11月 21

山田町「ほっとサポートセンターやまだ」2015/11/21

午前10:00-

月に一度の三日連続沿岸ドサ周り、最終日は山田のデイサービスです。いつもならこの後に大槌町へ戻って安渡第二にお邪魔するのですが、この日は午後から盛岡市にある一般病院でお仕事のため、とんぼ返りとなりました。まだまだ8月の台風10号による道路混雑のため、スムーズに帰り着くことが出来るのか不安でしたが、何とか大丈夫でした。

IMGP4557

まずは昭和20年代から30年代の流行歌手(男性)のスライド写真から、お名前と代表曲を思い出してもらう活動から入りました。比較的馴染み深い年代なのかと思いきや、やはり相当昔なので顔は知っていてもなかなか口から名前が出てこない!と皆さん四苦八苦。いじわるな私はノーヒントで押し通そうとしましたが

「ちょっとだけヒント出してよ!」

とデイサービス職員さんからまさかの援護射撃があり、甘々のヒントを出しましたよ。外圧に弱い‥。

IMGP4559

一通り、流行歌を歌い終わってから、お待ちかねクイズ大会です。またもやチームに分かれての対抗戦を行いましたが、前月にもまして皆さん目の色変えて勝利を掴みにヒートアップ!よそのチームが正解するたびに、何だかテンションがダダ下がりになるのが面白かったです。

クイズも終えて、最後は皆さんで仲良く秋の唄を歌ってみました。また来月、お邪魔しますね!

10月 25

山田町「ほっとサポートセンター山田」大槌町「安渡第二」2016/10/24

午前10:00- ほっとサポートセンター山田

この日の午前中は大沢地区の皆さんがご利用の回でした。到着して扉を開けると、いつもどおりの元気な歌声が中から聞こえてきました。

IMGP4095

以前、相当強度の高い体操をしたので、たまにはのんびりとクイズ大会で皆さんに楽しんでもらおう!と準備万端で臨みました。二人一組になってもらって、対抗戦でゲームを進めます。当たったチームには丸いシールが配られるのですが、アシスタントなすちゃん(お兄さん)が担当したテーブルの方は、たとえ外れていても

「うち、まだシールもらってない!貼って!」

とルール度外視で要求してきたようで、いつもにこにこ顔のお兄さんもタジタジでした。それも含めて、皆さん何と負けず嫌いなんでしょう!と折に触れて痛感いたしました。元気に長生きする秘訣は、もしかしたらここらへんにあるのかもしれませんね。

IMGP4099

また、近所の仮設住宅からも珍しくご参加いただきました。最初はおっかなびっくりだったようですが、慣れるのも早かったようで安心しました。あと関係ないですが、この画像の私が亡き父親にそっくりで、これまたびっくりしました。

IMGP4109

活動後のお茶時間では、私のお邪魔したテーブルの皆さんに、津波の時の想い出を聞かせていただきました。当日、山田病院の診察予約を14時45分に入れていたお陰で助かったけど、家に残してきた夫はそのまま波にのまれてしまった‥と訥々とおっしゃってました。家のあった場所は、現在は空き地になっているのだそうです。

午後13:30- 安渡第二

一ヶ月ぶりにお邪魔した安渡、またさらに道路や土地が豹変してました!どんどん工事が進んでいるようですが、景観はますます悪くなっているように思えます。復興工事って、あまり美しくないです。

IMGP4125

前日のマストで開催したサロンにもいらしてくださったSさん、連日ありがとうございます。話題は仮設住民の健康状態から近所であがったドザエモンまで多岐にわたり‥って、ちょっと物騒ですね。

IMGP4117

お茶を飲みながら(お茶請けはしるこサンド)県章のスライドを見ていただきました。直後に、おぼえたてのマークがどこの都道府県か?というクイズで、短期記憶トレーニング。これはデザインの元ネタ、例えば漢字が元になっているのか、ひらがななのか‥を丁寧に解説したほうが、記憶に残りやすいようです。難しくして頭をひねらせるクイズより、当ててスカッとするクイズの方が安渡の皆さんにはあってますね。

IMGP4136

帰り際、Cさんにお手製のふくろうマスコットをいただきました。なんと土台の枝は、伐採された安渡小学校の桜の木だそうです。貴重なものをいただいて嬉しいです!

9月 21

大槌町「安渡第二」山田町「ほっとサポートセンター山田」2016/9/12

午前10:30- 安渡第二

二泊三日の最終日、大槌町「安渡第二」にはのんびりと午前10時過ぎにお邪魔しました。小川旅館にずっとお泊りの河田さんは、ご主人や女将さんから色んなお話を聞いていらしたそうです。震災前は町方と呼ばれる中心街にあった小川旅館は、津波で被災したあと現在の小鎚地区で営業再開したのですが、食事がとても良いと遠方からのお客さんがひっきりなしに訪れる場所となりました。嵐ファン必見の、松潤コーナーがあることでも有名?です。

IMGP3513

いつものメンバーが集まっての「歌と体操のサロン」では、久々にアシスタントなすちゃん渾身のあてふりが見られました。ゲストの河田さんもおつきあい頂いて、一期一会のコラボ!いかがでしょうか?さすがに音楽療法士はノリが良いです。

IMGP3517

安渡第二の顔、Oさんもご満悦の表情。いつにもまして、熱弁をふるっておいででした。10月にはショッピングセンターマストで「歌と体操のサロン」を初開催しますよ!とお知らせをしておきました。皆さんも来てくださるといいなあ。

午後14:00- ほっとサポートセンター山田

おめあての店がことごとく定休日だったので、仕方なく山田町のスーパーでお惣菜などを買い込み、飲食コーナーでお昼ごはんをすませた後は、お楽しみの山田町社会福祉協議会デイサービスです。

IMGP3521

毎月、月曜日の午前中にお邪魔していたのですが、都合によりこの日は午後になりましたので、いつもの大沢地区の皆さんではなく、大浦地区の皆さんと初顔合わせ‥と思っていたら、参加者の半分は私の音楽療法経験者でした!びっくり!震災前から保健師さんがらみであちこち回ってますからねえ。

IMGP3524

主なメニューは歌と体操ですが、スティックを両手に持っていただき、音楽に合わせてダンスフィットネスを体験していただきました。下半身をたくさん動かす内容だったのですが、結構な運動量だったようで、終了後には

「キツかったけど、何とか最後まで出来た」

「息が切れて汗だくになりました、楽しかったけど」

と複雑な感想をいただきましたよ。またお会いしましょう!!

帰り道は数日前に道路工事が終わったばかりの106号線を通って盛岡へ向かいましたが、あちこちで橋が崩落しており、道路も片側通行だったので、とても痛々しい風景が窓から見えました。台風10号の爪痕は、のどかな閉伊地区の風景をすっかりと変えてしまったようです。激甚災害に指定されたこともあり、国の主導で突貫工事が行われておりますが、民家の被害修復までにはまだまだ時間がかかりそうです。

8月 23

山田町「ほっとサポートセンター山田」大槌町「安渡第二」2016/8/22

午前10:00- ほっとサポートセンター山田

また新たな台風が日本列島に上陸しつある‥という月曜日、不安定な天気とむせかるような湿気にもめげずに宿を出て、山田町社協さんのデイサービスにお邪魔しました。

IMGP3295

ここの皆さんも、アシスタントなすちゃん(お兄さん)が大好きで、荷物を持って部屋に入るとあちこちから歓声が上がります。無口で照れ屋のなすちゃんは、ぎゅっと目を閉じて無言でおじぎをするだけなのですが、それがまた女性のハートをぐぐっと掴むのでしょう。そして時々、社会の窓が開きっぱなしなのも母性本能をくすぐるのでしょう。つーか、ちゃんと閉めなさい。

IMGP3297

さて、この日は高齢の方でも聞き馴染みのあるクラシックなダンス音楽に合わせて、華麗にステップを踏んでいただきました。足の筋力が弱っている方は椅子に座ったままでも参加できるようにアレンジを加え、手の振りつけをなるべくお洒落に心がけました。全部で3曲ほど踊ったのですが、殆どの方が最後まで挫折せずに完走しました!‥が、この日デイサービスに初参加だったご夫婦の奥さんは

「あたし‥ちょっと無理かも」

と息を切らせていました。あわわ、ちょっと激しすぎたのかも?と焦っていたら隣にいたベテランさんが

「こういうの、今日だけだから安心して」

とナイスフォローを!ありがとうございます。五十肩で腕があがらない方には、無理のない程度でのストレッチをお伝えしてきました。

午後13:30- 安渡第二

お昼時間、大槌町の吉里吉里海岸で犬の散歩がてら休憩していたのですが、台風が近づいているのが嘘のような穏やかな海でした。太ったサラリーマンの人がパンツいっちょうで日焼けしていたので、それほど緊迫感は岩手県人には無かったかと思います。

IMGP3308

さて、安渡第二です。来る度に道路事情が悪くなり、徒歩で移動している方には過酷な環境ですが、ただでさえ遅れている安渡地区の復興工事には文句言えません。炎天下、頑張って作業している皆さんには頭が下がります。サロンの参加者で、やはり徒歩でここまでいらした方が

「大きなトラックが、ばんばん近くを通るから怖かった」

とおっしゃっていたので

「良かったら、帰りは車にお乗せいたしましょうか?」

と言ったところ

「私の家まで行く道、今は一般の車は通行止めなのよ」

と言われました。それは‥しょうがないですね。

IMGP3315

フィットネスの資格を取得した際、団体から送られてきたゴムボールを使って、リズム練習を行いました。本来の使いみちと違うので怒られそう?この他は戦前の流行歌などを歌いました。

8月 19

山田町「ほっとサポートセンター山田」大槌町「安渡第二」2016/7/25

午前10:00- ほっとサポートセンター山田

昔は日射病と言っていた熱中症ですが、三陸沿岸では「はぐら」と言います。結構、イントネーションが難しいので、私も何年たっても言えません。愛犬タンタンがはぐらにならないよう、施設の入口付近にあった日蔭につないでおいたのですが、何と地面を掘っくり返してしまい‥職員さんに平謝りの我々。と言う訳で山田デイサービスです。

IMGP3187

私は被災地の仮設住宅や高齢者施設で、ずっと「生活不活発病予防」「ADL向上」を目的とした体操を行ってきましたが、その大半は椅子に座ったまま音楽に合わせて下半身を動かす、というものです。音楽を聞きながら楽しんで体を動かすのがとても大事だと思います。私が今年の春から学び始めたダンスフィットネスにも、椅子を用いたエクササイズがあると聞いて、いつか習いたいと思っております。

IMGP3191

戦後すぐの映画主題歌などを歌い、当時の山田町はどんなところだったのか、娯楽は何があったのかを皆さんから聞き出して、回想法も行いました。

午後13:30- 安渡第二

さて、私の心のふるさと安渡(月に一度訪れるたびに、仮設への入り方がわからなくなる程に大規模な工事で風景がどんどん変わっている)ではこの日も多くの皆さんが集まって下さいました。

IMGP3201

暑い日ですが、アシスタントなすちゃんによる美味しいコーヒー&お茶をどうぞ。

IMGP3204

「大槌漁場音頭」という、ローカル的には非常にメジャーな歌と踊りがあるのですが、皆さんの歌声を聞きながら踊りの確認をしました。いつかどこかで披露したいなあ‥と思いつつ。

小鎚第十七でやったように、ここでもいつか映画鑑賞会をやってみたいです。でも、歌と体操のサロンの直後から、住民の方が楽しみにしているカラオケの時間なんですよね。うーむ、代案を考えねば。