7月 31

大船渡市「沢川」2014/7/25

隔月で訪問している大船渡市は、午前中が盛保育園の2セッション、午後が隣接する沢川仮設での1セッションとなります。この日、個人的におそれ多い方が一緒でした…。

松井紀和先生です…。

松井先生は2012年にも二度、被災地での巡回に同行してくださったのですが、その際に私に向けて

「君の活動はエンターテイメントだね、被災地では喜ばれると思うよ」

「用意した活動ではなく、その場で即興的に対応することが大事。そういった即興性は音楽療法士は得意」

などの金言を与えてくださったのでした…神様のような松井先生ですが、ご一緒するのはとても緊張します…しかも今回は2日連チャンです…ふふふ。

IMGP3503

スライドで「妖怪ウオッチ」のジバニャンを映しだしたら、小学生たちがいっきにどよめきました。やはり今一番人気なんですねえ。おじさんもおぼえなくては

松井先生は仮設の皆さんに向けて、岩手県クイズを出題し、答えた皆さんにわざわざ山梨から持参したおみやげ品をプレゼントなさってました。いっきに場がなごみます。

IMGP3518

あいかわらずの犬好きっぷり自治会長さんの特権で入室を許可され、のびのびと過ごすタンタン。

災害復興住宅が目の前に建設され、すでに仮設からも数世帯が移住しているとのことです。上記の小学生はそこから談話室に自習しにきていたのですが、こうやって変わらぬ交流を続けているのは素晴らしいです。

5月 24

大船渡市「沢川」2014/5/23

IMGP2866

二ヶ月ぶりの沢川、お昼ごはんを食べてから駐車場に入ると、腕組みをしながら自治会長さんが待ち構えていました…タンタンのこと、ずっと待っていてくださったんですね…。

そしてタンタンはそのままどこかへと連れていかれました…いつもお散歩ありがとうございます。

集会所にはお二人の住人さん、そしてお二人の支援員さんがいらして、一緒にPowerPointを使った活動に参加していただきました。支援員さんのうちお一人は私と同世代、もうお一人は若いお母さん世代なので、昭和初期の名優やスタアの写真はあまりわからなかったようです。そのかわり、戦後から平成に入るまでの芸能人スライドは大丈夫だったようです。

若い方の支援員さんに、最近の芸能人の代表として「嵐」の5人の解説をしていただきました!でも住人さんたちはちょっとちんぷんかんぷん…そりゃそうですね。

3月 14

大船渡市「沢川仮設」2014/3/13

この日の大船渡市は久々の雨降りでした。
ファミリーレストランの駐車場で昼食後の「ごちそうさん」鑑賞を終えて、沢川仮設に向かうと、いつも待ち構えている自治会長さん(三国一の犬好き)がいません。男性支援員さんに聞くと
「風邪で寝込んでます」
とのこと。あらら‥お大事に。
住人のお二人にくわえ、新聞の告知を見た近所の親子が参加してくださいました。あら、お顔を良く見ると音楽療法の勉強会で昔よくご一緒した支援学校の先生ではないですか!お久しぶりです!
連れてきたお嬢さんは二歳で、とても良くしゃべる子でした。お父さんにお顔がそっくり‥生き写し‥。
(お父さんも学校の先生で良くご一緒します)
住人の女性が子どもがいるから、と「アンパンマン」とか「ゲゲゲの鬼太郎」をリクエスト。私もついつい、お嬢さんと一緒にホワイトボードに落書きをしました。
Imgp2169
活動後、自治会長さんが買ってくださったというぶどうをみんなで食べながらお茶会をしました。会長、ありがとうございます!早く風邪を直してくださいね。
Imgp2175

1月 24

大船渡市「沢川仮設」 2014/1/23

今年最初の大船渡市、途中通ってきた宮守村は圧雪で道路が大変でしたが、沿岸に来てみると快晴の気持ち良い天気でした。午前中の盛保育園では園庭で子どもたちが雪合戦をして楽しんでいましたよ!
13:30-14:30 沢川
仮設住宅の駐車場に到着すると、自治会の会長さんが待ち構えていました!前回お邪魔した時もタンタンの散歩をしていただいた上に首輪に鈴をつけてくださった会長さんですが、ちょうどこの朝にリードがぶち切れて(噛む癖があるんです‥注意はしているのですが)散歩は今日はちょっと‥と言おうと思っていたら、何の偶然か手には犬用のリードが!会長さんはESPですか!!
「これ、前に飼っていた犬のリードでね。津波かぶっちゃってちょっとサビてるけど」
「わんちゃん飼っていらしたんですね、今は?」
「その犬が死んでからはいないよ」
想い出のリードをつけられて、タンタンは会長さんとどこかへ出かけていきました。
時間になったので我々は集会場にお邪魔して音楽療法を開始。
Imgp1569
前回、前々回とお届けした支援物資の布は、もうすっかり使いきってしまったそうで、出来上がった作品を拝見しました。ランチョンマットと、バッグの中身を整理する際の小袋がとてもきれいにできあがっていました。今回は布ではなくテキスト類を持ち込んだので、また皆さんあらたな取り組みを始めるとおっしゃってました。
そうこうするうちに、会長さんとタンタンが散歩から帰ってきました。
「外につないでいると寒くて可哀想だから、中にいれようか」
とおっしゃるので
「住民の皆さんが使う場所に犬を入れると皆さんに迷惑じゃないですか?」
と心配したのですが、会長さんが
「いいよいいよ、ほらタンタン!足ふこうか」
と玄関の中へと。
ん?
Imgp1566
ぎゃー!!ここ、畳!!
「さ、さすがに部屋の中に犬はマズイのでは‥」
「いいのいいの、なータンタン」
(なでなで)
他の住人さんたちと女性支援員さんたちも
「会長がいいって言ってるから、いいんじゃないすか」
「外だと寂しいだろうからねえ」
という論調‥いいんでしょうか、ドキドキ。
皆さんタンタン可愛がってくださって有難いのですが、ちょっとばかり心臓に悪いです‥。
次回は二ヶ月後なのですが、別れ際はやはり会長さんが一番寂しそうでした。
「3月までうちに泊まっていけ、タンタン」
と言われてましたが、また連れてきますね。
本当に大歓迎していただいてありがとうございました。

11月 22

大船渡市「沢川」 2013/11/21

午前中の盛保育園を終えて、お昼ごはんを食べにいつもの弁当屋へ行ったところ、何と店舗がつぶれておりました‥びっくり。
「どっかで外食でもしようか」
ということになり、大船渡駅近くにある仮設の飲食街「大船渡屋台村」に出かけました。ランチ営業をやっているいくつかの店から、我々が選んだのはお好み焼き屋さん。その名も「なにわ」です。私は大阪のお好み焼きではネギとコンニャクと牛すじが入っているのが一番好きなのですが、店のご主人からは神戸名物のそばめしをすすめられました。アシスタントなすちゃんは大の牡蠣好きなので、迷わずに牡蠣の焼きそばを。
004
大阪弁でおしゃべりしながら調理してくれるご主人。
005
初めて食べたそばめし、美味しかったです。
006
夜も営業しているお好み焼き屋「なにわ」
ご主人は平成10年から大船渡市に移り住み、ずっとお店を経営してたそうですが、津波で被害にあってこの屋台村で営業を再会したとのことです。現在67歳。来年12月に屋台村は契約が切れて閉鎖になるので、その後は楽隠居かなあ、とおっしゃってました。
お腹も膨れていよいよ沢川仮設へ。
Imgp0722
「大阪しぐれ」のリクエストが出たところで、お昼ごはんで入ったお店の話をしました。すると皆さん大笑いして
「そのご主人、この仮設の人だよ!」
と教えてくれました。何という偶然!!沢川から自転車で毎日通っているんですってータフですねえ。いつか集会所でお好み焼きパーティしたらどうか、という話になりました。
ちなみに音楽療法の最中、タンタンは自治会長さんがずっと散歩に連れていってくれてました。たくさんの煮干しをもらってごきげんのタンタン、帰ってきたら首輪に鈴がついてましたよ。猫みたい。
(気になるようだったのですぐ外してしまいました‥会長ごめん)