About K.Chida

東日本大震災の被災地となった三陸沿岸で暮らす人々を対象に、音楽療法による支援を行っている岩手県在住の音楽療法士です。2013年2月に一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクトを設立しました
12月 16

宮古市「支援団体感謝祭」2017/12/10

この日はいつも通り宮古市内の仮設住宅を巡回して歌と体操のサロンを‥ではなく、宮古市社会福祉協議会の方から数週間前にご連絡をいただき

「これまで宮古市の被災した方々へ様々な形で支援してくれた団体の皆さんをご招待して、市民主体で感謝祭を開催するのでいらしてください」

とお招きにあずかりました。

IMG_2296

非常に嬉しく、光栄この上ないです。ありがとうございます。先週、ミッションをいただいたので少々早めに会場の津軽石公民館へ向かいました。

IMG_2314

中に入ると、既にテーブルがセッティングされて、料理も並んでいました。仮設の元住民の皆さんが中心となって、朝早くから準備していたそうです。

CWTD7556

イベント開始後、様々なセレモニーがあり、我々「東北音楽療法推進プロジェクト」も表彰状をいただきました。記念品として、住民の皆さんが作成した宮古市の公式マスコット「サーモンくんとみやこちゃん」のぬいぐるみや、フェルト細工なども!大切にしますね。

IMG_2352

全員で歌を歌う場面では、いつものサロンのようにシルバー川柳で発声練習をした後に「上を向いて歩こう」「川の流れのように」「三百六十五歩のマーチ」を歌いました。選曲は社協さんです。3曲目では皆さんに呼び掛けてあてふりを披露しました。何とか笑っていただけて、ほっと一安心。

IMG_1739

我々を含めた7団体が表彰されましたが、別々に活動していた他団体と初めて顔を合わせ、ご挨拶することができたのも収穫でした。写真集をお渡ししたら喜んでいただけて、良かった!

イベント終了時には元住民の皆さんがアーチを作り、支援団体が退出するのを見送る‥という心憎い演出でした。なぜか私は音響に張り付いていて、見送る側になっていましたが。でもまあ、こういう位置で素晴らしいイベントに参加できて、本当に良かったです。企画してくださった社協さん、準備や後片付けをしてくださった元住民の皆さん、お会いできた支援団体の皆さん、ありがとうございました。

12月 15

宮古市「鍬ケ崎小」「西が丘」2017/12/3

午前10:30- 鍬ケ崎小

この日の午前中に訪問した鍬ケ崎小学校仮設には、元住民の方々の他に社協さんがお一人訪ねていらっしゃいました。何かしらと思ったら、翌週に開催される支援団体感謝祭というイベントについての打ち合わせでした。一応、我々はお招きいただく側なのですが、集まった皆さんでひとつ歌でも歌いましょう、という場面で我々がお役に立てそうなので、お引き受けしました。壇上に座ってお礼を言われるがままの参加よりはずっと気が楽ですし、ワクワクします。嬉しい。

IMG_1538

というわけで、社協さんもついでにサロン参加していただきました。アシスタントなすちゃんと一緒に、椅子を使った体操を楽しんでいる画像です。

IMG_2189

「歌と体操のサロン」しおりを皆さんにお配りして、健康に良い歌の歌い方や体操の効果についての説明を一時間実技を交えて行いました。「回想法」「現実見当識」に関する説明では、地域に伝わる年中行事が長期記憶を呼び起こすカギになります、ということで、鍬ケ崎地区のお祭りや当時の街並み、出来事について皆さんから教えていただきました。しおりは配っただけで完結、ということではなく、そこに皆さんが各自色々と書き加えていただくことで完成となります。仮設住宅が全部撤去されて、元住民の皆さんが散り散りになった後でも、このしおりをもとにまた皆さんとどこかで会えるように、という目印のつもりで作りました。リーフレットの形をした、小さな約束です。

午後13:30- 西が丘

近所の生協でお弁当を買って、西が丘仮設の談話室で食べました。皆さんが集まってくるまでの時間は、つかの間の休息となっています。皆さんがここを転居した後からも、新たな人々(他の仮設から集約された人や、別の災害で被災した人)が入居していますが、談話室を使っているのは我々のサロンの常連にもなっている元住民の有志だけです。

IMG_2209

開始時間の直前に皆さんお揃いになったので、ここでもしおりを元にあれこれ音楽と体操についての健康法をお話いたしました。そうそう、この数日前に田老地区で鮭あわび祭りというイベントが開催されたのですが、2017年は近年まれにみる鮭の不作で、新巻き鮭もイクラもほとんど手に入らず、売っていても目の飛び出る値段になっているので皆さんお正月を迎える準備に支障が出ています。

何はともあれ、あと一か月足らずで新しい年を迎えなければならないので、ここは気分転換で楽しく過ごしましょうね!と懐メロをたっぷりと歌いました。ありがとうございました。

11月 30

大槌町「安渡第二」「吉里吉里中」「吉里吉里第二」2017/11/19

午前10:30- 安渡第二

秋晴れの空の下、民宿「六大工」を出て安渡地区へと向かいました。まだまだ住宅地造成や道路工事が続くので、訪れるたびに通ることのできる道路が変わっています。ややこしい!!

IMG_2089

この日は遠く北三陸から私のTwitter友達が、サロン常連のお母さんと一緒に参加してくださったのですが、最近とても近しい方がお亡くなりになったと聞き(しかも私と年齢がさほど変わらない)非常にいたましい気持ちになりました。そんな中、わざわざ足を運んでくださったお心に報いるために、どうにか気分転換できるような内容を‥と思って懐メロを普段より多めに演奏しました。

参加していただいた皆さんはそれぞれ、仮設を出て新しい暮らしを始めたばかりですが、いくつになっても再出発は可能であること、どんな時でも仲間と語らい笑顔で接することができる場は必要なのだと痛感しました。そんなサロンを目指してこれからも頑張ろうと決意を新たにしました。

午後13:00- 吉里吉里中

大槌町内の仮設巡回スケジュールから小鎚第五と小鎚第二十が外れた枠をどうするか‥巡回先を組んでくれている事業所と相談したところ、吉里吉里中仮設はどうですか?と打診されました。実はここは一度だけ訪問して、その後サロン開始時間が遅いから二度目は結構です、と住民さんからお返事をいただき一回だけで終了したところでした。調べてみたら2012年9月8日なので5年前ですね。

IMG_2096

果たして5年もたってから二度目の訪問に、参加してくださるような住民の方はいるのかどうか‥としばらくアシスタントなすちゃんと二人で集会所にじっと座っていたのですが、最初に一人、時間をおいてまた一人‥と人が集まり始め、最終的には三名の方にご参加いただきました。

IMG_2100

引っ越し間近の方、すでに転居済みの方、今も仮設にお住まいの方とそれぞれ違う環境で生活なさっている皆さんですが、とても楽しんでいただけたようで、今度はいつなのか?もっとたくさんの人に声をかけておくから‥と言っていただきました。我々の知らない、津波前の吉里吉里の様子についても多くの思い出を語っていただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。

15:00- 吉里吉里第二

四か月ぶりの吉里吉里第二です(前回、二か月前のサロン開催は台風のために事前中止が勧告)。この期間に、サロンの常連さんは殆どが仮設を出て、新しい暮らしを始めたのでした。中止したのはとても残念でしたが、これもまた我々のサロンっぽいと言えばそうかもしれません。

IMG_2111

お集まりいただいたのは、これまで何年もご一緒してきた元住民のS姉さんとOさん。そして、Oさんが多くの方に声をかけてくださったお陰で、初参加の方々が大勢集まってきてくださいました。そのうちのお二人は、ちょっと前に大槌町ショッピングセンターマストのホールで歌と体操のサロンを開催した時にふらっと立ち寄って下さった方でした。吉里吉里中仮設といい、過去の出会いがこうやって再びつながるというのは驚きであり、大きな喜びでした。

IMG_2107

「歌と体操のサロン」しおりを用いて、私となすちゃんが交代でご説明申し上げつつ、懐メロを歌ったりダンスを踊ったりと賑やかで笑いの絶えない一時間となりました。ああ楽しかった‥と解散した後、思いもよらないトラブルが!!Oさんの車のキーが無くなったのです‥みんなで懸命に探したのですが、見つからなかったので、もしかしたらどなたかが間違って持ち帰ってしまったのでは?と推測。スペアはご自宅にあるとのことだったので、我々の車でお送りして、無事に車は運転できましたが‥びっくりでした。

11月 29

宮古市「愛宕小」「中里」2017/11/18

午前10:30-11:30 愛宕小

「そろそろ三陸道路(宮古市-山田町)が開通じゃなかった?」

と宮古市に入ってから気づきましたが、アシスタントなすちゃんから

「今日じゃなくて明日みたいですよ」

と言われました。待ちに待った開通、早く乗ってみたい!!ということで、翌日の大槌町から盛岡へ帰る時は釜石経由じゃなくて宮古経由にしましょう!と決めました。ワクワクします。

IMG_2075

愛宕小仮設では、出来立てのホヤホヤ!な「歌と体操のサロン」しおり(内容の解説を書いてある配布用のリーフレット)を皆さんに手渡してから、アシスタントなすちゃんが読み上げて皆さんに説明しました。歌の上手な歌い方、健康に良い発声法などをあらためて言葉で説明すると、こちら側も学びの機会になるなあと思いました。

IMG_1053

活動後はKさんお手製のタンメンをご馳走になりました。美味でした!ありがとうございます。

午後13:30-14:30 中里

中里は正式には「愛宕公園仮設」と言うのですが、宮古市内にあるここ数か月で閉鎖・解体となった仮設団地に備品として置いてあったベンチとテーブルが集約されていました。六年以上、風雨にさらされてすっかり色あせた木の質感が、何とも侘しく感じられた光景でした。

IMG_1060

談話室には既に数名の方が集まってました。遠いご自宅から坂道を歩いてここまで来るのは大変なの!と皆さんおっしゃってましたが、それでも我々のサロンを含めてイベント開催が楽しみだから‥と教えてもらいました。気合が入ります!!

IMG_2085

ここでも「歌と体操のサロン」しおりを用いて、なすちゃんが奮闘しました。毎回そうなんですが、発声でモチーフに使う語句に「俳句」というのがあるのですが、彼は最初

「豚の耳に念仏」

と口走ってしまったので、私がその後もしつこくネチネチとからかっていたら、最近は真顔で無視して続行するようになりました。うーん、寂しい。最後は「ラストダンスは私に」という名曲で抗重力筋の運動をして終わりとなりました。皆さん、大変お疲れ様でした!!

11月 28

大船渡市「盛保育園」陸前高田市「さぽーとはうす・すてっぷ」2017/11/17

午前10:00-11:00 盛保育園

隔月で訪問している盛保育園ですが、この日は何と!助っ人で元・園長先生がいらしてました。数年ぶりにお会いして、とてもうれしかったです。園長先生は東日本大震災の発生直後に、卒園式を敢行したというご苦労がありました。私も及ばずながら、なけなしのガソリンを使って同席させていただくために大船渡市まで車を走らせた思い出があります。あの頃の子供たちはもう、大きくなったでしょうね。前日に大量のパウンドケーキを焼いてお届けしたのが昨日のことのようです。

IMG_2042

さて、この日の子供たちはフラフープを一人一人に渡して、色んなゲームをしました。ここでは主に体を動かして身体的な発達のお手伝いをするように心がけているのですが、春の頃よりもずっと動けるようになっていました。お相手する私も、アシスタントなすちゃんも、へとへとです。

午後16:00-17:00 さぽーとはうす・すてっぷ

夕方からの開始なので、空いた時間はゆったりと陸前高田市のランチや温泉を堪能しておりました。大船渡市のキャッセン、陸前高田市のアバッセと、今年に入ってから気仙地域に大型商業施設が次々とオープンしたので、食べる場所には困らなくなりました。この日はアバッセにて美味しいタンタンメンを、お風呂は山の中にある温泉へ行きました。

IMG_2058

すてっぷでは毎回、元気な男の子ばかりでの音楽療法ですが、パワーの発散を行うのと同時にパワーの調節の仕方をゲームなどの中で学びます。全員に万能なやり方は無いので、それぞれ一人一人の個性によって違いますが、お互いの違いを集団活動の中で認め合いながら吸収していってもらおうと、毎回奮闘してます。頑張りすぎて、くやしくて泣いてしまうことも多いので、気分転換の上手なやり方についても、実地訓練していけたらなあ、と思います。いつもタンタンをかわいがってくれて、ありがとう!みんな!