Imgp9177
初日最初のプログラムはプールでの音楽療法です。
‥が。
気温が低かったこと、子供たちの体温の低下が早くてすぐに温水ジャグジーに移動してしまったことが重なって、活動は急遽断念せざるを得ませんでした。残念!準備万端で臨んだのですが‥子供たちの体調が再優先ですからね。
Imgp9219
夕飯後のおたのしみ会。
アトラクションはマジックショーです!
私は背後で「エーゲ海の首飾り」を生演奏。
(途中で飽きて中森明菜メドレーに)
子どもたちを寝かせつけた後、スタッフと保護者で交流会を持ちました。普段あまり話すことのない県庁の人や、お母さんたちと楽しく会話が出来て貴重な時間となりました。例年ですと2次会、3次会が真夜中まであるのですが、ここ数年はみんな大人になったのか、1時くらいでお開きパターンのようです。私も大人しく早寝しました。
明けて二日目、最初のプログラムは動作法。県内あちこちの支援学校の先生がいらして、子どもたちに体の使い方、座り方、伸ばし方などの指導を行いました。リーダーの後藤先生は私、長年の大ファンなのでまたお逢いできて嬉しかったです。
そして。
Imgp9281
音楽療法は1時間半、たっぷり行いました。
前日のスヌーズレンと同様、耳と目と体幹を同時に使う活動です。
苦手な音もあったようですが‥ぱっちりと目をあけて手を伸ばしてくれた子どもたち、キラキラと輝いてました!
あっという間の二日間でした。
また来年お逢いしましょう!